ホトトギスの里のブログ

真実に生きる神様にとって、ねつ造は神様の悲しみです。

統一教会の主張する韓国史が本当に正しいのか考えていきます。

及び、全ての問題を解決できるという原理の矛盾点を紹介します。

統一教会現元信者さんと、キリスト教信者さんに配信しています。


テーマ:

 

内容紹介

「韓国の熾烈な格差・競争社会を生き抜くのはあまりに過酷だ。私と同じような社会的キャリアを、私は韓国社会で歩める自信はまったくない。私には韓国人は務まらないと思う。 
さらに、北朝鮮クライシスのこの期に及んで、韓国人は親北反日の文在寅(ムン ジェイン)を大統領に選んでしまった。 
私が会ったとき、彼は北朝鮮のことしか頭になかった。経済政策に疎いポピュリストの彼はバラマキで支持を得ようとするだろうが、これは失敗が見えている。 
そうすると、次は必ず露骨な反日政策を執って来るだろう。 
そのとき日本は毅然と臨むべきだ。 
そして、日米とのすきま風が韓国をさらなる窮地に追い込むだろう」 
著者は元駐韓大使ならではの鋭い分析と情報で「文在寅クライシス」に警鐘を鳴らす。 そして、
「韓国人は“韓国に生まれて良かった"という国にしてほしい。そのためにも、日韓にとって無益な反日に逃げ込むのは、もうやめるべきだ」 と、韓国人たちにエールを送る。 
元駐韓大使だからこそ書けるディープな韓国分析の決定版!

出版社からのコメント

40年にわたる外交官生活のうち12年を韓国で過ごした著者は、韓国人のよい面、悪い面を熟知している。 
「崔順実(チェ スンシル)ゲート事件」に怒り、朴槿恵(パク クネ)大統領を弾劾に追いやった国民やメディアは「民主主義の勝利」と誇らしげだったが、直後に選択した新大統領が「従北」「反日」の文在寅(ムン ジェイン)だったのを見るにつけ、「韓国人のダメな部分が出てしまった」と著者は嘆くのだ。 
ますます広がる格差とドン底の経済、将来への希望を抱くことのできない社会……。そんな韓国の厳しい状況を憂いながら、彼らはなぜ、間違った道へ国を導こうとしている人物を選んでしまったのか。その理由とともに、隣国から押し寄せる「反日の嵐」に日本はどう立ち向かえばよいのかを探る。

 

読者のコメント

これまでの著書を読んだ限りでは、どうしても著者の韓国寄りの立場に違和感を覚えたものだった。
しかし、本書からは「韓国人に生まれなくてよかった」という著者の本音が聞こえる。コネ社会、受験戦争、就職難、結婚難、老後の不安など韓国の現状は悲惨極まりない。本書は、韓国を愛し12年を外交官として韓国で過ごした著者ならではの「憂韓の書」。中でも男性にとっては徴兵制の軋轢など、この国の生きにくさが「韓国人に生まれなくてよかった」の率直な題名に現われている。そして、文大統領の正体についても、内情を知る著者の分析は興味深い!!

なお、書店での本書の平積みを阻止しようとする、し○き隊の営業妨害は本書への言論弾圧であり、あってはならぬ事だ!武藤氏を是非応援したい(この部分6月1日追記)。考えた末、し○き隊の嫌がらせに抗議の意味を込め☆4から☆5に変えさせていただいた。

