ホットケーキ先生談話室(旧ホットケーキ☆純喫茶りみっくす)

ホットケーキ&純喫茶レポばっかし食べブログ

今まで行ったホットケーキのお店一覧はブログテーマの"もくじ"

確認できますので、そちらへどうぞ

ホットケーキ&純喫茶情報募集中!→メールフォーム 設置しました


テーマ:

ホットケーキ先生の焼色はコンガリワイルドに、そしてトッピングなどに頼らないナチュラルなお姿こそ

芸術品のような力強い美しさが解き放たれるのである。

しからばこのWild natureという言葉は理想の先生像を表す最高の言葉ではあるまいかはてなマーク



日本大学芸術学部の目の前にあるだけにホットケーキ先生の内に秘めたる

アートの心を感じているのかもしれんね。


都会の人たちをアウトドアの世界へ誘おうというコンセプトの山小屋風カフェだそうで、

2階ではアウトドア関連のイベントもやってるみたい、「Wild Nature」(以下WN)です。



イステーブル等々、やはりアウトドアショップで見かけるようなものばかり。

あの動物ペーパークラフト懐かしいな。中学の文化祭の出し物で作ったなあ。

ちなみに水は写真右端あたりにあるタンクからセルフ。



アウトドアだからコーヒーもおされなカップとかで出てきませんよ。

そういうコンセプトだから仕方ないけど、あまり美味そうに見えんなあ叫び



全然Natureでない下2つのホットケーキ先生はインドアで激甘女子と遊んでいただくとして、

プレーンPC先生をアウトドアにお誘いしてよりWNになっていただかなければ!!


プレーンホットケーキ先生だけ写真が無いのはそのワイルドさが写真では伝わり切らないからでしょう。

20分ぐらいは待ったけど、ワイルドな先生ならばそれが自然なことさ。

さあ、とことんワイルドに、とことん自然を突き詰めたプレーンPCをご覧あれ!ドンッ



あれれ?ウエストお嬢様!?


いや落ち着け!ここはアウトドアフィールド、しかもこれまで数々のサプライズを演じてきたホットケーキ先生、

何が起きても不思議じゃないぞ。


15年ぐらい前に「Wild Wild West」という映画がありましたけど

これもしかしてWild Wildと突き詰めるとWestホットケーキ先生になっちゃいましたって意味だったのか!(ノ゚ο゚)ノ



キワもウエストお嬢様そっくりのお姿ではありますが、直径18cmはWN路線の賜物でしょう。

ウエストお嬢様もかつてはワルだったのかなあ、お嬢様ホットケーキ先生を目指すには避けられぬ道なのか!?

トッピングなんぞに頼ってちゃいつまでもウエストお嬢様に近づけないんだぞ!パンチ!



 

でもこのままじゃ実はウエストお嬢様は漢気溢れるワイルドな御方だったんだビックリマークと誤解されてしまうな。

いえいえ、中身を比べればやはり育ちの違いというものが出てきてしまうのですよ。


食感は非常に軽くてキワは表面がカリッと、そして中身はほろりと崩れるような感じ。

たまごの甘さをきかせたシンプルな味わい。


ただほろほろ崩れる生地なのでちょっと乾きが気になるところはあるかな。

これだけワイルドな大きさだとアイスやシロップが無いと厳しいかも。

この辺がウエストお嬢様との違いってやつですよ。



自然のままワイルドに燃え過ぎちゃって燃え尽き症候群にかかっちゃったのかもしれないなあ叫び

女子好みなアウトドアカフェだから、TPOに合わせてもう少しWN路線は控えていただくべきか。


あー、なんか激甘PCホットケーキ先生が勝ち誇ったかのような目でこっち見てるよ(つД`)

風味は悪くないしプレーン先生だってアイスとクリームがあるんだから、

まずは自然のままのプレーンPC先生とアウトドアを過ごしていただきたい。


☆★☆Wild Nature☆★☆

住所 練馬区小竹町1-36-1

営業時間 11:00~19:00火・水曜休

メニュー スペシャルメニューは日曜限定だそうで

 


この後、8月で閉店するという椎名町のアルビヨン へ。

純喫茶美人も健在で何よりでしたが、美人がタバコ吸ってるとこ見ちゃってさ叫び


嫌煙家の純喫茶にぃとしてはタバコ女子は勘弁していただきたい。

純喫茶にぃの妄想劇場はタバコの煙のごとく霧消して潰えたのであった…(つД`)


いいね!した人  |  コメント(10)
PR

テーマ:

注意 この記事はビートルズを聞きながら書いたので、paperback writerな気分に浸ってます。

少々読みにくく感じる方もいるかもしれませんがご了承ください。


軽井沢と言えばジョンレノンがオノヨーコの別荘があった関係で避暑地として何度も訪れた街。

そのたびに彼が足を運んだ有名な喫茶店にもホットケーキ先生がいらっしゃいます。


カフェ・ル・プティ・ニ から The long and winding roadをひたすら歩いて40分くらい、

こんなnorwegian woodみたいなところに本当に喫茶店あるの?というところに「離山房」はあります。



ジョンレノンと離山房との関係はこんな感じ。さすがにホットケーキ先生とお会いしたかどうかはわからんかあせる



ここがジョンレノンの指定席だったあずまや。

店からすぐそこなんですが、木々が茂っててうまいこと客席から見えない場所にあります。



結構歩いてきて暑かったので店内は避けて外の席で。

軽井沢は思った以上に涼しいわけで、ホットケーキ先生が冷めるのも早いということは思いもつかず(つД`)

ただでさえ熱しやすく冷めやすい先生はCan't buy me loveなのになんと非礼を犯してしまったんだ叫び



ホットケーキ先生は決まりとして、ドリンクはBlueberry fields foreverビックリマーク

ブルーベリージュースにしよう。しっかしどれも高いなあ、財布もHelp!だぜまったく。



まずは離山房特製のブルーベリージュース。

もっと酸味がきいてるのかと思ったら意外と甘かったので、蜂蜜か何か入れているのかな。

ちなみにホットケーキ先生にもブルーベリーが付いてくるのであえて飲む必要はないかも。


そしてこの後まだ5分ぐらいしか経ってないのにホットケーキ先生がbeep beep yeah!

とか言いながら車で颯爽と登場しちゃったぞ!?



あのときのホットケーキ先生get back!純喫茶にぃの知ってる離山房先生と別人じゃないですか!!

かつての離山房先生はもっと大きくてキワも手焼き感溢れる凹凸があったのにこれは一体…叫び


前のホットケーキ先生はどこへ行かれてしまったのか?

She's got a ticket to rideで遠くへ行ってしまったのか?



こういうシュッとしたホットケーキ先生が5分足らずで登場というのは先生が一瞬にして温かくなるという

magical mystery tourチン帰りの先生ではと疑ってしまいます。

実際全く香ばしさが伝わってこないし、とにかく風味が弱くてダウン


どうやら増税時にリニューアルしてこのようなお姿になってしまったようです。

これだからTaxmanは嫌いだぜ。



 

みっちりもっちりで粉感もいまいち弱いし風味が弱いからすぐ飽きるなあ。

唯一ブルーベリーだけは店自慢?なだけあって美味しかったけどね。

酸味もそれほど強くないし絶妙な粒々感もあってホットケーキ先生とよく合う心の友でしたグッド!



ホットケーキ先生とはeight days a weekな関係の純喫茶にぃも

離山房先生にlove me doって言われてもhello goodbyeだなあ。


なんで変わってしまったのか、先生はlet it beであるべきなのに。

せっかく朝早く軽井沢まで来たのにa hard day's morningになってしまったよ。


でもまあ木々に囲まれてマイナスイオン出まくりI feel fineな環境なので、

軽井沢に来たぞ!ってな気分には存分に浸れるかと。

☆★☆離山房☆★☆

住所 長野県北佐久郡軽井沢町長倉820-96

営業時間 9:00~18:00木曜休

メニュー 文中のメニュー写真参照



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


以下おまけ。


say,say,say what you want? かき氷が食べたいビックリマーク

というわけで、軽井沢に本店がある「ちもと」で天然氷のかき氷を食べてきました。


最近かき氷もブームらしいから混んでたら嫌だなと警戒してましたが、

軽井沢はまだまだ20度前後の涼しさで余裕で入店できました。



甘味処ですからやはりここは王道の宇治抹茶でしょう。

なるべく氷の食感をシンプルに味わいたいので。


綿のようにふわふわしっとりで本当に食べやすいかき氷、全然氷だけでもいけそうなぐらい。

でも都立大のちもとみたいに並んでまで食べるほどでもないかな。



これ以外の氷メニューはこんな感じ。

いちごとかは普通のシロップっぽいからやはり宇治が無難ではないかと。



いいね!した人  |  コメント(6)
PR

テーマ:

