1 | 2 次ページ >> ▼ /
2006-11-27 01:25:20

ひとこと更新

テーマ:ひとこと

仕事が忙しいわたしのかわりに・・・

今日は、ダンナがカレーを作ってくれた!


        ・

        ・

        ・

        ・

        ・




不思議な味だったー!∑ヾ(´0`;ノ


あえてレシピはたずねなかったよ。


黙って食べたよ・・・でもブログに書くよー!




AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-11-25 02:50:10

年末進行

テーマ:日常

不眠症がありがたい!ヽ(´▽、`)ノ


・・・って感じの年末進行です。

更新が、かなりとびとびになると思いますが、


み、見捨てないでくださーーい!


や、やっと最近訪問者が、ひとけたからアップして

当初の目標の30人を超えたのにーーー!


しかし、訪問者30人で、ランキング4000番台ってどうよ!?

(もっとケツの方でいいじゃないかい・・?)


アメブロランキングケツのブログが気になって、気になって!( ̄* ̄ )


ええ!クリッククリックで、ランキングケツを探しに行きましたことよ。

そんなことしてる暇あったら、仕事しろって感じだけど・・


するとですねー


ランキングには、1000番までしか掲載されてませんでした。


なーんだ・・・ちぇっ!






ブログ始めて3ヶ月経って、訪問者数が30人超えなければ、

辞めようと思ってたけど、なんとか、続けることが出来そうです。。



さてさて、本日は仕事合間に、友とランチに行って来ました。

だから、ホントはそんな事やってる場合じゃないってば・・・・(。-.-。)


お互い年中ダイエット中の二人の、本日のチョイスは「中華粥」


粥はいつも通り 美味しかったんだけど、お茶飲み過ぎて

チョット膀胱が・・


で、トイレに行ったんですけど、トイレの前におばさんが一人

たたずんでる。


「混んでるのかなー?」




そこのトイレは、細い通路の左側に並んで「男性用」「女性用」

そして突き当たりに「車椅子用トイレ」がある。


車椅子用トイレ(しかし、そこに至る通路は車椅子が通る程の幅がない・・)


車椅子用トイレは、ドアの半分がすりガラス張りで、ガラス越しに

電気が点いてなかったので、おばさんに


「空いてるみたいですよー」 (・∀・)


と教えてあげた。


そのトイレは、自動点灯になってて、ドアが開くと、電気が点く仕組み。



おばさん、いそいそと「車椅子用トイレ」に入った途端、電気がパッ!ひらめき電球












ガフッ!( ゜□゜) 丸見え!




オイオイオイオイおいおいおいおいおいおい・・・・・!

そりゃもう、おばさんの服の色から、パンツをおろす動作まで



すりガラス越しに、キレーーに見えてましたとも!(/ω\)





自分が入らなくてヨカッタ・・・

かなり恥ずかしいぞ。




しっかし、お店の人は気がついてないんでしょうかねー






一応、会計の時に言いましたけど(`・ω・´)ゞ

↑このへん思いっきり、おばちゃんの生態っす。










AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-11-22 21:40:20

美形一家

テーマ:日常

恐ろしい話を聞いた・・・∑(((°д°)



      

      

な、なんですと!?

今、なんとおっしゃたーーー!!??( ̄□ ̄;)



だんなの実家が、び・・・・美形一家!?



わたしは、今住んでいる県には、結婚してから住んでいるので

この地方の、昔のうわさとか、当たり前にみんなが知っている

高校や中学のレベルの話など、まーーーたく分からない。


友達は、こっちに来てから知り合った、人で、偶然にもダンナと

出身町が同じ・・・


その友達のいわく・・・↑上記セリフ・・・



(*゜▽゜ノノ゛☆ なんじゃそら



・・・・・・・・・いや、しかし・・・そういわれてみれば・・・・(・Θ・;)



ダンナの実家は、商売をやっていて(修理屋みたいなもの)

兄弟は、ひとつしたの弟と よっつしたの 妹がひとりづつ。


父は60?母も60くらい。



実家は弟夫婦が継いで、すでに代替わりしている。

お父さんとお母さんは、気まましながら、商売のお手伝い

・・・って感じ。



義父はたしかに、初めて会った時から「いい男だなー」←心の声

とは、思ってたけどーーーー


まさか、そんな歴史のある、色男だったとはっ!


