2006-11-16 09:58:31

霊能者・・・

テーマ:ふしぎ

       
誰の紹介だったか、どうして知り合ったのか、イマイチ思い出せない。


年はわたしより、ふたつ、みっつ年下で・・・


見かけは・・・うーーーん!イラストみたいな感じ!



その人曰く


自分は



不動明王の生まれ変わりだそうで・・・・・









決して、





不動明王の生まれ変わりって・・・あーた・・・・・


不動明王って実在の人物だっけ!?





などと、突っ込んではいけない!




あくまでも、「そうなんですかー」と答えて おかねばならないのだ!


ナゼに今、人間界に生まれ落ちてきたかというと



「伴侶を探すため」


「そうなんですかー」


「もう、見つかった」


「そ、そうなんですかー」



伴侶も、神様(←誰だったか忘れたよぉん)の生まれ変わりだそうで




決して・・・・




「伴侶さんは、自覚なかったんですかー?」




などと、聞いてはいけない!


何のために?とか、



神様だったら、それくらい分かるだろう・・・とか、



言ってはいけないのだー!



だいたいからして、あちら世界の住人様達の言う事は、

「?」なことが多い。



別の あちら世界の住人に「どうして?どうして?」を連発したことあるけど




「人間が犬に、道理を説明しようとしても、犬は言葉がわからない

から、理解できないでしょ?それと同じで、人間も神様の言う事

理解できないんだから、だまって、何も考えずに、従っていれば

いいのよ」



余計、訳わかりませんがな!??




突っ込みどころ満載の説明だったけど、メンドクサクなって・・・


「そーなんですかー・・・・」


見ず知らずの他人ばっかりなら、メッチャ突っ込みまくるけど、

知り合いいたので、一応「黙」(。-人-。)




で、その霊能者(仮にAさんとします)さんが、わたしの耳の治療を

してくれるコトになったんだけど・・・・



おもむろに・・・・



向き合って・・・・



   


耳の穴に指突っ込まれたよーー!


場所は、車の中


密室


狭い場所に、年頃の男女が二人きり


至近距離


向かいあい





こ、ここはちゅぅキスする場面か!??

ちゅぅするのか?!


さそわれてんのか・・・?わたし!




気まずい思いの中、そーーーーーっと、Aさんを見ると・・・




   

    めっさ真剣!




ハイ、、、すみません・・・・煩悩のカタマリのわたしが

悪ぅございました・・ ∑ヾ( ̄▽ ̄;ノ






耳に指突っ込んだからって、治るワケもなく・・・・


非常にいごこちの悪いわたし。。。。





で、まあ治療(?)も終わって、Aさん曰く


「自分には第3の目がある」


と、言うではありませんかーー!


いわゆる、故、手塚治虫氏の「三つ目が通る」などの

額の真ん中にあるアレ?

決して・・・


「なーに言ってん!」


などと言ってはいけない!



「見せてやろうか?」


「うん、見たい見たい」←見えるワケないと思ってる




Aさんは、髪をかきあげ、額を出し



「ふんむっ!」

















!?( ̄□ ̄;)!! ぐはっ!




うそっ!眉間にぼやーっと、縦長の切れ目が!



あたしゃ・・・自分で自分が・・・・


なして、こげなもんが見えるでしょうかねー・・・


見えないなら、見えないで、信じないで済むのに


なんだか中途半端に いろんなモノがぁーーー!



ってか!・・・ホントに・・



混乱モード全開! (ノ◇≦。)





はっきり言って、イヤですばい!


自分で自分が理解不能ー!





未だに、よくわかんない出来事でした。






後日談・・・




Aさんと、ショットバーに行ったとき



目の前、カウンターの背に鏡が一面に貼り付けてあったんだけど



ふっと、顔をあげると





   




わたしの背にある、絵が鏡にうつってた






どっから、どー見ても





苦しそうな男の顔!





振り返って見てみると、只の絵




鏡にうつった絵は、色使いから構図から、似ても似つかない




苦しそうな男の顔!





Aさんに言うと・・・





「ああ・・・気にするな」



って言われたけど




気になりまんがな!



コワっ!





AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-10-16 23:33:42

ふしぎ 第3弾 (`へ´)むンっ!

テーマ:ふしぎ

     他人の思念をビジュアルで見た事ありますか・・・?    



     ふつーないですよねー!?



なんつか、お化けや幽霊は、ある程度認知度が

高いので 「み、見ちゃったーーーー!」と言っても信じてもらえる確立高いで

すが、 悪魔!?や妖怪!?  ましてや、超能力パワーがあるわけでもない

のに「他人の思念を目で見てしまった!」なんて・・・信じられないですよねー

おばちゃんも信じられません!はい・・自分が見たのでなければ・・・(-"-;A


あれはですねーもう、10年位前かな (。・ω・)


当時、耳が聞こえなくなったおばちゃんは、南の島の病院へ治療の為に出かけてました。(南は海洋事情で「潜水病」などの耳の治療が最先端なのですよー)


しばらく入院してたけど、もう、これ以上良くはならないだろう・・との診断結果で2週間ほどで退院。

せっかくここまで来たし!島でもまわって観光するかー!・・・と思ったがウンのツキ!

