包茎治療クリニックの愉快なMenMen

東京の某包茎手術専門クリニックでカウンセラーとして働いてました。そこで出会ったいろいろな人達、いろいろな経験をブログにしてみました。

包茎治療専門のクリニック・・それは驚愕のワンダーランド・・・でした。
久方ぶりにブログを再開します。中々忙しくてブログの更新ができなくなっています。

さて、今回は以前に勤務していた包茎病院での話です。ゴットハンド(神の手)なんていうと、包茎手術の名医の話かと思った方も多いのでは…。

この日の担当医はA医師。年齢は30代の後半で、割とイケメンの新進気鋭の外科医でした。でも勤務経験は、まだ3カ月(土・日勤務の非常勤)で、最近ようやく包茎手術も危なげなく仕上げるようになったばかりでした。
腕は悪くありません。普段勤務している病院では心臓外科の手術をしている先生なので、包茎手術なんて生死に関係ない治療は気楽な手術なんでしょうね。思い切りの良い手際で今後が期待できる先生という評価でした。

この日の最初の患者さんは、まだようやく成人したばかりの若い患者さんで、診察室に入っても緊張した感じでした。パンツを脱いでベットに横になり、A医師の診察が始まります。
包茎手術の診察ですから、ペニスを引っ張ったり、皮をむいたりします。若い男の子の場合には、本人の意思にかかわらず、元気になってしまうことも珍しくはありません。
この時も元気になってしまいました。
普通は「元気になっちゃたね!別に気にしなくて大丈夫。元気になる患者さんは多いからね」なんて言って、患者さんが落ち着くのを待つものですが、A医師は面倒くさかったのか、そのまま診察を続けます。
患者さんの顔を見ながら症状の説明や手術法の説明を続けますが、右手は患者さんの元気になったものを、お構いなしにいじってます。患者さんの情けなさそうな顔がいまでも目に浮かびます。
そんな状態は数分続いた時でした。
患者さんが突然に、
       「あ~~~~~。あっ。あっ。あっ。あっ。」
なんて、叫び声をあげたと同時に、白い液体が…。
さすがに先生も驚いてましたが、「うーん。これで手術の時に元気にならないから丁度良いよね!」なんて軽口をたたいてました。
診察・手術中に元気になってしまう患者さんは多いですが、ここまでいった患者さんは初めてでしたね。
この話は病院のスタッフの中では有名になり、これ以降A先生は影で「ゴットハンド」「ゴールドフィンガー」という、あだ名で呼ばれることになったのです。

包茎治療に関するブログを続けていますが、同じアメブロのブログに包茎手術経験者のブログを見つけました、包茎手術後の回復過程で起こることなど詳細に記録されていますから、包茎手術を考えている方はリンクをはっておきますから、一度訪ねてみると良いかもしれませんね。
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
お久しぶりです。夏ごろから急に仕事が忙しくなりブログの更新をしなくては・・・と思いながらも、明日からまた始めようなどと先延ばして寝てしまっていたら・・あっという間に10月になってしまいました(反省!!)
毎日ということは厳しいですが、また再開します。

さて今回は、包茎治療クリニックに勤務することになった先生の研修の話です。
以前にもブログで書きましたが、医者のリクルートはすでに勤務している医者の紹介のケースと一般公募のケースにわかれます。紹介の場合はほぼ採用が決定です。人柄的にも普通のお医者さんの場合が多いです。夜勤もなく急患もないので自分の時間が取れ、しかも時給が良いのでバイトとして魅力があるせいです。でも保険診療の病院に勤務しているお医者さんは、なかなか自由診療の病院に伝手もなく敷居が高いのか知り合いがいないとなかなかバイトし難いのかもしれませんね。一般公募は本当に玉石混合状態でしたね。