朝一番の新幹線に飛び乗って軽井沢で銅板ホットケーキ先生とモーニングなんて超贅沢だと思わないかいはてなマーク

でも毎日朝5時起きの純喫茶にぃにとっては造作もないこと(^^ゞ

遅起き先生が多い中、貴重な超朝型先生となればむしろこちらからお迎えに上がらねばいかん。


今年に入ってから全く新規の県を開拓していないことがわかり、

全国制覇を目指す純喫茶にぃとしてはこれではいかん!と思い、

とりあえず一番近くて涼しそうな長野の軽井沢に遠征を敢行してきましたDASH!



かねてからオススメをいただいている軽井沢のホットケーキ先生が課題となっていたし、

ましてや朝から銅板で焼いてくださるとなれば朝イチで伺わないとね。


かつては目黒で25年ほど営業していたそうなんですが、

5年ぐらい前に軽井沢に移住したそうで、「カフェ・ル・プティ・ニ」です。



木々に囲まれたコテージ調の家がなんとも軽井沢っぽい。

駅から離れているし時間もまだ8時、まあすんなり入れるだろうと思ったら…ビックリマーク



なんと店内は満席で5人待ちという状況!(ノ゚ο゚)ノ おかげでこんな店内写真しかありませぬ…叫び

早朝からホットケーキ先生引っ張りだこだなんて、もしや純喫茶にぃをさらに超えた前日入りして

先生を待っていたツワモノがいたのでは!?

先生に「遅い!」とお叱り受けてしまうとは純喫茶にぃ何たる不覚かと(つД`)



でもやっぱりホットケーキ先生は優しい、カウンター席に座れたおかげでで銅板ホットケーキ先生の焼きっぷりを

マジマジとみられる位置を確保できたんですから(ノ´▽`)ノ


生地を流し込んでぷつぷつと気泡が出てきたところで裏返し、

徐々に膨らんでいくお姿はいつ見ても絵になるなあアップ

裏返したらすぐ火を落としていたので、終盤は余熱で焼けてしまうわけかフライパン



そしてホットケーキ先生はチャリンコに乗って颯爽と登場!!

そうだよなあ、軽井沢といえばチャリだよな。歩道の脇に自転車道もちゃんと整備されてるぐらいだから。

先生を車輪にして朝の軽井沢を華麗にサイクリングしたいものです(^^ゞ


ちなみに季節によってはホットケーキ先生ご自身がクマになったり雪だるまになったり

コスプレ好きの先生みたいです。



ル・プ・ティニホットケーキ先生はキワが特に素晴らしいですグッド!

見た目も粉好きなあの方が愛してくれそうな形ですが、絶妙に軽いカリッと感がたまらんのですよ。

これだけ焼き加減が絶妙なのも銅板先生ならではなんですかね。



 
生地はやや喉につまりそうな乾き系ではありましたが、

粉感がこれまた強すぎない弱すぎない程よい甘さで、バターだけでいただきたくなるホットケーキ先生です。


シロップやプリザーブ(この日はりんごかな?)を添えれば乾きは気にならなくなるけど、

なるべく粉感とバターだけで味わいたいところ。

特にプリザーブは酸味がきつすぎてホットケーキ先生の風味を損なってしまうかとダウン



なんで早朝からあんなに客が来るのか激しく納得な銅板ホットケーキ先生でしたひらめき電球

きっと他のサンドヰッチ、厚焼きトーストに要予約のフレンチトーストも美味しいんだろうな。


ホテルの朝食もいいけど、せっかく軽井沢まで来たなら霧も晴れぬ早朝の軽井沢で

軽井沢イチ美人な銅板ホットケーキ先生と密会独り占め贅沢モーニングはいかがかね?

☆★☆カフェ・ル・プティ・ニ☆★☆

住所 長野県北佐久郡軽井沢町大字発地1398-457

営業時間 8:00~17:00木・金曜休 注意時期によって7時オープンとなる日もあります

メニュー その他のメニューはお店のHP参照してください http://cafe-lepetitnid.jp/menu/index.html

いいね!した人  |  コメント(8)
PR

[PR]気になるキーワード