「海外滞在記」

ー前置き

まだあまり名の知れていない芸能人が見知らぬ土地に一定期間滞在してスタジオ収録ではそれを元にクイズを行い、エンディングでは別れる心の通じ合った異国人どおしが涙ちょちょぎれる。

完璧な構成ではありませんか。

個人の勝手なブログですから、自分の趣味にあった番組の改良版(t個人の好みの方向へ)だって妄想しちゃうわけですよ。

まあ許される範囲でうるうるを手本にしてよりいいtの新しい構想を。

ー妄想

[ドキュメンタリー]

[奮闘記]

[30分]

まず時間は30分でいいんですよ。

t的には1時間より週2がいい、、あは

海外へ行くというのも、行く人が素人芸能人というのも同じ。パクリすぎちゃっているのかなあ。

いいでしょ。こんぐらい。妄想なんですから。

クイズなんて無し。司会者一名と本人がスタジオで振り返るってのを所々ちょっと織り込む程度でいいと思う。

[だから、編集は超重要。ナレーションや進行そのものを良質に。]

もちろん探検者はそこの家族とそこの生活をする。(またおなじまま、、)

あー探検者は女限定でもいいかもしれませんな。

若い男性のいる家族の元で過ごすと。または小さな子どものいる家庭。

そこにいる期間は、時間的に決めるんじゃなくて状況で決めるって言うのもどうかなあ。

そこの言葉で日本を紹介し、ちゃんと説明が伝わるようになったらとか。

そこの人が聞いて納得して理解して、ちゃんとそれに感想を言った瞬間翌々日の帰国が決定する。

もちろん伝えたら帰らなきゃいけないわけでそこには葛藤もあって。

でも、聞いている人はそういう事実を聞かされていなくて。

なんて。

どうよ。

あー、でもそうなると最後やっぱりお涙ものになっちゃってまたまた又かぶる。

帰国後に収録されたビデオを送って、まぁそれにメッセージなんかも付けてそれを笑顔で見る家族、、っていうのでどうでしょう。

うーん。なんか違う。

うーん、、終わり方がねえ 思いつかん。

笑顔がいいな。

来たときと最後とに日本のイメージを「そこの家族」に絵に描いてもらって比べるのもいいかもね。

最後の方には「訪問者」も入れてもらって。

うーん。どーだ。

ー趣味?

みんな異国の人の暮らしには興味があると思うんですよ。

観光地の建物とかじゃなくて。日常の生活、日本とのおもしろい違い、日本対して持っている印象とか。

どんなことをおもしろいと感じ仕事の位置づけ方や想い。

それにはやっぱりそこに暮らすのが一番いいんですよね。

アンコールがある程度越えたら又そこに再訪問、、

(スペシャル版とかではなく、普通に取り入れる。それが通常化って言うか。

うるうるに対する不満がそこにあるもんで。)

そしたら、前知らなかった隠れていた部分が発見できるだろうし。


クイズとかじゃなくよりシンプルにその土地の人間の温度を伝える番組。

いいんでないの。

ー大いに気取れ

うるうるとの決定的な違い、よりよい演出(やらせじゃないぞ)

そういうの求む





AD

「名誉回復」

-前置き

csiシリーズ、erシリーズ等々のようにスピード感溢れていていきつくのも忘れてしまうほど画面の中に吸い込まれてしまうアメリカのドラマ。

bsでよく放送されていますが私が思うにあれを地上波、深夜以外でやっちゃうと人気が出過ぎて日本の作品を視聴者が見限っちゃうと思うんですよね。だからしない、できない、、

予算などに決定的な差がありますからね。(俳優の質の違いは、もうあきらめましょう。,,,in japan)

スケールの大きさや完璧なカメラワーク、リアルな映像。

日本の二時間サスペンスドラマとは決定的に違うストーリー自体のクールさ。計算され尽くされていて隙が微塵もない。

クールさなんですよね。日本のドラマにはすきと無駄が有りすぎる気がするんです。有るんです。

まあ、有ってこそ成り立つドラマやそこが味のドラマもあるらしいですけど。


tはアメリカドラマをすべてまねろとは思いませんが、参考にすべき点は参考にすべきだと思うんです。

お金が無くたって頭の使いようでそういったドラマは作れると思うんですね。日本でも。

というわけで。


ー妄想

[dorama]

[サスペンス ?]

[60分]

名誉回復。それがテーマです。

ストーリーは架空のグループ<組織・機関>が過去の事件を検証し直すという物。

事件が起き、犯人探しが始まり、犯人と思われる者が逮捕される。

その後、裁判になってから容疑者がえん罪を訴えることがあるでしょ。

それを検証するグループです。

事件事態がかなり古い物でも、えん罪を訴えていた者がすでになくなられていたり、刑が執行されていても関係なし。

本当にその人が犯人だったのか。

警察、判決を出した裁判所に何のしがらみもない第三者の立場で徹底的に調べ上げてゆく。


検証の必要があるとされた膨大な事件の中から毎話一つずつ検証し結論を出していくんです。

結果、真実に行き着かない(犯人が分からない、えん罪かも分からない)場合も、

えん罪だと判断され早期再審決定への後押し、または名誉回復のための会見、行動がされる場合もあるわけで。



ー趣味?

あくまで「名誉回復」、事件の検証や事件の背景を明らかにするのが主、全て、です。

まあ、真実を突き詰めるっていうのが。

(そこには圧力や時代の流れとの戦いもあったりするんですが)

そこに、調査員の家族構成とか事情とか「無駄」を入れちゃいけないわけですよ。

ドラマがだれちゃいますから。

シンプルにね。

9:1のバランスをとるのが大事なんです。

ちらっとだけ、登場人物の過去(特定の「事件」とのからみ)をにおわす程度です。

スパイスなんです。その会話には明確な意味が含まれて居るんです。

わざとらしくない会話も計算され尽くされて居るんです。

基本的に登場人物の生活を掘り下げなる必要は無し。

キャラクターづくりは大切ですけど。

シリーズ化が当たり前にされるドラマをここ日本で、

日本の作品でみたいと思う今日この頃なのです。


ーおおいに気取れ

登場人物のキャラクター設定やいやこの方がおもしろいとか

そういうの募る

AD