さて研修は「紹介」の場合・・・基本紹介してくれた先生が研修を担当してくれました。自分の勤務日に一緒に来院して包茎手術をまず見学からスタート。自分にできそうだったらまず助手として手術に参加します。何回か助手を担当して手順を覚えます。そのあとに紹介してくれた先生を助手にして手術を実際に担当することになります。
最初は助手の先生が横から手を出してひとつひとつ修正しながら仕上げていくことになります。
仮性包茎・カントン包茎・真性包茎の場合など患者さんの症状全てを何度か経験してもらいようやく独り立ちになります。紹介してくれた先生が丁寧に付き添ってくれるのでスタッフは実に楽です。

しかし一般公募できた先生で、包茎手術の経験がない先生の場合が大変です。しかも指導する先生が「自称イケメン先生」のように適当な先生の場合は・・・・。
一般公募できたその先生は外科出身の先生で、はなから包茎手術なんて手術のうちにはいらないと言った感じ・・。見学して手順を確認するといきなり手術を担当すると言いだした。
「イケメン先生」もならやってみればと投げやりな感じ・・。包茎手術を見下されたのが頭にきたのか助手に入っても手を出しません。
しかも患者さんは少しカントンぎみの仮性包茎の患者さんで、いきなりは厳しいのではとスタッフは不安な眼差し。そんな中、手術がスタートしたのでした。

結果・・。手術の途中でギブアップ。途中で患者の麻酔は切れかかるし、手直しで時間がかかるし散々な目にあってしまったスタッフでした。なんとか仕上がりは綺麗に戻しましたが、いきなりできるわけないだろう!!と看護師さんはカンカンに怒っている。
結局、この新人先生はこの日で顔を出さなくなりましたが、医者不足の中リクルート費用も馬鹿にならないのですが「イケメン先生」にも困ったもんでした。


包茎手術専門クリニックの口コミ掲示板を開設しているサイトを見つけました。各クリニックで治療を受けた包茎手術体験者が自由に書き込んでいるサイトですので、クリニック選びには役に立つかもしれません。サイトの名前は「包茎手術・治療WEB」です。包茎手術専門クリニックの評判を知ることができますよ。

AD
いいね!(1)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
もし、みなさん、自分のオチンチンが林檎のように大きく腫れあがったら、どうします? 
実際にこういう症状になって病院に駆け込んでくる患者さんが年に数人はいらっしゃいます。

その予約・相談の電話も切羽詰まった感じでかかってきます。
「すみません。皮をむいておいたらオチンチンが大きく腫れあがってしまって、皮を元に戻せなくなってしまいました。どうしたらよいでしょうか?」
本人にはすぐ来院するように伝えて電話を切りますが、十中八九・・カントン包茎の患者さんです。

カントン包茎の患者さんは、包皮口が少し狭くて、無理をすれば亀頭を露出することができてしまう真性包茎に近い患者さんです。
むいてしまうと締め付けてしまうので、締め付けから先の部分がうっ血してしまい大きく膨らんできてしまいます。
そのため慌てて元に戻そうとしても先が大きく膨らんでしまっているので元に戻すことができなくなってしまうのです。

この時の患者さんも亀頭のすぐ下の粘膜の部分が大きく膨らんでしまい亀頭のカリの部分より大きくなっていました。
触ると水ぶくれ状態のようにブヨブヨです。

先生に局所麻酔をかけられ、締め付けている個所を少し切開してあげて締め付けを緩め、水膨れを少し潰してから、一旦皮を元の状態に戻してあげます。
炎症がひどい場合には炎症を抑える薬を渡して2~3日後に包茎手術をして余分な皮を切除してあげれば、きれいなむけたオチンチンになります。

でも中には腫れた状態のまま、何日も自力で治そうとしてしまい、当初は水膨れのように柔らかかったのが、固く硬化してしまってから来院される患者さんもいらっしゃいます。
硬化してしまうと中々元には戻らないので包茎手術をおこなうのも一苦労です。恥ずかしいのは分りますが、この状態になってしまったら早く来院してください。

カントン包茎の患者さんは、このようなリスクを抱えている状態ですので、一日でも早く治療した方が良いですね。



包茎手術に関するおもしろいサイトをみつけました。包茎・包茎手術・包茎専門クリニックについて、いろいろ検討してますので、よかったら訪ねてみてください。







AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。