自作ゲームとゲーム講座

ここでは方位磁石が見つけた
ウディタの機能
コモンイベントの活用法
作っているゲームの日記など
個人の思ったことや制作に役立ちそうだなと思ったことも講座として紹介しています

新しいコンテストやウディタの情報等々、自分が興味を惹かれた事も更新していきます


テーマ:
ウディタ初心者のためのメニュー講座!

久しぶりの更新です♪

最近はテスト等あったり忙しかったので大分間が空いてしまいましたね。
え~っと最終更新日は12年12月28日…?

……

はい。!今回紹介するのはこちら!
文字列操作で~す!

文字列ってあまり使わないような気がします。
プログラムっていうと数字をいじるイメージがあるので、なおさらですね。

ただ、なんだかんだ言って必要になってくるところがあるので知識だけでも入れておきたいですね!

では挿入ウィンドウを見ていきましょう!

自作ゲームとゲーム講座-初心者のためのメニュー講座6 文字列操作

1,ここでは、代入する文字列変数の指定をします。
文字列変数として指定できるのはコモンセルフ5~9と、共通文字列変数のS0~になっています。
可変DB等に直接代入することはできないので注意してくださいね

2,手動入力
ここでは1で指定した文字列に手動で文字列を入力します。
さながら変数で言う数字の代入でしょうか?
初期化時にはここを空白にした命令を使います。

3,ここでは文字列変数の指定をすることができます。
文字列を別の変数にコピーしたい!というときに使いますね。

4,キーボード入力
ここではキーボードによる入力をすることができます。
「主人公の名前を決定してください。」等のイベントに使うことがありますね。
ちなみに、キャンセル有にするとキャンセルした時点でこの部分をスキップ。
左辺を書換にすると、その文字列変数にもともと入っている文字列を表示してくれます。
つまり、最初にコモンセルフ5に「あいう」と代入した場合、もう一回同じ処理を入れると今度は最初から「あいう」が入力された状態になるんですね。

5,ここでは様々なところから文字列に変換することができます。
例えばここに1600030と入力するとコモンセルフ変数30の数字の値を代入することができるんですね
ただ注意したいのは文字列に代入される数字は数字としての能力はなく、ただの文字列だということを忘れないでください。文字列に代入した時点で演算能力はなくなります。
ただ、通常変数に戻してあげればまた数字として活躍できるので安心してください。

さて、次の更新はいつになるのやら…春休み中にできる限り更新したいですね!
それでは次回をお楽しみに!
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

方位磁石@ゲーム制作さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。