夏は暑くて、暑い方が体の調子はいいのですが、、室内に入るとものの10分で冷房にやられます。

冷房は本当に体に辛い。。

体の芯からゾクゾクするような寒気に襲われて、みるみる体調が悪化します。


外に出て炎天下の太陽の下にいくと、はーあったかい。。と思う。


でも、その時はすでに時遅しで、


体は冷え切っているのに、体温を測ると37.8度とかだったりします。


こうなるともう動けない。。

今日もその状態になってしまい午前中の用事でビルに入ったあと、急激に冷えてしまい、炎天下の太陽であったまってたんですが、フラフラで歩くのも辛くなってしまい、午後からの予定をキャンセル。


やっとの思いで家路につくも、37.3度の発熱。


最近微熱もおさまってきてたのに、また発熱😢


これも脱ステの影響なのかなあ。


一年のうち8割方微熱を出している日々だなあ。


きっと治るとポジティブに考えたいけど、さすがにこうも微熱の毎日だとそれが難しい。



はっきり言って辛い。


体温調節が出来ないのは、脱ステの自律神経失調からきているんでしょうか。。


医者に聞いても説明うまくできる医者いないだろうなあ。


脱ステは本当にわけのわからない症状がたくさん起きます。。


動けない自分が悔しくて情けない。


本当はもっと元気に動き回ってやりたいことだってたくさんある。


だけど微熱のせいで出来なくて諦めないといけないこともたくさんあった。



悔しいけど、それが今の自分の限界。


受け入れて、出来ること少しずつやっていくしかない。。


出来ないことあって仕方がない。
だって今は100パーセントの健康体じゃないから。。


体は必死に元に戻ろうとしてる。


今はじっと耐える時期なのかもしれない。。



{6E3BDB09-1EB4-4F13-8C80-26BE7404DEB1}






AD
こんにちは。

先日脱ステで超有名な全国から患者が訪れるという阪南中央病院に行ってきました。

実は訪れるのは今回2回目。

初診時は、10時30くらいに行ったら、すでに33人待ちで、見てもらうのになんと7時間待ちました( ̄□ ̄;)!!


でも、その時に、

佐藤先生に初めて診ていただいて

『肌にようけ水が溜まっとる。水分制限と、シャワーも1分や』


『食事も3食きちんととって、運動もする。ちゃんとそれを守れば、あなたの場合だったら1ヶ月あれば、だいぶ良くなるんちゃうか』


と、言われて1ヶ月という言葉にとても喜びを覚えたのです。


肌をじーっと見ただけで、水分が溜まっているのが分かるのか、ともビックリしました。


確かに、私の体は水はけが悪く、水分をとっても、あまり尿として排出されず、汗もかきにくく、水を飲めば飲むほど体がだるくなるのは体感していました。


それから1ヶ月、水分を1日1.2〜1.4リットルに抑えるという挑戦が始まったのです。


これが本当にキツイ。


梅雨でジメジメして、ただでさえ喉が乾くのに、1.2リットルなんて午前中であっという間に消費してしまう。。


運動も体が鉛のようにだるく、起き上がるのすら辛い日々でしたが、調子いい時は必ずウォーキング最低30分、だるくて辛い時でも週2は最低ウォーキングするように頑張りました。


水分制限は、出来たり出来なかったりしていました。。


そして今回2回目の診療。

佐藤先生は肌をじーっと見て、

『水分が溜まっとる。水分制限きちんと守ってないな?』


と一言。


ギクリとしました滝汗

水分制限だけは、本当にキツくて、正確に守れていない自覚があったから。


『家できちんとできんと寝込んでるんやったら入院したらどうや。
そんな肌の状態やったらしんどくて外にも出れんくて当たり前や。』


1ヶ月で良くなると言われていたのに、水分制限ができてなくて、なんだったら少し悪化すらしてしまっている私の肌。


入院をすすめられて、自分がどれだけ深刻に悪い状態なのか宣言されたようで、頭から金槌で殴られたような衝撃を受けました。


入院すれば、全て監視下のもと、食事、水分制限、運動などきちんとできるかもしれない。


でも、退院して日々の生活でまたそれが出来なければまた悪化する可能性がある。


佐藤先生の考え方は、水分制限や運動、食事といったこと以外基本的には何もしない。


自然治癒の力だけで脱ステを切り抜ける、そんな風に思えてしまって、少し疑問が湧きました。


だって、それじゃ社会生活まともに出来るまで時間がかかりすぎる。


入院は考えさせてくださいといい、病院を出ました。


出てから、号泣しました。


一体どれだけ時間がかかるのか。

誰にも分からない。


自分の脱ステは、一体今どのあたりなの?