韓国内の過当競争、格差の中で積もり積もった鬱憤の捌け口が朴前大統領を弾劾に追いやり、文大統領を誕生させたが、このことには「理性より感情で動く悪い面が出た」と著者は指摘。もっぱら従北の文大統領は経済に精通しているわけでもなく、バラマキ政策が精一杯であるからして、それが韓国経済を向上させるはずもない。かくなる上は、破れかぶれのさらなる反日が控えているであろうことは、読者にも想像が付く。著者はその際日本は毅然と臨むべきだとしつつ、一方北の脅威を前に日本は隣国である韓国に今後も理解を…と言う主旨は、今までと同じ。理解は、永遠に無理だろうと私は思うが、この隣国が防衛上意味を持っていることはわかる。しかしながら日本から韓国への膨大なODAのお陰で経済力を付けた韓国は、その収益を「慰安婦像」を建てる反日活動に回している。「恩を仇で」返された日本は、いいかげん韓国と距離を取る事を学ぶべきだと私は思う。なまじ理解を深めよう等と考えないことだ。それ故☆3としようかと思ったが「韓国人に生まれなくてよかった、もし韓国に生まれていたならば韓国の競争社会ではキャリアを築けなかっただろう」という著者の本音に共感したので、☆4とした。(その後6月に☆5に変えた事をご了承ください)

余談・日本人は北に取り込まれてゆく韓国の現状から何を学んだら良いのだろう…?
北の工作員の暗躍と扇動、マスゴミの洗脳で韓国人が文大統領を選んでしまったことを「対岸の火事」と傍観するのでなく、これを「他山の石」として警戒するべきだと、私は思う。日本でも公安調査庁が「中国の工作員が組織的に日本各地で活動している」と正式発表。また、朝○総○の皆さまの水面下でのご活躍は相当なものらしい。彼らは拉致実行犯の一つの役割として拉致実行の下見、協力なと連携して日本の国土で日本の主権を侵しているのである。拉致はテロである事を日本人はもっと認識してほしい。これらの工作員を取り締まる「スパイ防止法」の制定が必要だというのに「テロ等準備罪」の成立さえ、反日野党議員たちの妨害で過去3回も廃案の憂き目を見た。諸外国並みに今回こそ「テロ等準備罪」を成立させ、それからは是非どの国にもある「スパイ防止法」を作って、世界一の「スパイ天国」の汚名を返上してほしい!既に沖縄は、工作員に入り込まれ韓国同様の危機に面しているのだから…。

 

韓国、朝鮮人の特性を最もよく知り、全てが客観的に正しい事実に基づいた良書。
奇しくも先日のサッカーアジアリーグの浦和戦での選手スタッフ総掛かりの暴行、そしてそれを浦和の責任になすりつけるという、あり得ない責任転嫁で、世界に全て曝け出した韓国人の異常性。
世界中で最も忌み嫌われる民族である事がよくわかる。
そしてこのような正しい本が出版されると、犯罪を扇動するような、対日差別団体や差別者を徹底的に叩かないといけない。
事実を明らかにされる事を嫌う悪質な対日本人差別勢力や、を擁護するような捏造人間に対する国民の怒りをストレートに表現する事が重要

 

この本の内容は、サウスコリアの置かれた状況と社会の過酷な状況を紹介し、先行きを不安視する極めて親韓的なものだといえる。
日本人がサウスコリアの欠点を指摘すること、というかサウスコリアに欠点があると思う事さえ許せないという人からすれば、おぞましいヘイト本であろうが。

一読者の感想としては、作者さんの意図に反する部分もあるだろうが、今後はサウスコリアを敵として考たほうがいいと思う。
サウスコリアと仲良くなれる事は決してなく、行為を得ようという努力は無駄どころか有害である。
こちらから挑発して楽しむ必要はないが、要求に応じる必要もない。コリアンの反日行為に心を痛める必要も、またない。敵なのだから当然だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

統一教会の言う韓国論が全くのでたらめである事がよくわかる。

 

神が準備した選民だの、主の国だの、ウソで固めた妄想話である。

 

日本人としてはあまりによくできた話だから信じてしまったが、よくよく調べればとんでもないウソの塊だったのが統一原理教会である。

 

いくら韓国を美化、文家庭を神格化し、歴史を書き換えても遺伝子は書き換えられないから、朝鮮人の本姓が現れる。

 

それが骨肉の争いである。

 

鮮明、鶴子、子供たち、皆敵対するのは必然だな。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。