ホットケーキ先生談話室(旧ホットケーキ☆純喫茶りみっくす)

ホットケーキ&純喫茶レポばっかし食べブログ

今まで行ったホットケーキのお店一覧はブログテーマの"もくじ"

確認できますので、そちらへどうぞ

ホットケーキ&純喫茶情報募集中!→メールフォーム 設置しました


テーマ:

この日は純喫茶女子たちと純喫茶でみちみち語り尽くして廃人まっしぐらな集い!( ´ ▽ ` )

先生を囲う集い6-2 でお約束した「じゅんじゅんの集い」をよりパワーアップさせての実現となりました。

今回はみちみちさん 、くりさんにエムケイさん も加えて、より重厚な布陣で臨みます。



じゅんじゅんの前にみちみちさんがプリンが食べたいと熱望していたアザミから。

今のところモーニン営業は再開しておりませんが、朝の時間帯ウエイトレス急募!の求人あり。

人が集まれば再開すると思われますので、興味のある女子はぜひ応募をビックリマーク



開店時間直後に伺ったためもちろん1番乗り。

しかしあっという間に満席になるという超絶人気っぷり。ランチ狙いだと12時じゃまず手遅れ(((゜д゜;)))

一応予約もできるようです。「予約席」の木札が置いてあったので。


プリンに気を取られて「アザミは何食べてもおいしい」というくりさんのススメを忘れることなかれパー

ランチタイムなので、まずランチをこなして食後にプリンという流れに。

エムケイさんとくりさんがロールキャベッチ、みちみちさんが豚バラ軟骨のボルドレーズで、

純喫茶にぃがハンバーグ。


ソースものにはパンがデフォルトで付くようなので、基本ライス選択でよさそう。

デフォのパンは生で、ライスとの選択で選ぶパンはトーストしてあるという芸の細かさもまた

喫茶離れしてるよなあ(ノ゚ο゚)ノ



メニューにちょっと大きめな肉団子のようなもの、と書かれてましたが、確かにそんな程度の大きさ。

メインはそんなに量多くないから食後にプリンでもいける、というエムケイさんの言葉にも納得ひらめき電球



でも中身までは肉団子みたいなどと謙遜召されるな、と言いたいですねアップ

もちろんビーフ100%だけに噛みしめるほどに感じる肉のうまみがたまらんねグッド!

このトマトベースのソースも濃すぎず薄すぎず、うまいこと肉を邪魔せず引き立てる感じ。


さて、おいしいメインディッシュに全員舌鼓を打ったところで、プリンならまだ入ると全員見解一致。

女子3人は前回純喫茶にぃが食べたのと同じかぼちゃプリンカスタードプリンを注文。


しかしネタ大好き純喫茶にぃとしては今回もそれでいいのかはてなマーク

人間何事も挑戦しなければ成長なし!アザミフロンティアを開拓してやろうじゃないかドンッ

そんな漢気にプリンも応えてくれたようで、



見えるか、プリンから解き放たれしこの黄金色の輝きが!

アザミのプリンを食べると大抵の方が幸せにみち足りると思いますが、

プリンにみちみちたその幸せを解き放って分かりやすく具現化したのがこれ、ではないかと。


先生よりも小さな身体でここまで感情を爆発させることができるとはさすがはアザミプリンではあるな。

でもホットケーキ先生は焼色一つで全てを語ることができる方、まだまだ若いモンには負けんよ。



フランカーメルというプリンでして、通常のプリンをモンブランでデコったものなんですが、

他のプリンと比べてもそのアーティスティックな姿は一目瞭然!(ノ゚ο゚)ノ


華麗なる舞で魅せる飴細工に隣席のマダム達もトークを中断して完全に見惚れていたぞ。

無限に湧き出るマダムトークをせき止めてしまうとは恐るべしフランカーメルビックリマーク



しかしいつまでも見惚れている暇はない、どーやって食べるのこれはてなマーク

なぜかフォークが1つだけサーブされたんですが、飴をひっかけるためという女子たちの意見を採用。


一気に漢らしくおりゃ!!とフォークで掬い取りたかったのですが、パリパリ折れてあえなく失敗(つД`)