去年の大晦日、義父は、突然の胸の痛みを訴え、

救急車で運ばれた。


そうとう苦しく、

救急車に乗る前に、ダンナの弟に商売のことで遺言まで

していったので、みんな青ざめて心配していた・・・。



ダンナと正月休みに、心配しながらお見舞いに行くと



病室にいない・・・ヘ(・o・Ξ・o・)ヘ アレ?どこ・・?





談話室にいた


     
オンナをふたりはべらせて( ̄* ̄ )


対面式のソファーコーナーで、なぜか両脇に女性が二人座ってる・・




( °д°) 義父さん・・・・・




あっ!・・・・・・・・( ̄∇ ̄;)









ダンナの弟は「ジャニーズ系」


三十数歳で、いまだにジャニーズ・・・(-.-;)



こっちの友達が、修理の用事があるというので、

弟に行ってもらった・・・




     
             絵より、オトコマエです・・




そのときの様子を、興奮して語ってくれた。


「もー!びっくりしたぁ!あんないい男だなんて、なんで黙ってたのよー!」




いや・・黙ってたわけではないが・・( ̄* ̄ )・・・



今でもジャニーズと言われている・・・・恐るべし!美形一家(の種)!










妹ってのが、これまた!


     
こちらも三十数歳で、いまだに



     「おねぃさん」




う、美しければ、いつまでも女はおねぃさんでいられるのね!

我が家のチビ達は、お約束のように、ほほをそめるでヤンス・・





そして・・・



わがオット・・・




     







    ( ̄- ̄) ・・・・・・・・・・・・・。









    ( ̄- ̄) ・・・・・・・・・・・・・?。








    ( ̄- ̄) ・・・・・・・・・・・・・??。









美形一家の種のハズだけど・・・・・・・?????








オットと初めて会ったのは、

忘れもしない、わたしが民宿で働いていた時・・・





第一印象・・・


     














安心せよ!決して、キミの

外見に惚れたのではない!( ̄▽ ̄)=3









日本一周の旅の途中で、体中の毛が、手入れできすに、すごい事になってた!






AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-11-21 01:39:37

食の異端者

テーマ:食!

     



                OR






     


我が家は、オットが料理をまったくしない人なので、

雨の日も、風の日も 

料理担当はわたし。


料理を作るのは、結構好きです。


食べ物の好き嫌いも ほとんどナシ。


(食用だからって、ゴキブリ食え!と言われても・・・それは

食べられないけど・・・普通に日本の食べ物だったら、OK!)



肉も野菜も魚も・・・なんでもバクバク食べちゃうわたしですが



こんなわたしですが・・・・




昔(実家にいたころ)は・・・




嫌いなものだらけ!ヽ(;´Д`)ノ




ひとつ前のブログに、実家のおかんのコトを


「料理オンチ」


と書きましたが、オンチというか何と言うか



家族(父、姉、おかん)の中で、わたしだけが、


味覚がマッチングしてなかった!


漫画家の山岸涼子さんの エッセイにあったけど、


山岸さんの家族は、大の甘党


すべてにおいて、砂糖たっぷりの料理を食べていて、


自分だけ なぜか甘党に生まれなかったらしくて


子供の頃、あまりの料理の甘さに辟易してたそう。


大人になって、やっと家族が甘党だという事に気づくワケですが


それまでは、あまーい料理が普通だと思ってたってコトですね。


甘党とは違いますが・・・

まさしく自分がそう!(;´Д`)ノ




おかんの話しに戻りますが、おかんは、作ることに対して

あまり情熱を傾けない人でして


でも、やっぱ一応主婦なので、料理はしなきゃいけない!


おかんの料理は、とにかく豪快!




ある日、とんかつを作っていたんだけど


おかんは、豚肉に小麦粉を付けて おもむろに流しの前に行き






      
     いきなり、水道の水で肉をぬらしてたよぉー!


