昨年最後の朝食会の記事アップです。

場所は有楽町/日比谷、ザ・ペニンシュラ東京にて。

東京メトロ有楽町線有楽町駅

東京メトロ有楽町線有楽町駅のA7出口から地下直結ということなのですが、

地下直結と改札口から近いのは次元の違う問題


前々回に続き、今回も遅刻か...と思ったのですが参加者のドタキャンにより結局最後は一人になるという展開により遅刻を免れる。


自分が遅刻しそうになると何故か参加者も遅刻する。そうやって何度か窮地を脱する。

ひょっとして私には遅刻の神が憑いているのではないか。

ようやく着いたA7番出口からホテルへと向かう途中、思わず心の中で、

東京ホテル朝食日記

憑いてる

憑いてる

憑いてう


そう叫びつつ今年最後の朝食会場へと向かいます。



ペニンシュラの朝食は(ビュッフェ形式ではなく)コースメニューです。

和朝食か洋食か。あと卵料理を付けるかつけないかも選ぶことが可能です。


とりあえずオーソドックスに通常の洋食(ザ・ペニンシュラ ブレックファスト)を選ぶことに。

余談ですが外国人客は和朝食を結構選んでいるようでした。

ザ・ペニンシュラ ブレックファスト

パンは通常のパンの他、雑穀。全粒粉(ぜんりゅうふん)を選ぶことができます。

それとお代わり自由です。

デニッシュ

デニッシュが見えづらかったので、角度変えてもう一枚。

ジャム

ちなみにココではジャムはテーブルの上にあるものを使うことになります。

通常、テーブルの上にあるジャムを使う機会はあまり多くありません。

ビュッフェ形式ですとビュッフェ台にあるジャムを取ってきますし、またコースメニューの場合でもジャムを運ばれてくるケースがあるからです。


しかしココの場合、いずれのケースにも該当しないため、ジャムを使用する場合はテーブルの上にあるジャムを使用することになります。

バター

そしてバター。

有楽町 朝活

ザ・ペニンシュラ東京の皿。

銀色のラインは「P」をイメージしたラインでしょうか。

朝食

テーブルの上にパンとコーヒーとジュースが揃った状態。

カフェラテ

飲み物は「コーヒーにしますか?紅茶にしますか?」と聞かれるのですがそれ以外の飲み物も頼めます。

写真はカフェラテです。

モーニングコーヒー

角度を変えてもう一枚。

ビレロイ&ボッホ

メーカーは ビレロイ&ボッホ です。

ピーチジュース

桃のジュース。

ある意味これが「一番の標的目当て」といっても過言ではありません。

お代わりは自由です。こういった贅沢が出来るのもホテルならではです。


...写真の枚数が多くなってしまいました。続きは次回にて。
AD