福岡市主催の動物愛護シンポジウム

-猫問題解決のためのモデルケースとして荒戸2丁目地区を考える-
についてお知らせします。

申込み不要&参加費無料です。
ご都合のつく方、ご関心のある方はどうぞお誘い合わせの上、奮ってご参加下さい!

===================================
わんにゃんよかネットのお知らせはコチラ↓
http://wannyan.city.fukuoka.lg.jp/new/new.asp?t_id=169
チラシのPDFデータ入手はコチラ↓
http://wannyan.city.fukuoka.lg.jp/kanri/Images/20130118030729.pdf
===================================

【日 時】平成25年2月10日(日)14時~16時30分(13時30分開場)
【会 場】福岡市健康づくりセンターあいれふ10階 講堂(福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号)
【参加費】無料
【申込み】不要
【定 員】120名(先着順)
【内 容】

 

○コーディネーター
 ・佐々木 浩 筑紫女学園大学 短期大学部 教授
(報告)
 (1)福岡市における猫問題の現状
 (2)地域猫モデル地区(荒戸2丁目)の取り組み概要
(パネルディスカッション)
 ○パネリスト
 ・鍬田 一穂 NPO法人地元再生機構理事長 荒戸2丁目1区町内会長
 ・城戸 雅雄 城戸ペット病院院長(モデル地区における開業獣医師)
 ・平田 一芳 大濠・西公園管理事務所所長(モデル地区に隣接する公園管理者)
 ・椿本 聡  福岡市保健福祉局生活衛生部生活衛生課 動物愛護管理係長

AD