好きもキライも

テーマ:

みなさんこんにちは!
ホテルでジョブ!のミホです。



前回、ディズニーについてちらっと話題にしましたが、
今日ちょうど人からディズニーランドのお土産をもらいまして、
すっかり季節がハロウィンからクリスマスに向けて変わりつつあるんだ、
と実感しました。




イベントごとで、なんとなく時の移ろいを感じてしまうのは、
大人の習性かもしれないですね、、



゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*゜・




さて、このディズニーランドのお土産というのは、
職場でもっともよくいただくおすそわけのひとつですが、
毎回だいたい同じ人からいただくものでもあるような気がします。



つまりは、ディズニーランドのリピーターの多さを物語っているわけですが、
ディズニーって、好きな人はほんとに、熱狂的なまでに大好きで、
身の回りがほとんどディズニーグッズで固められてる人もけっこういます。




一方で、人気者には必ずアンチがいて、、、
私の男友達で「彼女がディズニーランド行きたいって言い出したら別れる」なんて言ってたやつもいました。




まあ、どっちも個人の勝手だからいいのですが。。。



この前、仕事で関わった人と雑談をしてて、
たまたまひとりが持ってた、チップとデールのメモ帳から、その彼女が熱烈ディズニーファンだということで、ディズニーばなしで盛り上がったのですが、
ふいに「ミホさんは、ディズニーランドとか行きます?」と話を振られたとき、はた、と困りました。




ディズニーランドに行ったのは、およそ20年前の修学旅行と、10年前の学生時代の合わせて二度くらいで、
正直なところ、ディズニー好きかどうかなんて考えたこともなかった。。




世間的にはディズニーって、キラキラ夢の国で、全世界に膨大なファンがいて、とくに女の子の大好物で、デートの王道で、、云々
を踏まえると、「どうでもいい」なんてうっかり発言したら、何故かディズニーファンの夢までぶち壊してしまいそうで、気がとがめます。。




適当にその場はお茶を濁しましたが、
あとになってから、模範回答を思いついてしまったのです。




「うーん、タダ券をもらったら行きたいかなあ。。」




ディズニーチケットはビンゴの景品の定番でもありますしね。
どうでもいい、という投げやりな発言よりは、ファンの気分を害さないですみそうですし、
好きでもなく、かといって毛嫌いするでもない、そんなディズニーに対する距離感をうまく表せているんじゃないでしょうか。



うーんこのセリフ、その場で何故思いつかなかったのか。
悔しいからもう一回、誰か聞いてくれないかなあ「ディズニー好きですか?」
 

AD

HAPPY HALLOWEEN!

テーマ:

みなさんこんにちは!
ホテルでジョブ!のミホです。



日曜日に、商店街のハロウィンイベントで、
仮装姿のカワイイ子供たちをたくさん見かけ、
ほっこり気分で帰ってきました。




それで今年のハロウィン終了、、、と思いきや、
なんと本番は10月の最終日、つまり本日だったみたいで、、、



゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*゜・




仕事帰りのことですが、今度は大人の仮装行列を街で見かけました!



かなーりのハデハデ衣装で、
夜の闇にビカビカと浮かび上がっていた一団、、、
定番の魔女、カボチャのほか、
露出の激しいセクシーなドレス(寒そう!)、ミツバチ、メイドさん、などなど、
みんな思い思いの仮装で、楽しそうに街を闊歩しています。。




電車の中でも、猫耳カチューシャをつけた女の子や、
魔女のカクテルハットをした女の子がいて、
どんよりしがちな通勤電車の中で、華やかなオーラを振りまいていました。




あちこちで見かけた仮装のうち、
中でも多かったのが、白雪姫やアリス、スティッチやプーさんのかぶりものなど、
あの夢の国からそのまま抜けてきたかのようなスタイルの人たち。。
日本におけるハロウィンの伝道師は、どうやらディズニーと見て間違いなさそうです。




それにしても、去年まではこんなに、堂々とした仮装行列なんて見かけなかったような。。。




クリスマスが恋人とデートの日、バレンタインデーがチョコレートを贈り合う日になったように、
日本では、ハロウィンが「街中でコスプレしてもオッケーな日」になりつつあるようですね。



゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*゜・



すっかり乗り遅れてしまったみたいで、ちょっぴり悔しい私。
帰りにドンキホーテに寄って、来年の仮装ネタを探しちゃいました。
いやいや、まずその前にダイエットかなあ。。。

AD

また女子会

テーマ:

みなさんこんにちは!
ホテルでジョブ!のミホです。




ひさしぶりに女子会やりました!




。。。いや、女子会なんて名目ではなく、
結婚する友人のお祝い会です。毎度おなじみメンバーで、参加者全員女子という。。。



゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*゜・




もう、何度か女子会については当ブログで取り上げてますが、
女子会というコトバが出来る以前から、女子どうしの集まりってあったわけです。




ずっと同じメンバーで、10年来の集まりが私にもありますが、
どういうわけか、それを女子会と呼ぶのは、なんだか違和感があります。



「何をいまさら気取っちゃって(笑)」なんて気恥ずかしさもあるのかもしれないですねにひひ



なので、私にとって「女子会」とは、会社関係の女子コミュニティだったり、これから親しくなるかもしれない友人の友人どうしだったり、
さっぱりした間柄の人たちの会というイメージなんです。。




じゃあ、それらはつまらないのか?といえば、
これが全然そんなことなくて、幸運にも私は面白くない女子会に出たことがないんです!