仕事も辞めて、時間だけはたっぷり。。


バイクを調達して、更に南の島を目指してGO!GO!


悪いのは聴力だけ、体力も知力も事故前と全く同じ。

ただやっぱ・・・耳が良く聞こえていた時と比べて、若干カンが鋭くなった様な気が気のせいかなぁ・・?


全部の島を廻ってヤルー!と行ったはいいけど、結局、一番最初に渡った島で

ヘルパーとして捕まってしまい、その後、そのままそこに三ヶ月も居座る羽目に!


南の島の民宿は、いつでも人手不足で、いつもヘルパーや居候を募集してる!

ヒマこいてるわたしに白羽の矢が当たったのも、当然と言えば、当然なんだけどね


ヘルパーとは、いわゆる民宿業務全般のお手伝い。三食寝床付き 日給1000円

 (↑時給ではありません、日給!) ( ̄_ ̄ i)


居候とは、食事と寝床の面倒は見るけど、1000円はあげないよ。そのかわり、気が向いたら手伝ってね。ってヤツ。

(楽だけど、肩身がせまい)


朝は6時20分に起き、薬缶の水汲みから始まって、2升の米炊き(炊飯器だけど)

朝食の献立考えて、併設してる<自称コンビに>から材料持ってきて、切って焼い

て してると、他のヘルパーが起きてくる。。人数、メニュー、皿盛りの指示出して、

汁物作って、テーブル並べて椅子並べてお箸ならべて、炊き上がったご飯を 

おひつに移し、準備万端整ったところで


客室に向かって大声で



「ごはんだよー!」と、叫ぶ・・・・・。





ここで7時。 お客に朝ごはん食べさせて、やっと自分達の食事。客に出した残り物・・・。


片付け、厨房、水周り、風呂、トイレ、客室の掃除。 昼になったら、他のヘルパーの昼食作り。


午後は少しヒマでハンモックで昼ね。。 夕方は戦争!



で、なんだかんだで終わるのが、9時10時!


よく1000円で働いてたよーあたしゃ!(・Θ・;)



で、夜のひとときが、娯楽のひとときになるんだけど、なんせ離島なもんでテレビは

NHKしか映らない。漫画はすでに読み飽きた。。。本もなし。。


呑み助は、ここで民宿の酒を飲みまくるけど、わたしは酒に興味なし。


で、必然的にビデオ鑑賞がメインになるんだけど、また離島のビデオ屋がすごい!



普通の映画のビデオだけじゃなく、本土(君達が住んでるトコね)で、放映されてい

るテレビ番組のビデオが普通に置いてある。いわゆる海賊版だね


誰が借りてきたのか「超能力特集」のビデオが。←やっと本題・・。 (;´▽`A``


その中で、出演者である超能力者が、「今から、視聴者の皆様に1から9までの

数字のなかで、一つの数字をテレパシーで送ります。どの数字を受け取ったか、

電話で集計しますので・・・・云々」 てのがあって、ビデオだしなー・・・テレパシー送ったのは、もうずっと前だろうしま、超能力なんて胡散臭いもん・・・・




「はいっ!送ります」












ぶわぉんー!








「は!?」 な!?何?今の????



まったくもって、イラストの通りのビジュアルです。


わたしの左横、頭スレスレ(正確には、当たりそうだったので避けた・・)


「初め人間ゴン」もしくは「初め人間ギャートルズ」のアニメみたいに、

はっきりくっきり「6」の文字が、テレビ画面から、擬音付きで 飛び出して駆け抜けて行きましたよー!



もちろん超能力者がテレパシーで送った数字は「」 ←番組の最後に発表されました。


自分が見たのでなければ、信じません!


ほっほー、テレパシーってこーゆーものなの?と思った一件でした。




どうなんでしょ? 誰かテレパシーある人、これ読んでるかなぁ??





むんっ!今、数字送りましたよー! (`∧´)====




AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-08-19 00:22:05

まっくろくろすけ

テーマ:ふしぎ

ひとつ前のつづきです。

ひとつ前の記事から、読まれることをおすすめします。



結婚当初住んでいた団地はとても狭く、和室6帖×2、和室4.5帖 キッチン兼、脱衣所兼、洗面兼、玄関が3帖程の中に詰め込まれています。

部屋数だけ見れば、3部屋あるので結構よさそうなのですが、問題はココ→キッチン兼、脱衣所兼、洗面兼、玄関


玄関入ると、右手に冷蔵庫その目の前にトイレのドア、冷蔵庫の横は流し。

洗濯機もココ。炊飯器を置くスペースもないし、一番不便なのは、ごみを置くスペースが無いこと!



まあ、でも一応新婚でお金もないし、市営団地安いし・・・で結局2年半ほど住んでいたでしょうか。




ある日の夜、テレビの前でオットとくつろいでいると



がちゃっ!ドスドスドス!    と誰か入って来た音が!