その後、何事もなかったかのように、パン粉を付けて揚げる。




わたし「ね、ねぇ卵液は?」 \( ̄ー ̄;)




おかん「よかと!」(・ε・) 九州弁訳(よかと=これでいいの)


おかんいわく、水でもパン粉はくっつくから、これでいいらしい・・




わたし「ねぇ・・・味付けした?」



おかん「よかと!」(・ε・)


おかんいわく、食べる時にどうせソース付けるから、塩コショウは無駄らしい


って、一時が万事こんな感じで



湯の中に、手羽と野菜を入れて、煮えたらポン酢で食べる鍋


くたくたのそうめん(薬味ナシ)


肉の替わりに豆腐が入ったシチュー


もやし炒めを包んだオムレツ


インスタント汁と麺だけのうどん・・・



その他、色々



わたし的には、キツかったけど、おとんも姉も


「美味しい、美味しい」って食べてるし


この料理は、こういうものなんだって、ずーーっと思ってた!



自分は、好き嫌いの多い人間なんだ・・・!

食べ物に関して、メンドクサイ人間なんだ・・・!

と思ってた。




そんなわたしも、真実を知る時が来るわけでして


仕事初めて、会社の先輩が

「明日のお昼はみんなで、そうめん茹でて食べよう!」



( ̄□ ̄;)!!えっ!そうめん・・・・嫌い・・・



がーん!大嫌いなそうめん・・・


しかし、お局様の提案を受け入れないわけには・・・



「わーい・・いいですねー楽しみです」(´_`。)



そしてわたしは次の日、生まれて初めて、コシのあるそうめんを薬味付きで食べた












      ×10



カルチャーショックでしたねー!



働くようになってから、家以外で、食事をする機会が増えたけど


そうめんだけじゃなくて・・・・


カルチャーショックの連続!



よくよく考えてみると、わたしが嫌いなものは、素材じゃなくて

全部「料理」


ナス嫌いー!トマト嫌いー!じゃなくて、オムレツ嫌い!すき焼き嫌い!


当時、あれ嫌い、これ嫌いと言っては、まわりの人(お泊りに行った先の

友達のお母さん等)を困らせていた自分が・・・・ハズカシイ~!




今は自分で作るので、(自分の好きなように味付けする)好き嫌い

なーんもありません。しいて言えば・・・もなかが苦手・・。



ちなみに姉も、とんかつは「水」です。(`・ω・´)ゞ

↑新婚家庭で目撃しましたとも!





我が家の現在は



     

   感(TωT)涙



         お、おまいら幸せじゃー!



とりあえず、我が家は味覚がマッチしてるみたいで・・・ヨカッタ



ひとつ屋根の下に暮らす家族の味覚って、マッチしてないと

ひじょーーーーーに、キッツイ!です。




味覚って、生まれつきのものなのかな・・・?




料理に関しては、アレだけど・・おかんには、ちゃんと感謝してますヨー。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-11-18 12:43:33

悲しい男の性・・・

テーマ:食!

     
    焼き魚の尻尾だったり、煮物の芋だったり・・・・・

当然!母は

     
      九州弁訳・・・かたづかんめーが=片付かないでしょ!

すると・・・毎回、父の言うことは決まっている

     
戦争戦後に子供時代を過ごした父は、

日々食べるものにコト欠いていたらしく

食べ物が手に入っても、

次の日のコトを考えると、全部食べないで「ひとくち」残して

翌日のために残しておいたそう・・・

それが、体に染み付いて、今でも夕飯のおかずを全部食べることが

出来ないらしい・・・・・(一種のトラウマですね)

            ・

            ・

            ・

            ・

            ・

            ・

            ・

            ・

            ・

            ・

            ・

      ( ̄- ̄) ウソやね!

昔も今も、実家は食品を扱う商売をしている。

3つ4つある倉の中には、農機具と、食品が山と積まれて

「試食」と称し、父は(わたしも!)よく、つまみ食いをしていた。

なので、次の日食べるものが・・・・ってのは、まっかなウソだぁ!

緊急事態が来たら、それ食べればいいだもん(腐らない食品だし)

じゃぁ、なんで父は、戦後のことなど、持ち出していたのか・・

そ、それは!

その理由は・・・・・・・

突然ですが・・・・・

母は

朝ごはんを作らない人だった!

