あなたは いま しあわせですか。。

性格を変えるカウンセリングです。
私もこれで変わりました♪


テーマ:

 

 【ある助産師さんのお話 】

 

赤ちゃんを産むとき、

 

陣痛というものがある。

 

陣痛は、初産で約24時間、

 

2人目以降で約12時間続くものらしい。

 

妊婦さんの中には、

 

この陣痛がとても苦しいので、

 

「産む側は大変、赤ちゃんは生まれてくる側でいいなぁ」

 

と言う方もいるらしい。

 

しかし、助産師さんは、

 

これは大きな勘違いだと言う。

 

赤ちゃんの方が、妊婦さんの何倍も苦しいのだと。

 

実は、子宮は筋肉であり、

 

これが収縮したり緩んだりするのが、

 

陣痛の正体らしい。

 

陣痛が始まり、子宮が収縮すると、

 

赤ちゃんは首のところを思い切り締め付けられ、

 

へその尾からの酸素が途 絶え、

 

息ができなくなるそうだ。

 

子宮の収縮は約1分間。

 

その間思い切り首を締められ、息ができない。

 

1分たてばまた子宮はゆるむが、

 

また陣痛が来れば1分、息ができなくなる。

 

しかも陣痛の間隔はだんだん狭くなる。

 

この陣痛に耐えられなければ、赤ちゃんは死ぬ。

 

まさに命懸けだ。

 

だからこそ、赤ちゃんは慎重なのだという。

 

実は、陣痛がおこるためには陣痛をおこす

 

ホルモンが必要らしいのだが、

 

このホルモンを出しているのはお母さんではなく、

 

なんと赤ちゃん自身。

 

赤ちゃんはとても賢く、

 

自分自身で自分が今陣痛に耐えられる体かを判断する。

 

そして、一番いいタイミングで自分の生まれてくる日を選ぶ。

 

(そう考えると、自分の誕生日も、  自分が選んだ日なんだと思えた)

 

また、急に激しい陣痛を起こせば命が危いので、

 

最初は陣痛を起こすホルモンを少ししか出さず、

 

様子を見てホルモンの量を調整するらしい。

 

赤ちゃんの中には、

 

予定日を過ぎてもなかなか生まれてこない赤ちゃんもいる。

 

途中で陣痛を止める赤ちゃんもいる。

 

そういう赤ちゃんを「うちの子はノンビリしてる」

 

なんていうお母さんもいるけど、

 

そのとき赤ちゃんは必死なんだという。

 

生まれて来ないのは、

 

赤ちゃんが「今の体では 陣痛に耐えられず死んでしまう」

 

と判断しているからだそうだ。

 

赤ちゃんはみんな、自分で判断して、

 

自分の意志で生まれてくる。

 

「生まれたくて生まれたんじゃない」

 

なんて人はいない。

 

出典:「年間100万人の赤ちゃんを救おう!」日本の命を守る会

 

______________

 

産みの苦しみだけでなく、生まれてくる赤ちゃんも

 

命がけでがんばっているなんて、初めて知りました。

 

あらためて命の尊さを知らされた思いです。

 

自分の意志で生まれてきたことを考えると、

 

あらためて生きることの大切さを教えられた感じです。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

フェイスブックより、転載。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

私も、こうやってがんばって生まれてきたのかな。

 

「生まれたくて生まれてきたんじゃない」と、人のせいにしてきたけど

予定日より10日早く、未熟児で生まれてきたのも

双子だった相棒の存在(死)を知らせるためもあったのかな。

 

これは、一昨年知った事実で、傷ついたけど

受け止めるだけの自分になれたから知ることになったのかもしれない。

 

生まれる時からがんばってきたのか。

このがんばってきた事実。

だから、いつもがんばらなければならないように感じているのか。

 

インナーチェンジングセラピーに出会って10年。

自分で決めたことは、自分で変えることができる。

 

もうそろそろ、手放していい時期なのかもしれないな。

 

 

がんばってきた自分を認めて、

もう生きるのが大変になるほどチカラを入れるのをやめる。

 

そうしたら、もっとラクに生きていかれそうな気がする。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

【恋の神様からのメッセージ】

 

 

 

昔とある町に 、1人の男の子と

 

1人の女の子が住んでいた。

 

 

男の子は、

 

自分のペースで物事を取り組み、

 

 

「面倒くせぇ」と、言っては途中で飽きて、

 

すぐに諦めてしまうような子だった

 

 

女の子は

 

何でも一生懸命に取り組み、

 

 

「頑張れば何でもできる」

 

と、言っては、頑張りすぎて

 

疲れ果ててしまうような子だった。

 

 

 

そんなある日、2人が町で偶然出会った。

 

 

良い所も悪い所もお互いにないものを

持っている2人 。

 

 

そんな2人が、互いに惹かれあうのに

 