1年たったけど、あとどれくらい踏ん張ればいいのか?


それは医師にも分からない。


泣いていると、病院に連れていってくれた友人が、

『あなたはえらいよ。自分だったら辛くてとっくにステロイド塗ってると思う。だけど、将来を見据えて今頑張ってステロイドから抜けようとしているのは、本当にえらいよ』


と言ってくれて、なんとか元気を取り戻しました。


そんな風に言ってくれる友人に感謝です。


{973BE8E5-1606-44A8-82D2-08960F36DC36}


2回目の診察は朝8時30には行きました。
それでも3時間待ちましたが。。

待っている間は近くの公園の前にある動物も連れて入れるカフェ、リアンに行くのが楽しみ。


ごはんも野菜たっぷりでとっても美味しいのです。

{F283E14D-8EF9-4CC6-96C5-A0053AC7B0B5}




{3CCF62EF-0B16-42ED-B481-4B35EE90F171}

{5AAC7EE4-6034-43C7-BA6D-C18B5873FC91}

{FF3F3430-07A5-4EA1-A33C-8B20994AB658}


ウサギ連れてきている主婦の方たちがいて、あまりの可愛さに写真撮らせてもらいましたニコニコ


脱ステの道のりって、本当に過酷だなあ。

何を試してもこれといって劇的な変化もなく、長期戦。

しかも、いつまでなのかは分からない。


周りにも脱ステで完治している人を見たことがない、、


それでも、やっぱりステロイドは使いたくない。


絶対治したい。

健康を取り戻したい。。



そう強く思いました。









AD
久しぶりの更新になってしまいました。

バリから帰国後、一週間も日本で過ごしていると、また毎日微熱があらわれ、その後肌も転がるように悪化してしまいました。


肌の見た目も辛いのですが、何より微熱が1番辛いのです。


寝ても覚めても体が鉛のように重い。


まるで大人4人がかりで上から押さえつけられているような感覚で、起き上がるのも着替えるのもとにかく辛い。


そんな状態では、外出すらままならず、また寝たきりになってしまってました。


睡眠も3時間がマックスで、それ以上は痒みで起きてしまいます。


夜中目覚めて掻き毟る。


3時間くらいかきむしって朝方やっと眠る。


でまた2時間後目覚めて掻き毟る。


友人の誘いもすべて断りました。


誰とも会いたくない。

というか、外に出れる状態ではない。


常に微熱で体がだる重く、24時間痒みがつきまとう。


いい加減メンタルも病んできてしまって、本当にまいってました。


ただ、水素水はあれからずっと続けていて、体感的にいいなと思ってます。


飲むと、体の炎症が抑えられる。
赤みがスッと引くんです。


全身紅皮症になってましたが、水素水のおかげで肌の赤みが引き、それだけでも見た目は幾分かマシです。


飲むのやめると、すぐまた真っ赤になるので、やはり効果はあるんだと思います。


とはいえ、それだけで治るわけではない。


食事だって毎回原材料見て買って、毎回食事のたびにこれ食べたら炎症が、、とかこれ食べたら痒くなるかな、、とか毎回毎回考えないといけないのも地味にストレス!!