ホントの理由は、母が朝ごはんを作らないので、

朝ごはんのおかずの為に、夕飯のおかずを少々残していただけのコト。

なんで正直に言わないのかと言うと・・・・

正直に言うと、母が逆切れするため・・・・ひぃ~!(((( >∋<)))

戦争のことなど持ち出して、

父は、

母が怒らない様に操縦してたのだ!Σ(゚д゚;)

母は なんつか・・・・一般的に言う

「料理オンチ」

当然、料理嫌い

わたしたちが高校生位になると、夕飯すら、たまにしか作らなくなったよー!

手の込んだ料理なんて・・・・ゼロ!

わたしは、料理を覚えたかったけど、こんな母が教えてくれるハズもなく

わたしの料理は、実家の味をまったく継いでない

唯一、姉が母から少し料理を習ったけど

姉・・・・大の料理嫌い・・!

一度だけ、父が母の料理に文句を付けていたのを聞いた事がある

たしか、鍋料理の時に

(おかんの鍋は、湯の中に材料入れるだけ、食べる時ポン酢つける)

  ↑うまかぁないですよ・・

あまりの具材の淋しさに・・ポロッと父が

「たまには、蟹とか入れたらどう?」

と言うと

母は顔を真っ赤にして

「そげんこつ言うなら、お金頂戴よ!金があるなら、蟹でも牡蠣でも

何でも入れちゃろうたい!」

いや・・・あまりの剣幕に、父も姉もわたしも ( ̄□ ̄;) シマッタ!

母の絶対聖域に触れてしまった!

金じゃねぇ・・・自分がメンドクサイだけやろ・・・とは、口が裂けても言っちゃいけねぇー!

タ、タブーなのだ、母に料理の文句を言うのは!

当然、わたしたちの朝食も、毎朝毎朝「素パン」

食パン焼いただけのヤツ

バターもマーガリンもナシ

当然、目玉焼きとか、ソーセージもナシ!

結婚当初、義母から

「息子はこういうの好きだから、朝食に出してあげてね」

キングサーモン(脂ノリノリ、メチャうま!)を1パック貰った。

値段を見ると・・・・・∑ヾ( ̄0 ̄;ノ ドヒェー!

義母さん・・・あなたの息子さんの給料 

いくらだかご存知ですか・・・?

朝食にこんな値段のはるもの・・・・・

お金があれば、サーモンでもイクラでも出してあげるわよー!

注↑心の声



( ̄□ ̄;)ハッ!

おかんと同じコト言ってるわたしがいた!



しょうがないので、それはそれとして却下!


朝食には、自分的にはごちそうの、

(目玉だったり、スクランブルだったっり)

毎日出した。



毎日、毎日出して 一年目・・・・・・



オットが言った・・・






  なんだと!?(°▲°)





  じゃあ、自分で作れや!DASH!










そしてオットは・・・夕飯のおかずを、ひとくち残すようになった・・・・・






最近では、チビ達まで


     




   ああ~!こんな母を許してクレ~!




いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2006-11-16 09:58:31

霊能者・・・

テーマ:ふしぎ

       
誰の紹介だったか、どうして知り合ったのか、イマイチ思い出せない。


年はわたしより、ふたつ、みっつ年下で・・・


見かけは・・・うーーーん!イラストみたいな感じ!



その人曰く


自分は



不動明王の生まれ変わりだそうで・・・・・









決して、





不動明王の生まれ変わりって・・・あーた・・・・・


不動明王って実在の人物だっけ!?





などと、突っ込んではいけない!




あくまでも、「そうなんですかー」と答えて おかねばならないのだ!


ナゼに今、人間界に生まれ落ちてきたかというと



「伴侶を探すため」


「そうなんですかー」


「もう、見つかった」


「そ、そうなんですかー」



伴侶も、神様(←誰だったか忘れたよぉん)の生まれ変わりだそうで




決して・・・・




「伴侶さんは、自覚なかったんですかー?」




などと、聞いてはいけない!


何のために?とか、



神様だったら、それくらい分かるだろう・・・とか、



言ってはいけないのだー!



だいたいからして、あちら世界の住人様達の言う事は、

「?」なことが多い。



別の あちら世界の住人に「どうして?どうして?」を連発したことあるけど




「人間が犬に、道理を説明しようとしても、犬は言葉がわからない

から、理解できないでしょ?それと同じで、人間も神様の言う事

理解できないんだから、だまって、何も考えずに、従っていれば

いいのよ」



余計、訳わかりませんがな!??