(`・ω・´)ゞナニ???誰か来た????

しかも呼び鈴なしで、かってに上がって来た????


とオットと顔を見合わせ玄関に行くと・・・・










誰もいないし!∑ヾ( ̄0 ̄;ノ




またかよ~って感じです。





一番奥の部屋を寝室にしていて、夜中トイレに目が覚めると玄関まで行かなきゃいけなかったんですが


その日も夜中トイレに起きてしまいました。


寝室の電気を付けると、明るくなってオットが目を覚ましたら悪いので真っ暗な中を手探りで玄関まで行き、玄関兼、キッチン兼、脱衣所の電気を付けたとき・・・・・足元に(ちょうど冷蔵庫の前)






バスケットボール大の・・・・・

真っ黒のカタマリが!∑(゚Д゚)





歩きながらスイッチを入れたので、わたしの足は、その真っ黒の塊をふんずける寸前!!!!





イヤぁ!なにこれ~!





めっちゃバランスをとって、つんのめりそうになりながらも、なんとかふんずけるのを回避!(*´Д`)=з




すると突然、そのカタマリはテニスボールくらいの大きさに千切れて、何十個ものカタマリになって、四方八方に飛び散っていきました。



          


あとには何もない空間が広がるばっかり・・・・・・。







ナニ今の・・・・・・・?








それからしばらくして、テレビで「となりのトトロ」の再放送をやってたんですが・・・・・








「まっくろくろすけ」?




わたしの見たものは「まっくろくろすけ」そっくり(((゜д゜;)))


















てか!現実に存在するのかよ~!???




自分の見たものがいまだに信じられません (.. ) ?



わたしも見た!という人は是非コメントを・・・・・

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-18 13:55:16

飛ぶイワトビペンギン(少し違う)

テーマ:ふしぎ

だんな・長男(小六)・次男(小三)・わたし


おばちゃン家の家族構成です。


わたし(おばちゃん)は、家で小さなデザイン事務所をやっています。従業員なんかいません。


デザイン事務所とは名ばかりの いわゆるSOHOというヤツですが・・・

まあ、それなりに時間も自由だし、確定申告が必要な位は稼いでいるわけでして。


忙しい時は、寝る時間以外は仕事。


ひまな時は、一日中趣味についやします。(主に読書)



そんなで、仕事場が自宅で趣味が本の場合、必然的に一日中 家から一歩も出ない日があるわけでして。


だんなは会社・子供たちは学校 で昼間っからのんびりしたり、仕事したりしてるんですけど・・・・・


聞こえてくるんですよね~


物音が!


誰もいないはずの階下から




ごそっ・・・・


ばきっ・・・・・


カタカタ・・・・・



明らかに下で誰かが、何かをしている。




まあ、実害がないから、気にしません。



昔から、どこに行っても気配だけは感じるんですよね。


子供の頃、二段ベットの下はわたし、上は姉が寝ていて 朝、目覚めると上から姉の寝息がはっきり聞こえる。

「ねえちゃんも まだ寝てるんだな~」




すーが、すーが 聞こえる



うるさくて、寝なおしもできなくて「先に起きよう」とベットを抜け出し ふと振り返り二段ベットの上を見ると・・・











誰もいないし! ( ̄□ ̄;)!!








姉はとっくに起き出して、朝ごはん食べてる模様。





そんなことが何回も何回もありました。

・・・・なので、気配くらいでは、動じないわたし。



そんなわたしが、気配だけじゃなくて、見てしまったことが数回あります。



結婚してまだ市営団地に住んでいたときのコト。


生まれたばかりの長男をベビーベットに寝かせて、となりに置いてるベットで仮眠(人はこれを昼寝と言う・・)してたとき


ふっと目が覚めました。


長男を見ました。


ベビーベットの角の上空2~30センチのところに バレーボール位の黒っぽいものが浮いてます。


Σ(・ω・;|||??????


よ~く見てみます。













鳥です、真っ黒い鳥がホバリング(空中停止飛行)しています。

あたまは、イワトビペンギンの様にツンツンはねてとがっています。


必死こいてホバリングを続けています。



(・_・;)見つめるわたし・・・・・



じ~っと「これなに?」と思いつつ見つめていたら・・・・・・








いきなり鳥がこっち見て、目があい、













とてもびっくらこいたという表情をして、スカッと下に消えました。







下に消えたというのは、わたしのイメージであって、見た瞬間に「下から来た?」って感じがしたんです。


下ってどこ?と聞かれても・・・・・・・・・・シラー




幽霊や霊魂の存在に関しては「どっちでもいい派」のわたしですが・・・・・

















さすがに「魔界」の存在は信じるコトが出来ません(・_・;)




でも、でもですねぇ!強烈に「魔界の下っ端」ってイメージが頭の中に流れ込んできたんですよぉ。



なんなの?!パタリロはスキだけど、ちゃんとフィクションだって理解してるよぅヽ(;´Д`)ノ



この団地では、さらに摩訶不思議なものを目撃することになるんですが・・・・・・・・



つづく

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。