時間はかからなかった。

 

 

男の子も女の子も

 

毎日が発見で、毎日が真新しく

 

 

そして毎日を笑い合いながら楽しく日々を過ごしていた 。

 

 

 

2人で過ごす時間の中で

 

男の子は最後まで、一生懸命頑張る大切さを知った。

 

 

女の子は自分のペースで

 

無理せず頑張る大切さをを知った。

 

 

 

そうして幾日過ぎただろうか。

 

 

2人の会える時間も少なくなり

 

だんだんと、男の子の心は離れていった。

 

 

女の子は悲しかった。

 

 

男の子の心が遠くへ行ってしまいそうで、

 

自分1人だけ置いていかれそうで、

 

 

そして、この先1人ぼっちになってしまうような気持ちで怖かった。

 

 

 

そんなある日

 

男の子は、女の子に別れを告げた。

 

 

女の子には理解できなかった。

 

 

あんなに毎日が楽しかったのに

 

なぜ、男の子が女の子の隣からいなくなったのか

 

女の子には全くわからなかった。

 

 

 

それからの女の子は誰かと出会う事が怖くなった。

 

 

誰かと出会い、また別れるのなら

 

誰にも会わなければいい。

 

 

家の中に1人でいれば、そうすれば

 

こんなに悲しい別れをもう二度としなくてすむ。

 

 

こんな思いをしなくてすむ。

 

 

そう言って 、家の中に閉じこもり

 

毎日を過ごしていた。

 

 

 

それをずっと見ていた恋の神様は

 

見るに見兼ねて、女の子にこんな事を聞いた。

 

 

 

「なぜ閉じこもっているのだ?」 

 

この問いに 女の子は

 

 

 

「閉じこもっていれば

 

 誰にも出会う事はありません」

 

と、答えた。 

 

 

 

すると 恋の神様は 

 

 

「そうか…

 

 お前はそれで幸せか?」

 

と、尋ねた。

 

 

 

女の子は

 

 

「幸せです

 

 別れる悲しみがありませんから。

 

 あの苦しみがありませんから」 

 

と、答えた。

 

 

 

「そうか 

 

 私には幸せに見えなかった。

 

 お前の心が

 

 泣いてるように見えたが、

 

 お前が幸せならそれでいい」

 

 

そう言って、消えようとした時

 

 

 

「どうして別れがあるのですか?

 

 どうしてこんなに辛い思いを

 

 しなくてはならないのですか?

 

 

 この出会いに

 

 何の意味があったのですか?

 

 こんな思いをするくらいなら、

 

 出会わなければよかった」

 

 

女の子は今までの思いを全て

 

恋の神様にぶつけた。

 

 

 

すると、恋の神様は

 

 

「本当にそう思うのか? 

 

 ならお前に 

 

 いいものを見せてやろう」

 

 

そう言って、女の子の手をとり

 

2人が出会わなかった世界へと連れていった。

 

 

 

そこには

 

男の子と女の子の姿があった。

 

 

男の子は、最後まで頑張る事をせず、

 

全ての事を中途半端にし、

 

そしていつしか

 

誰からも相手にされなくなり、

 

1人で心閉ざしていた。

 

 

女の子は 、頑張りすぎてしまい

 

誰にも寄り掛かれず、

 

疲れ果て心が折れてしまい

 

1人で心閉ざしていた。

 

 

その姿を見た女の子は言葉を失った。

 

 

 

その様子を見ていた恋の神様は

 

 

「今のお前が在るのは

 

 なぜだと思う?」 

 

呆然と立ちすくむ女の子に尋ねた。

 

 

 

「男の子と出会ったからです」

 

女の子が小さな声で答えた。

 

 

 

「これでも

 

 出会わなければよかったと

 

 そう思うかね?」 

 

恋の神様は静かに尋ねた。

 

 

 

「出会えてよかったです」

 

と、女の子は声を震わせながら

 

ポツリと呟いた。

 

 

 

「あの時のお前達には、

 

 互いが必要だった。

 

 しかし

 

 互いの役割が終わった今、

 

 今在るお前達を必要としている

 

 人達の元へ行かねばならない。

 

 

 ずっと閉じこもっていたら

 

 その人が、お前を探せないだろう?」

 

 

 

恋の神様は 

 

優しい声で女の子に言った。

 

 

それを聞いた女の子の目に涙が溢れだした。

 

 

そして

 

 

「互いの人生に必要な時

 

 必要な時間だけ、その人生は交わる。

 

 そしてそれぞれの役割が終わった時

 

 またそれぞれの道を歩む。

 

 

 互いの持つメッセージを

 

 相手に伝える為にな」

 

 

恋の神様はそう言って

 

ニコリと微笑んだ。

 

 

「だから、たくさんの

 

 出会いと別れをしてきなさい。

 