突っ込みどころ満載の説明だったけど、メンドクサクなって・・・


「そーなんですかー・・・・」


見ず知らずの他人ばっかりなら、メッチャ突っ込みまくるけど、

知り合いいたので、一応「黙」(。-人-。)




で、その霊能者(仮にAさんとします)さんが、わたしの耳の治療を

してくれるコトになったんだけど・・・・



おもむろに・・・・



向き合って・・・・



   


耳の穴に指突っ込まれたよーー!


場所は、車の中


密室


狭い場所に、年頃の男女が二人きり


至近距離


向かいあい





こ、ここはちゅぅキスする場面か!??

ちゅぅするのか?!


さそわれてんのか・・・?わたし!




気まずい思いの中、そーーーーーっと、Aさんを見ると・・・




   

    めっさ真剣!




ハイ、、、すみません・・・・煩悩のカタマリのわたしが

悪ぅございました・・ ∑ヾ( ̄▽ ̄;ノ






耳に指突っ込んだからって、治るワケもなく・・・・


非常にいごこちの悪いわたし。。。。





で、まあ治療(?)も終わって、Aさん曰く


「自分には第3の目がある」


と、言うではありませんかーー!


いわゆる、故、手塚治虫氏の「三つ目が通る」などの

額の真ん中にあるアレ?

決して・・・


「なーに言ってん!」


などと言ってはいけない!



「見せてやろうか?」


「うん、見たい見たい」←見えるワケないと思ってる




Aさんは、髪をかきあげ、額を出し



「ふんむっ!」

















!?( ̄□ ̄;)!! ぐはっ!




うそっ!眉間にぼやーっと、縦長の切れ目が!



あたしゃ・・・自分で自分が・・・・


なして、こげなもんが見えるでしょうかねー・・・


見えないなら、見えないで、信じないで済むのに


なんだか中途半端に いろんなモノがぁーーー!



ってか!・・・ホントに・・



混乱モード全開! (ノ◇≦。)





はっきり言って、イヤですばい!


自分で自分が理解不能ー!





未だに、よくわかんない出来事でした。






後日談・・・




Aさんと、ショットバーに行ったとき



目の前、カウンターの背に鏡が一面に貼り付けてあったんだけど



ふっと、顔をあげると





   




わたしの背にある、絵が鏡にうつってた






どっから、どー見ても





苦しそうな男の顔!





振り返って見てみると、只の絵




鏡にうつった絵は、色使いから構図から、似ても似つかない




苦しそうな男の顔!





Aさんに言うと・・・





「ああ・・・気にするな」



って言われたけど




気になりまんがな!



コワっ!





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-11-15 00:34:09

とりあえず

テーマ:日常

      
「子供に自殺なんかされちゃあ、タマラン!」



んとにもう、連日自殺報道がすごくて、どうにもね、なんつかね・・・


と、思っても、我が子のこととなると、どう考えているのか

わからずに、ちょっと不安・・・((((( °д°)9


で、とりあえず・・・脅しておくことにしました! (`・ω・´)ゞ



      


「そうでしょう!死んだら終わりとか、死んだら楽になるとか・・・・

そう思って、自殺してる人が多いと思うけど




     

「死んだら、その時の精神状態で止まってしまうんよ!



廃ビルとか、病院の幽霊のうわさって、みんな


「苦しい~苦しい~」って出てくるでしょ!


だから、自殺なんかしちゃダメ!余計苦しむだけよ!


自殺するんだったら、幸せになってからしなきゃ!!!」


             ・

             ・

             ・

             ・

             ・

             ・

             ・

             ・


いやぁーーーーーーーー(;´▽`A`` ハハハハハハ・・・・




すんごい勢いで、うなずいてましたがな!二人とも!




ふぅ・・・単純な息子たちでヨカッタ・・・ ( ´艸`)




ちょっと、宗教?的な考え方になっちゃったかなー?

と思ったけど、まあ、とりあえず自殺は良くないコトって

思ってくれたみたいで 目的は果たせてヨカッタかなー!



