天と地とあなたをつなぐ ~ほともこの西洋占星術~

吉凶を超えすべての運気を味方につける 古代からの宇宙の叡智をあなたへ。

12月24日の午前1:35、土星がとうとう射手座に入りました。

土星は1つのサイン(星座)を2年半かけて運行し
その時代の社会の課題というものを示してくれます。

12月21日に配信したメールマガジン

【ほともこ通信】天と地とあなたをつなぐ星のたより★ 

で詳しく取り上げましたが、今回は、特別にみなさんに公開します。
これから社会を生きるヒントにしていただけたら幸いです。


* * *


【ほともこの小話】
混沌とした社会の変化に適応し進化する
~射手座土星による2017年までの社会情勢の予測~


12月24日午前1:35に、土星に射手座が入り
2017年12月まで運行します。

土星は1つの星座を2~3年かけて運行するので
土星が運行する星座を読み解くことで
これから2~3年の間の社会情勢が読み解けます。

まずは、過去の配置を参考にしてみましょう。

前回、土星が射手座を運行していたのは1985~1987年。
この時期は、バブル経済の真っ只中
国際化と自由競争の時代でした。


男女雇用機会均等法が施行、
NTT、JR、JTなどの公的な企業の民営化された時期です。
(つくば万博の開催は、土星が射手座に入る直前の蠍座時代でしたが
一般人が未来の科学技術への期待や憧れを強く持つようになり
その後の土星射手座時代につながったとはいえるでしょう。)

そのまた前に土星が射手座を運行してたのは
1956年~1958年頃。


科学技術の発展と、高度経済成長が目覚ましく
東京タワーも完成した時代。
家電の三種の神器である
白黒テレビ・洗濯機・冷蔵庫が普及し始めました。

もうお分かりだと思いますが
過去土星が射手座を運行した時代は
自由競争と経済・科学技術の発展の時代です。


ですから2014年12月24日から2017年12月までは
また自由競争と発展の時代がやってきます。

ホワイトカラーエグゼプションの審議が
すでになされているように
労働の自由化がすすむでしょう。

そうして、自営業者が増え、サラリーマンでも副業が当たりに。
組織にとらわれないワークスタイルが増えていくでしょう。



(だから、獅子座に木星が運行している今の内に、
自分ならではの能力を知りアピールするのが大事なのですね。)

しかし、過去30年前、60年前の状態が
そのまま再現されるのではなく
これからの時代を生きる私たちの課題はたくさんあります。


たとえば、原発。
原発は高度経済成長期に日本に生まれたもので
現在は負の側面が顕在化し
核廃棄物の処理については未だ解決策がでていません。

また、科学技術と経済が発展することで
物質的に豊かになる面もあれば、
公害や環境汚染などの、人体のみならず自然環境を蝕み、
水俣病をはじめとした公害の訴訟は
数十年にわたり続いてきました。

今回の射手座土星の運行中(2014年12月~2017年12月)は
まったく相容れない性質の魚座海王星が刺激するため

過去の社会と経済の成長による負の遺産と向き合い
対応しながらの成長が求められる
難しい時代になろうとしています。


さまざまな矛盾を受け入れ、いかに対応していくか。
社会の変化に適応し、進化することが
これから3年間の課題です。


* * *

これから3年間の射手座土星
そこに魚座海王星がアスペクトする
矛盾と混沌に満ちた時代をどう生き抜くか。

私たち一人ひとり、個人的にはどのような影響を受け
どのように変化していくか。
何に力をいれ、何を広げていくと良いか。

と、社会全体の流れを知りながら
自分だけの影響を読み解いていくのが

12月30日と1月10日開催する
2015年の社会と自分を知り 未来を見通す講座


今回も少人数で
占星術初心者の方向けの事前講座もご用意している上
今回はアシスタントもおりますので、フォローが細やかにできます。

変化と矛盾に富んだ2015年を自分らしくしなやかに生きるために。
占星術で社会とあなたを、過去と現在と未来をつないでいきます。

なお、12月30日は【残席1】
1月10日開催分は早割適用中です。
詳細・お申込みはこちらから★


■メルマガのご案内

★毎週月曜日に一週間の星予報を
と上記のようなコラムをお届けしています。

登録無料!ご登録はこちらから。
※バックナンバーは公開しておりません。
いいね!した人  |  リブログ(1)

天と地とあなたをつなぐ占星術師 ほともこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります