ホットケーキ先生談話室(旧ホットケーキ☆純喫茶りみっくす)

ホットケーキ&純喫茶レポばっかし食べブログ
ブログ活動は2014年末をもって引退しております


テーマ:

大田文化の森


純喫茶好きならば大田区の公共施設であるこの名前はよーく覚えておいてくれたまえよメモ

この大田文化の森をぐるっと1周するだけでなんと4軒もの喫茶店が営業しているのだから!(ノ゚ο゚)ノ


もはや大田純喫茶の森といってもいいんじゃなかろうか。

もちろん全部は行けませんので、今回は一応川崎のグリーン の続きということで、



今度こそ、今度こそはグリーンにワンオンナイスショットしてみせますビックリマーク


evergreenとは英和辞書ひくと比喩的な意味で「不朽の名作」なんて意味もあります。

ぜひともホットケーキ先生に送りたい言葉だと思わんかね。


目の前にあった大田区役所は1998年に蒲田に移転してしまいましたが、

ホットケーキ先生は不朽の名作として今もここに生き続けています、コーヒーショップ「EVER GREEN」です。



でもせっかく不朽な純喫茶でありながら肝心の看板が不朽で無いのはいただけません叫び

ましてや欠けてる「H」はホットケーキ先生の頭文字なんですからビックリマーク



 

昔からあるコーヒーショップのわりには何気にきれいな方かな。

先述の4軒の喫茶店の中ではコチラが雰囲気的に一番入りやすいかと。



わりと綺麗めなコーヒーショップとはいえ、シュガーポットなんか見てるとやはり古株なのかと。

少なくとも大田区役所がこの地にあった頃は区役所職員で賑わっていたことでしょう。


今は区役所職員も移転してしまって当時よりは寂しくなってはいるかと思いますが、

ホットケーキ先生は今も手焼きフライパンで大田文化の森利用客をもてなしてくださっているのです。

かちゃかちゃかき混ぜる音と「牛乳しまって~」の声が手焼き先生と確信させてくれましたともアップ



カラフルなお皿の柄と網々模様なホットケーキ先生の美肌と合わさって向日葵のようで眩しすぎる!キラキラ


直径13cmホットケーキ先生にはグリーンに咲く一輪の花どころか向日葵で元気いっぱい

埋め尽くしてしまうかのような力強ささえ感じられます。

区役所移転ぐらいで腑抜けになってしまうようなヤワな方じゃないんです。



左右に立派な羽根がついておりますが、見た目ほどサクサク香ばし感はなかったかな。

羽根にシロップ染み込ませると美味いんだけど、あれはサクサク硬い羽根じゃないとダメみたい。



 

前回のグリーンホットケーキ先生と似たタイプの生地かな。みっちりふかふか粉感もまずまずで甘さも控えめ。

グリーン先生には無かった確かな香ばしさが備わってはいるんですが、焼色にムラがありましてね。

すごく香ばしいところとそうでないところの差が激しいです。


それとごく小さなレタスの切れはしのようなものが2切れほどホットケーキ先生に含まれておりました。

なぜにレタス…いったいどういう調理環境で焼いているんだろうかはてなマーク



香ばしいところは美味しかったので、後は焼き色が安定すればなあというところ。

グリーンにワンオンナイスショットではあったけど、グリーンの高低差にやられて結局グリーンの外に

流されちゃいました、みたいな惜しいホットケーキ先生かと。



ちなみに店名の読み方は「エバグリーン」だそうで。

あのカップの中に入っている生物が何者なのかが気になるな。ホットケーキ先生狙ってるならやらんぞ!パンチ!


☆★☆EVER GREEN☆★☆
住所 大田区中央2-9-15

営業時間 10:00~19:00日祝休 モーニングは11:00まで

メニュー  大森は村岡花子氏が約50年もの間過ごした町だそうです。


 

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。