自作ゲームとゲーム講座

ここでは方位磁石が見つけた
ウディタの機能
コモンイベントの活用法
作っているゲームの日記など
個人の思ったことや制作に役立ちそうだなと思ったことも講座として紹介しています

新しいコンテストやウディタの情報等々、自分が興味を惹かれた事も更新していきます


テーマ:
ウディタ小技ノウハウ講座 今回は14回目です♪

いや~、質問コーナーを設けましたが、盛況でなりよりです♪
ブログの知名度も上がってきて、ここまで続いているのはみなさんのおかげです!
ありがとうございます♪
最近更新できない(レポート毎週とかホントになんもできない…)ですが、これからもよろしくお願いします♪


さて、今回はウディタでビット積を扱ってみましょう!ということでやっていきます!

ビット積とは何か?

いわゆる「2進数」という解釈でいいと思います!
さて、2進数とはなんでしょうか?

2進数それは、「0」と「1」のみで表される数字の事です!
ぼくらは、「0」から「9」の数字を普段使っています。これは数字を10個使うので10進数とも言われます。
まあ、位が上がるのが10番目からというのもあるんですけどね。

他に身近な進数としては60進数があります。
…時計ですね。
あれは60分経つとまた0に戻ります。

…とまあ、豆知識はこれくらいにしておきましょう。
問題はビット積をどう使うか?です。

さて、これについてはぼくの友達の「おりガミ」さんが詳しく記事にしてくれました!
おりガミさんありがとうございます!

おりガミさんのビット積の記事はこちら

なるほどなるほど…
ビット積というのは多数のフラグ管理に便利なんですね!

ここでも紹介していますが、4つのボタンで説明すると分かりやすいですね。
4つのボタンが全部押されていない状態を「1111」とすると、10進数では「15」になる。
ここから「0111」や「1011」、「1100」なんかを判定していくので、長いフラグを管理しているのと同じになる、ということなんですね

変数が足らなくなったときとかに便利かもしれません。


最後に、基本となる2進数、10進数、16進数を書いておきたいと思います。16進数はウディタでは扱っていませんが、一般的なプログラムでは一番よく使うのでついでに!

2進数10進数16進数
000000
000111
001022
001133
010044
010155
011066
011177
100088
100199
101010A
101111B
110012C
110113D
111014E
111115F


また、このツールと使うと、簡単に2進数を10進数に変換することができます!
ダウンロード等ないので、遊ぶような気持ちで打ち込んでみてください

2進数、8進数、10進数、16進数相互変換ツール


それでは次回は週末かな?
ゲーム講座のあたりで更新予定です!(まだ記事は作っていませんw)
それでは次回をお楽しみに♪
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

方位磁石@ゲーム制作さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。