おばちゃんは、無宗教だけど、まぁアタマっからそういう世界を

否定してるわけじゃ ありません。




ただですねーーーーーーーーーー

(昔の話だけど)


社員食堂で・・・・



わたしの耳の治療と称して・・・




「ちょっと、いい?」 と言って


      真剣!






「気」を送るのは ヤメテくれーーーー!

と、思いましたよ・・・!(´Д`;) 

イヤ、これは宗教とは関係ないのか!?



マジで、動けずに困りました。。


で、送った後・・・


「どう?」(・∀・)



と、聞かれても・・・・・・・・・・・・・・・・困!


「はぁ・・なんか あったかいです・・・」


って、あったかくなっても病気は治らないだろうよ!

しかも、気つかって言ってるだけだし!


だって上司だったんだもん・・





病気したって言うと、結構、不思議世界の住人を

紹介されたりしました。




拝み屋のばあちゃん というところにも行ったけど・・・


な~んだか、答えがずれてて


「こらあかんわ!」だったし




あと、霊能者という人にも 会ったけど・・・


その人と一緒の時に、ちょっと不思議なものを見たので

次回へつづく。。。





いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-11-10 11:14:58

食べるってコト

テーマ:食!

     
ますますニュースで賑わっていますねー。。。


「どうして自殺しちゃいけないの?」

って質問が子供から きたら、どう答えようか・・・中々考えがまとまりません。


親が悲しむ?


死にたい程の人間が、まわりの人のコトなんか、気にかけないと思う・・。


まだ、そういう質問が来てないからいいけど、

いつ来てもいいように、答えの準備だけは、しとかなきゃー!



そんな我が家・・・・

あれは、兄チビが小学校低学年の頃だったと思う。


食事中に


「おいしいねーおいしいねー。おこめは、おじいちゃんが作ってるの?」


「そうだよー九州のおじいちゃんが、暑い日も寒い日も頑張って

おコメ作ってるんだから、残さないで食べようね」


「じゃあ、にんじんは?」


「にんじんは、お友達の○○クンのおじいちゃんが、畑で作ったんだってさ!」


じゃあ・・・・







Σ(゚д゚;)キターーーーーーッ!!!!







来ましたねーこの質問!


牛や豚を食べてるのは、知ってるハズだけど、何をどうやって

肉になって、食卓にのぼってるのかが「?」な様子。




オットと相談して、いい機会だから、鶏をシメテ肉に加工している工場へ

見学の申し込みしてみようか・・?ってコトになった。


わたしの子供の頃は、庭に鶏小屋があって、

沢山の鶏を飼ってた(卵と食用)


で、卵の産みが悪くなると・・・


おばあちゃんや、母がシメて、(シメル=殺す)

首を切り落として、


台所(当時は土間仕様)に


ぶら~~~~~~~~~ん・・・と



ふつーにぶら下がってて、イチイチ驚きやしねぇーでしたよ。


血抜きをしないと、食べられないんですが、うちのばあちゃんは




血ィ飲むし!∑ヾ( ̄0 ̄;ノ




どうも、貧血気味で、血は薬になると、信じてたようだけど

結局、貧血で死んじゃった!(ノω・、)当時まだ、50代。早すぎるー!


こんな感じで、鶏に限らず、命を食べてるってコトは

幼い頃から、生活に当たり前の風景として、溶け込んでました。




工場見学は、子供にとって、ショッキングなんじゃないか?

トラウマになったら、どうする?

肉、食べられなくなるかも!?


などなど、オットと話し合い、




でまあ、一応、同じ年頃の子供を持つ、友達に意見を聞いてみたんだけど・・・

ほぼ、100%

「止めといたほうがいい」

って言われました。

やっぱり、残酷すぎる・・・って。




「殺して、食ってるのは事実だし

自分が殺さなくても、どこかで

誰かが、あなたの口に入る動物

を、殺して肉にしてくれている」



ってコトを分かって欲しかった。


とさつ(漢字変換出ない!ゴメン!)の事実から目をそむけ


美味しい~ん!などと、食ってるくせに、その口で「殺すのは残酷」

など言う!


生きたまま、食えてか!?


生きたままだと、残酷じゃないのか!??


わたしは、自分の子供に、そういう矛盾を吐いてもらいたくないぞー!


