震災から1年半が経ち、各被災地における被災犬達は、未だ各地のシェルター又は保健所に抑留されています。そして、保健所に抑留されている被災犬達は国から殺処分してはいけないという通達があったのにも関わらず、殺処分の対象になっているのです。 各地における被災犬の状況は悪化しています。そして、現地にてレスキューされた犬達の最終的な保護場所に混迷しております。


国際セラピードッグ協会では、被災地における被災犬を救助し、第二の犬生としてセラピードッグに育成し、社会福祉の現場で活躍できるよう、日本被災犬終身保護センターの設立を目指し、皆様からのご寄付を募っています。ご支援、ご協力を宜しくお願い申し上げます


国際セラピードッグ協会 活動報告ブログ  http://itda.exblog.jp/


FACEBOOK http://www.facebook.com/itda.org?sk=app_258045074218696


HP http://www.therapydog-a.org/index.html



HOTDOGのブログ

殺処分直前のところをレスキューされる「福」



HOTDOGのブログ

保護直後。震災後、山の中で生まれ育ち野生化した。保健所による捕獲後は、ゲージに4ヶ月間入ったままだったため、骨格が変形し栄養失調のため歩行ができない状態に。



HOTDOGのブログ  保護7ヶ月後の「福」



HOTDOGのブログ



福島県相馬市の高齢者仮設住宅で被災犬だった「きずな」と「日の丸」が里帰りをし、セラピー活動を行う。



HOTDOGのブログ

被災犬のトレーニング( 前から、日の丸、福、金次 )



HOTDOGのブログ

被災犬の救助活動。( 左から、きずな、福、幸、日の丸 )



HOTDOGのブログ

原発20km圏内ゲート前にて。(福島県川内村) 救助した被災犬と共に。


AD