梅雨時期は慢性疾患抱えている人には辛い季節ですし、低気圧の日は体のだるさはマックスに。


起きた瞬間からカーテン開けなくてもその日の天気がわかるほど。


晴れの日はだるさがマシになるので、がんばってウォーキングするように必死に努力してました。

最近は暑くなってきて梅雨も抜け体の調子は前よりマシに。


動けるうちにがんばって運動しないと。


相変わらず汗はベタベタしていて、しかも変な臭いがする。


ステロイドを塗っていて誰もアトピーと分からなかった時代は、汗はサラサラで臭いなんかなかった。

でも今は、体から悪いものが出ているんだろうか、何ともいえない変な臭い。


化学的な、、というのか、鉄臭いような
どこか生臭いような


とにかく変な臭いで、凹みます。


おしゃれも好きだしメイクも好きだし運動も好きだったけど、


もうそんな場合ではない。


銭湯にいって70歳のおばあちゃんの皮膚の方が断然きれいなのを目の当たりにした時は本気で泣いた。



シワシワの真っ赤っかの痒みでボロボロ。

内臓の動きも悪く、常に胃もたれ食欲不振。


でも頑張って食べないと肌も再生しないからがんばって食べるけど胃もたれ胃もたれ胃もたれ。



そんな腐った生活をしていて


気づいたこともある。



見た目で対応が変わる人がいる。


きちんとおしゃれしてメイクばっちりの時のわたしへ向けられる人の態度


脱ステでボロボロになったわたしへの態度


とくに男は面白いほど変わる。


でもね、それってきちんと中身を見てもらう人を見つけるチャンスかもって思えた。


逆を言うと、今までのわたしも周りの表面的なことしか見てなかった。


だから、同じように見た目や表面的なことでしか判断しないで寄ってくる人ばかりだったなって。


ちゃんと人の中身を見れる人になろう。


同時に、ボロボロのわたしにも、


今のあなたもあなただから大丈夫だよって


声をかけてくれる人がいて、、

そんな人たちを大切に大切にしていこうと思った。



今日は天気がいいから、たくさん歩こう。


10年蓄積してきたステロイドは、1年の脱ステごときじゃなかなか抜けない。


本当の意味で健康的になるには、あと数年はかかるだろう。


でも少しずつ少しずつ目の前のできることからやっていこう。




AD
この間ご紹介した伝説のヒーラーマイケルさんによる、レイキヒーリングでとても感動したわたし。
(記事詳細はこちら)


2日続けて受けることにしました。


実はこの日、昨日のレイキヒーリングから一転、朝から絶不調で、みぞおちと腸のあたりがキリキリ掴まれているかのように痛重く、マイケルの通訳さんと座って話すのもやっとというほどでした。


通訳さんに、『あなた、上着裏表逆になってるよ』

と指摘されてはじめて自分がホテルからここに来るまで上着を裏表反対に着てたことに気づきました。笑


でも、そんなそともどうでもいいくらい体がしんどかったんです。




今日は昨日と違い、私の脱ステで赤く炎症した肌を見たマイケルさんと通訳さんたちが、特別なメニューを用意してくれたようです。


{39EED993-EB05-4D46-9DC2-91BCB371FC5A}


サンダルウッドのパウダーとお湯を混ぜたものを、全身に塗っていきます。

このパウダーは、サヌールと、デンパサールのスパショップのみで買えるものだそう。




少し傷口に染みますが、耐えれないほどの痛さではなかったので、じっとこらえていると、5分くらいするとスッと痛みがなくなって、さらに痒みがなくなりました!!


このサンダルウッドパウダーは、体を冷やす作用があるそうで、炎症で熱を持った肌を鎮めてくれるそう。


15分くらいそのまま横になって、パウダーを乾かしていましたが、24時間痒みを感じているのが当たり前になっていたわたしにとって、まったくどこにも痒みがない15分は、本当に奇跡!!



痒みがない世界はこんなにも楽でリラックスできるんだなと実感しました。


でも、普通の人はそれが当たり前なんですよね。


たった15分だけだったけど、穏やかな時間が過ごせたことはわたしにとってどれだけ貴重だったことか、泣きそうになったほどです。



20分後、シャワーで体を流し


{6324F073-76E4-41FD-AF3F-DAA4DBA49089}



そして、あらかじめ温めておいてくださったお風呂にバリ島でとれるナチュラルな葉っぱ(どこの木かは聞いても日本にないのでよく分からなかったけど、マーケットで手に入るそう)を浮かべたスパタイム。


{D299CB0F-C4E5-4B75-A92E-A0CBB765F859}



こちらも体が染みることなく、ほんのり香る葉っぱの自然の香りに癒されつつ、ゆっくりお風呂に入りリラックスできました。

{3203C3B7-3E24-4A7D-9F15-BE4ADBE9FC44}


時々、インドネシア人のスタッフさんが、痛くない?とか大丈夫?と常に気を配ってくださるのが、とても優しい😃



ゆっくりお風呂につかったあとはまた60分のマイケルさんのレイキヒーリングを受けました。



今回は昨日みたいに号泣はしませんでしたが、なぜかヒーリング後半に勝手に顔が笑顔になる現象が。


とくに笑うつもりもないのに、勝手に顔がニコニコするんです。


そして、また気づけば60分のレイキヒーリングのはすが、またもや90分経っていました。


終わったあとは、嘘のようにあのみぞおちと腸のあたりの重くて息苦しい感じがスッとなくなり、背筋にピンと力が入り、目に力が入って、自分でも、元気になったと実感できるほど。