無駄な殺生は、しないにこしたことは、ないけど

自分が生きる為の殺生は、ある程度仕方ないと思ってる。。

(自分で、殺せる、殺せないは別として、感謝の気持ちを持ちたい)



そして、取り分けた分を キチンと完食しないと、ただの殺し屋に

なってしまうと言う事がイコールだって、知って欲しかった。。。





近所の鶏加工場を調べて、何軒か電話で打診してみると・・・


ある一軒の工場で


「お子様の教育の一環でしたら、喜んで案内させて頂きます」


と、返事を貰いました。






工場見学当日・・・・



工場へ行って、応接室のようなところで待ってると

工場長という人が来て




「す、すみません・・・・社長が、何かあってからじゃ遅いので

見学はダメだそうです・・・」


申し訳なさそーに。。。。。




えー!いまさら!マジ!!??(  ゚ ▽ ゚ ;)



だけど、無理を押す訳にもいかず、断念!


そのかわり、とさつの内容を聞いてきました。


もちろんだけど、工場なので、一羽一羽殺すのではなく、



オートメーションで、鶏の首をはねて いくのだそう。


まあ、ちょっとグロい話しも聞きましたが、割愛。


後日・・・・

子供たちには、わたしがインターネットで、牛や豚のとさつの仕方を

調べて、話してあげました。




こんなんで、わかってくれたかなー??


ちなみに、兄チビもチビタも、今でもお肉は大好きです。




いきなり鶏のとさつ!ってちょっとハードルが高いかも知れないけど

わたしは、子供を釣りに連れていくのは大賛成。


命を獲って、シメて、食べる。って一連の流れを理解させるには

一番いい方法じゃないかな?と思ってます。

うちは、ダンナが釣りしないので残念!





おまけ・・・

「絶対、止めた方がいい!」と言った友達の幼少体験


学校から帰ってきて、玄関を開けると



じいちゃんがシメたばかりの、首の無い「ちゃぼ」が

自分めがけて走ってきたそうなー!




こりゃ~、トラウマにもなるわな・・・





いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-11-08 14:59:39

ヒット料理

テーマ:食!

     
忘れるのよ・・・いろんな事を!



今日は、どうしても忘れたくないコトが、

あったので、ブログに書く! (`・ω・´)ゞ



人様から、見たら、ま!些細なコトだけどさ


お昼ごはんは、ほぼ毎日一人で 何かしら作って食べてます。


カンタンに、ホットサンドだったり、ナシゴレンだったり、スパゲティ

だったり、お茶漬けだったり・・・・納豆飯だったり。。。


今日は、インターネットで買った、500グラム2000円もする

高級キムチで、昼ごはんしようと思って冷蔵庫を見たら・・



や、やられた!


犯人は、ダンナに違いねぇ!


このキムチは「ポッサムキムチ」って言って、ホタテ入りで超美味い!


だんなには、近所のスーパーで購入の198円の「りーさんのキムチ」と言う

特売キムチを出してたのに、りーさんのキムチが切れてたらしい!


だんなにとっては、りーさんだろうが、ポッサムだろうが、味の違いが

わからないらしいので(←自分で言ってた)

出来れば、違いのわからない人に、2000円は食べて欲しくなかったー!


もし、食べるときは白菜だけを食えー!と厳命している・・・

たしかに、ホタテは全部食べてたけどさ・・




カナシー! (ノ◇≦。)



しかも、ご飯も残ってない・・・


パンもない・・・


何食べるよ?



たしか、特売のスパゲティがまだあったような・・・


100グラムを茹でてる間に、ソースになるような物を 探すけど

今日に限って


コンソメも切れてるし


出来合いソースもないし・・・


ベーコンもないし・・・


あるのは・・・塩!?


塩、塩かけて食うかー!?? ため息





イヤすぎるぅー




何かないか!?何かないかー!???と探して



シチューの素を発見!(固形タイプ)




「これで、カルボナーラ風のソースが出来ないかな・・?」




カルボナーラは好きなんだけど、作る時、あの生クリーム見ると

カロリーを想像して、凹んじゃうので、腹は凸るだけど・・・




カンタンでヘルシーなカルボナーラレシピを求めていたので、さっそく実験!