たくさん飲み食いしても、気を遣わなくていいですし、
会社女子会なんか、身近な男性社員についてのかなりディープなネタで大盛り上がりしてます。




でも、楽しい女子会になるための条件もひとつあって、
それは、後腐れないこと!




私の出た女子会、思い出してみれば同じメンバーで2回めが開かれたこと、一度もないんです!
例えば会社なら、異動やなんかの都合で、すぐに新しいコミュニティができちゃうからなんですね。



実はそれが重要で、複数回、同じメンバーで固まってしまうと、会社での立場上の違いなどで、微妙なパワーバランスが生まれてしまって、
辛くなってしまう人が出てきやすいのです。



プライベートな集まりだったら、離れてしまえば済みますが、
会社じゃそうはいかないのがつらいところ。。。




なので結論、女子会はあんまりひっぱったり、執着したりすることなく、
楽しい印象のうちにさっと解散してしまうのがいちばんです。



゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*゜・



と、ここまで書いてて、
女子会ってその場限りの集まりなんだったら、合コンとあんまり変わらないんじゃ。。とも思えてきました。




最近は、昔からの仲良しと集まることが多くて、女子会にも合コンにもめっきり出てません。



それはそれで、幸せなことなんですが、
社会人としての社交スキルが衰えていかないか、若干心配でもありあせる





 

AD

おしゃれハットのこなし方

テーマ:

みなさんこんにちは!
ホテルでジョブ!のミホです。



ぶらぶらとショッピングをしていて、
ふと目に止まったピンクのカワイイニット帽。
ラメが入ってて、てっぺんにはくしゅくしゅしたお花が着いてます。




この帽子が合うコーディネートってどんなの??



゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*゜・



おしゃれ上手な人なら、ひとくせあるアイテムもすんなりこなせるんでしょうが、
並みのセンスだとどうしても、アイテムに食われてしまうようで。。。




学生時代、私の定番アイテムは、黒のカウボーイハットと赤のチューリップハットでした。



ハットが存在感抜群なため、
服がちょっとシンプルだとどうしても映えず、
負けないように、と、ベルボトムを履いてみたり、
かかとがごっついウエスタンブーツをはいてみたり、で、
次第に普段着なのにコスプレっぽくなってきて、
遠くからでも私だと分かるようになってきました。。




おしゃれな先輩が、やっぱりカウボーイハットを持っていたのですが、
彼女は古着の柄シャツに細身のジーンズですっきり決まっていて、
いったいなにが違うんだろう??と
いつもクビをかしげていました。。



同じ大学で、似たようなバイトもしてて、
一ヶ月のおしゃれ代も、たぶん同じくらいだったはず。
センスのある人ってうらやましいですかお



今は私、反動でシンプル一辺倒ですが、
たまに個性的な帽子などを街で見かけると、
コスプレ欲がかきたてられるのです。。




゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*゜・



あのピンクのフラワーハットだったら。。。
同じピンクのキャミソールに、白いレースのチュチュスカート、白いリボンの編み上げバレエシューズ、、、と、ベタベタなバレリーナスタイルがいいなラブラブ!




もちろん、街着にするのはいろいろ問題なので、さしあたりハロウィンパーティーの仮装でいかがかと。。。

プロポーズ大作戦!

テーマ:

みなさんこんにちは!
ホテルでジョブ!のミホです。



過ごしやすいこの季節は、
結婚式に人気のシーズンです。
業界では常識みたいですが、言われて見れば、という感じですね。。





゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*゜・



ところでみなさん、理想のプロポーズ、ってありますか???




最近は、ホテルの「プロポーズプラン」が盛況です。




お花にケーキ、シャンパングラスの底にエンゲージリング、などなど、、、サプライズ演出はホテルスタッフの得意分野です。。

ところでどのようなエンゲージリングを選ぶかは、男性には大勝負の一つです。 ちなみに最近では、
婚約指輪のサンプルリング無料レンタルといったサービスもあります。
けっして安くはない買い物ですので、購入前のサイズのチェックに便利です。




プロポーズだって、結婚式と同じように一生もののイベントです。
プランの相談も、真剣にのってくれます。



ここまでするか~という、凝りに凝ったプロポーズもあれば、
まーったく、プロポーズらしいプロポーズもないまま、
自然な流れで結婚に至るカップルもいます。



言葉はなくても、お互いの呼吸だけでぴったり流れに乗れるのって、
それはそれで素敵ですよね。



問題は、片方がイベント好きなのにもう片方が冷めてる、というような、
お互いが求めてるものが違うパターン。



せっかくの豪華演出なのに、反応が薄い。とか、逆に感動的なプロポーズを期待してたのに、してもらえなかった、とか。。




理想のプロポーズ、とは言っても、
自己満足は良くないということですね。
当たり前ですけど、相手の好みとか性格をよく見ることが、プロポーズ成功のカギです。




゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*゜・




最後に、さりげなく私の理想のプロポーズについてにひひ
吉田拓郎さんの結婚しようよみたいな、
ほのぼのした幸せな日常が垣間見える感じがイイです。



「二人で買った 緑のシャツも
僕の部屋のベランダに並べて干そう」
とか。。。