マイケルさんにも、『昨日感じてた鉛ののうなおなかにこびりついた何かは、少しましになったようだよ。
あと、肌の表面の裏側にも悪い気の流れが滞ってたんだけど、ヒーリングで少し剥がすことができたと思う』


とのこと。


自分でも、おなかの痛みはスッととれて、頭のてっぺんから足先まで何かエネルギーの流れが良くなった感じがしたので、マイケルさん本当すごいです。


そして。


わたしのアトピーを心配してくださった通訳さんが、特別に水素水を出してくださいました。


{1FAE3241-F2CF-4E79-8F19-16AAD69E524A}


こちらの携帯用ボトルに水を入れて、スイッチを押すと10分ほどで水素水が簡単に作れるんだそう。


通訳さんの私物で、わざわざわたしのために持ってきてくださったみたいです


通訳さんは、糖尿病を患っているそうですが、この水素水を飲み始めてから血糖値が下がったそう。


お味も、飲みやすいです。
というか、普通においしい!


水素水はちまたで賛否両論ありますが、浜崎あゆみさんが全身炎症を起こした時に水素水を飲んだら、それが治ったとインタビューで答えてたり
   

とにかくその活性酸素除去力には、わたしも前からとても興味がありました。




いいなー!この携帯用の水素水生成器前から興味あったんですよねー!
こういうの欲しいなあーーー!


と絶賛していると


通訳さん『そんなに喜んでくれるなんて、持って帰る?』


えええっ?!



話を聞くと、こちらはマレーシアの会社のもので、通訳さんもマレーシアに行った時に友人からもらったそうな。


定価を調べてみると、5万円ほどするびっくり


『い、いいんですか?!?!』


というと


『わたしは家にもう一個あるからね』


といい、さすがに無料は悪いので


とはいえ1万円で譲っていただきました!!


めっちゃ嬉しいーーーー



その後、通訳さんと通訳さんのお子さんと、クタのショッピングセンターに一緒に行ったり、本当にここのサロンの方たちには、とっても優しくしていただき、心身ともに癒されました。


水素水なんですが、この日からガンガン飲んでたら、すぐに効果が。


まず、飲みやすくサラサラしているので、飲む量が単純に増えたからか、トイレの回数が増えました。あきらかに。


そして、1番びっくりしたのは、脱ステで赤く腫れ上がった肌が、肌色に戻り、炎症が抑えられているんです。


いや、これには本当びっくり。


痒みはまだまだありますが、単純に肌色が赤みがなくなるだけで、見た目もずいぶんマシに見えるので、とっても嬉しい効果!



飲み続けるのが楽しみになりました!!


水素水、賛否両論ありますが、わたしはアリだと思いました。


また何か新たな効果を感じたらレポしますね(*˘︶˘*).。.:*♡ 



では












美肌にいい朝ごはん❤️

テーマ:


バリにいる間のほぼ毎日の朝ごはんは。。

v(^-^)vキラキラ


{47E285D6-2588-4CF1-88F3-606381736E61}


スムージーボウル

こちらはグリーンスムージーボウルをオーダーしました。

バナナとほうれん草でベースのスムージーをボウルに入れ、あとはカラフルなフルーツをトッピングして完成🍎😊✨

ドラゴンフルーツのショッキングピンクカラーがとっても綺麗ですね。


{15530708-3592-425E-91B2-F72C930905B1}


こちらは、ラズベリーやストロベリーのフルーツに、さらに右のストロベリースムージーをかけていただきます。


とっってもヘルシーで美味しいっっ

{CE7BF66C-E62A-4CC2-9AE6-25D9F0809B22}


こちらはベジタブルフルーツサラダ。

野菜と果物のサラダって合うのかな?と思いましたが、フルーツのほんのり柔らかい甘みと、野菜のシャキッとしたフレッシュな食感がとってもマッチして、ビックリ!


そこに少しオリーブオイルと海塩のドレッシングが、ほんのり塩気を足してくれて、幸せな味がします♥︎


{1A286E0B-384D-4F3E-9077-294552945F81}


ドラゴンフルーツの色って何でこんなに可愛いんだろう。。

見てても食べても幸せな気分にさせてくれますね。


朝ごはんをフルーツで始めると、体調がとてもいいです。


フルーツは消化がとても早く、胃腸に負担がかからないので、体にもとても優しいですね。


バリではいたるカフェでこのスムージーボウルが食べれるので、とっても嬉しい😊


日本でも、このクオリティのメニュー、普通の、カフェで見れたらいいのになあ。


でも日本はフルーツが高いから難しいかもしれませんが。。


ではっ😊🍉☀