 そして、たくさんの自分に

 

 出会いなさい。

 

 

 お前を必要としている人の為に

 

 大きく大きく成長しなさい。

 

 

 お前を成長させてくれるのは

 

 人でしかないんだよ」

 

 

そう言い残して消えていった。

 

 

 

女の子は今の自分が在るのは、

 

男の子と出会えたからだという事に気がついた。

 

 

女の子は男の子との過ごした時間の中に

 

隠されたメッセージが何であったのかがわかった。

 

 

そしてなぜ男の子が、隣にいないのかという事も。

 

 

 

それからの女の子は閉じこもる事なく、

 

ひとつひとつの出会いと別れを大切にしていった。

 

 

例え、悲しい別れであっても。

 

例え、苦しい別れであっても。

 

 

その人が教えてくれたメッセージを胸に

 

新しい自分との出会いに感謝し、

 

自分を必要としてくれる人の為に

 

自分を成長させていった。

 

 

 

そんなある日、あの男の子が

 

再び女の子の前に現れた。

 

 

互いに成長した2人。

 

 

互いの人生に、互いが必要だと知ったのだろう。

 

 

男の子は女の子の全てを包み込み

 

守れる程に強く大きく成長し、

 

 

女の子は男の子の全てを支え、

 

何事にも負けない程に

 

強く大きく成長していた。

 

 

 

そうして2人は、

 

 

永遠の愛を誓いながら

 

幸せに暮らしていった。

 

  

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
表彰状をプレゼント!
うえむらよしえさんが愛される理由は・・・
 
 
決して、そんなことないんですけどねぇ。
 
 
おもしろそうなので、久々の投稿は遊んでみました(笑)
 
 
 
 
 
あなたの知られざる魅力とは!?
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
何かをやめてみるのも、はじめることです。

つい友達とくらべて安心したり、落ち込んだり。
後ろ向きな想像ばかりして、恋がはじまらなかったり。
わかっているのにやめられないことは、誰にだってあるもの。
だからこそ、いつもを変えることが、一番あなたを変えるはずです。

ひとつ、深呼吸。




軽井沢高原教会 電車広告より。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ここ1週間。多分、ドライバー「強くあれ」がきかない。

おそらく、禁止令が浮き上がって、きつくなっていた。

 

対外的にはニコニコ元気。昔と同じ。

何事もないようにふるまって、いいことしか口にしない。

 

だから、当然だけど、誰にも気づかれない。

 

ほんとうは、誰かに、いや、特定の人に気づいてほしいと願っていて。

でも、気づかれるはずもなく。

 

 

今日、スタディワークショップという勉強を兼ねたワークショップで

この問題を解決したかった。

 

でも。勉強なので、私の番までまわってこなかった。

 

仕方ないと、頭で思うけれど。

 

我慢の限界だったので、人と別れてから涙が止まらなくなった。

抑えようとすればするほど、きつくなる。

 

しくみは頭では理解しているけれど、自分に優しくできずに

納得させようとするもう一人の自分。

 

余計に苦しくなる。

 

 

 

 

人が、当然のように感じる・・ということ。

私は、それが当然とは思わずにきた。

 

求めていいし、イヤだったり腹が立って当然。

 

 

そうなんだ。。。

 

 

 

今日は、人のワークでも、心が全く動かなかった。

こんな時に「強くあれ」が出なくてもいいのに。

最近、これができなくなっていたのに。

 

 

 

 

自分のことは、自分で守る。

 

何もやる気にならず、健康増進マイスターで、せっかくやる気になってきていたのに。

 

どうでもいい。身体に悪かろうが、とりあえず生きていればいい。

こんな日もある。

 

 

 

誰にも話さずにいたら、心が折れてこわれそうなので

ここにでも書いて整理したら、それで少しは救われるように思って。

 

自分のノートに留めておけばいいものを

私は、誰かにわかってほしい気持ちを捨てられない。

 

 

自分を愛してほしいし、私も愛情を感じたい。

 

私は人一倍、人に気にかけられたいタイプで

そうでなくなりたい、大丈夫になりたいと願っても、仕方がない。

 

 

 

今月は、自殺予防月間で

「辛い時には人に頼れることが大事」だという。

 

 

幸い、死んでしまいたい気持ちはなくなって、死ぬことはないけれど

それでも、それに近いほど、苦しい。つらい。しんどい。

 

 

 

禁止令に気づいたのだから、解決できるはず。

 

 

 

無理しないで、とりあえず生きていけばいい。

 

 

 

また明日から仕事。強くあれを発動して、とりあえず稼ぐ。

 

このごろ、笑わないのも、それでいい。

無理に笑わない。笑っていなくていい。

 

人を喜ばせなくていい。

 

 

せめて、自分を喜ばせよう。

 

 

できるかな。できなくても、いいか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。