コップ半分位の水をフライパンに入れて、

シチューの素、2個入れて、溶かす


塩入れる (ひとふり以上)←味濃い目が好き・・


ニンニク(わたしは粉末)入れる


えーと・・・・あと、何入れたっけ・・?201はてなマーク




思い出せ!自分!(`・ω・´)ゞはいっ!




そうそう、茹でたスパゲティ投入して




冷蔵庫にあった、溶けるチーズ入れて、


生卵をまわしかけて、


仕上げに、粉末パセリを入れた・・・かな?



そうそう、常備してる、乾燥ハーブミックスも入れた様な。。



見た目は、カルボナーラが完成!




さて、お味は・・・・?















不思議なほど、カルボナーラ!


これ、絶対、シチューの素で作ったって、バレない!


次回は、ちゃんとベーコンとキノコも入れて

こっそり、家族に食べさせてみよう!




なるべく常備できる材料で、カンタンにってのが、料理のポリシー

なので、こいつぁ久々のヒットだったよーん。。




で、次作るとき、忘れてしまうさねー



今回は ブログに書いて完璧よメモ


いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-11-07 09:18:59

新しい家族

テーマ:日常

         ついに我が家に 新しい家族が!

     
   

ゴールデンチンチラの「ココア」ちゃん(女の子)です (´▽`)デレー


猫飼いたい、ってココ最近ずっと思ってた訳ですが・・・・・

知り合いが、生まれたての子猫 譲ってくれるって話しもあったのに

ダンナの決心がつかなくて その話は見送り。


「とりあえず、買わなくていいから、見るだけ見に行こう」と半ば

むりやりダンナをペットショップへ


わたしも見るだけのつもりで、飼うんだったら、絶対ロシアンブルー!

と決めてたのに・・・



・・・・・目が合ったというか・・・こりゃ、出会い(タイミング)ですね!


チビなのにライオンの様なたてがみが可愛くて・・・・


「この子以外、可愛く思えない!」←すでに重症?




気がついたら、我が家にいましたとも!




名前は、みんなで色々出し合ったんだけど、


・ルドルフ

・アッテナ

・リリパッピ

・モモ


誰か出すと、誰かケチつけるの繰り返し


そんな中


「じゃぁココアは?」と聞くと、何故かみんな「いんじゃない」


何がどう、みんなの琴線に触れたかしらないけど、ココアに決定。



まあ、家族の反応がそれぞれで 面白いコト!



チビタは、思いっきりお兄さん顔で



   

はりきる はりきる!

犬と混同してるフシあり・・・



で、次の日も







   


名前変わってるし!∑(°Д°)







問題のダンナは・・・・・・
















     

ここまで、鼻の下の伸びたダンナ見たことねぇ!





まさしく、メロメロラブラブって表現がピッタリ!

にへらーって言うより にひゃー って感じかな


うちのダンナは うそついたり 決め台詞(←今、俺 良いこと言ってるよな って感じのセリフ)言ったりする時って、すんごく鼻の下が伸びるんだけど、それ以上に伸びてたよー!


今朝は、めずらしく昼頃会社から電話してきて・・・何事かと思ったら






「ココアどうしてる?」(^ω^)







「はぁ!?」 ∑( ̄□ ̄;)






びっくりしましたよー、てっきり仕事の話だと思ってたので、用件がこれだけだと聞いたときにゃ・・・・・






「本当に用事、それだけ!???そんだけなの!?」って何度も聞いちゃいましたよ!



・・・・そんだけ だったみたいですよ・・(  ̄っ ̄)



あんたねー!新婚時代、一度でも 仕事中会社から 遠い所に嫁に来たわたしに、様子見の電話した事あるかい!?





ね、ネコに負けたよ・・・・・あたしゃ・・








さて、長男の反応は・・・・一番冷静

みんなに背を向け




   


こっそり、黙々とココアに おもちゃ 作ってました。






性格が出るよなーーーー!




わたしはですねーひそかに・・・・・



かばんネコ


に躾けようと画策中!


無理かなー? カバンに入れて、顔だけ出してるのって可愛いよねー



でも・・ネコってカバンなんかに入れられて、おとなしくなんか してないよね・・・・





いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。