まだまだ漢気が足りんようだダウン



肝心のプリンはというと、元は前回食べた のと同じですからね。

まあalwaysかぼちゃ!かぼちゃ!なかぼちゃプリンよりは食べやすかったかな。

甘甘攻撃の中でも洋酒漬けの栗で一呼吸おけるのもよかったしね。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



続きまして、本集いのタイトルを飾っております喫茶「じゅんじゅん」。

中野ブロードウェイの裏手にあります。



コーヒーの湯気とffを兼ねている、というのは非常にセンスがあるなあ、と以前から気になってまして。



ビルの2階なんですがライバルはsubwayか、って向こうは全く気にしてないでしょうし、

メニュー見てもほとんど被らんかあせる



喫茶にしては珍しくお冷のコップがカラフル。

別に女子だからピンクとか決まってるわけではなさそうです。


店内は猫関係の雑貨や絵画があちこちに飾ってあって、実はご主人猫好きはてなマーク

外観ではそんなの想像つかなかったね。



メニューがすべて手書き、しかも達筆すぎて我々凡人には理解できない文字も。

「ブルゥマンティン」(正;ブルーマウンテン?)、「スープ何」(正;スープ付?)等々。


いちいちご主人スープ何?って聞かにゃあかんのか…汗

さっきの猫とかffといい、達人の芸術センスには目を見張るものがありました。


やはり喫茶は外観だけ判断しちゃいかんね、という好例でした。

純喫茶にぃもイスの脚でも判断できる達人になりたいものです。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

で、最後の3軒目で語りつくして仲良く廃人になってもらうスケジュールだったんですが、

最後の最後でまさかの平手打ち!叫びツタンカーメンの呪いじゃ!!


というわけで、代わりとして浜田山駅前の喫茶「珈林」にて。

奥のカップだけ並んでいるのは喫茶で白黒コントラストは珍しいという理由で撮影ネタになったため。



これだけガッツリ純喫茶を周っているメンバーが4人そろう場なんて滅多にないからね。

各自どういうスタンスで純喫茶に当たっているのか、頷けるところが多かったです。

ブロガー心理というものにも触れることができて、大変有意義な集いでありました。


当面の課題としては、

①朝ビーンズ、②5人集めてあみだを引こう、ですかね。



最後にエムケイさんからのいただきもの。何も言わずとも渡すだけで気持ちが伝わってきますね。

おいしくいただきました、ありがとうございます。


各自遠征が控えているみたいなので、またそのお話を聞かせていただければと思います。

みちみちさん、エムケイさん、くりさん、お付き合いいただきありがとうございました。



AD
いいね!した人  |  コメント(8)

テーマ:

前回の純喫茶エトワルは十分に予習して以前から行きたいと思っていた純喫茶なので、

その期待に見事応えてくれた純喫茶でしたグッド!


で、今回の純喫茶はほぼ予備知識なしで伺って期待以上の成果をあげてくれたという意味で、

本遠征№1サプライズ純喫茶だと思ってますアップ


この外観にしびれない純喫茶好きはこの世にいないんじゃないかはてなマーク

1階のスミスハイヤーの方が目立ってますが、同社は創業大正13年で大先輩だから仕方ないあせる

湯田温泉街真っ只中のおいしい場所に構えて45年!「純喫茶ぼなーる」です



テントには喫茶ぼなーるだけど、やはりこの看板の店名を採用させていただきたい合格

ぼなーる」の傾き加減がまた積年の緩みがあっていいね。



しかし純喫茶は営業時間がわりとテキトーなのが痛いところでしてね。

10時開店ということなので10時15分頃行ったらシャッター閉まってるし!(つД`)


これほどの極上純喫茶を置いて帰京できようか!ドンッ

諦めきれずに辺りを一回りしてから戻ってきたらこのように開店しておりましたチョキ

こういう気まぐれもあるので、10時半ぐらいに伺うのが無難ですね。



階段を上がれば、純喫茶好きなら踊り場付近の花瓶アートに小躍りしてしまうかもしれませんアップ

でも今回ばかりは左下の写真に目が釘づけになっていただきたいのです目



派手なパフェやあんみつに目がハートになってしまった女子はもう東京帰っていいぞパンチ!

むしろあのPCホットケーキ先生にくるまれたいですビックリマークぐらい言ってもらわんといかんな。


あの香ばしく神々しい焼き色は手焼きフライパンでなければ実現不可能なはず!!

純喫茶○○で手焼きホットケーキ先生なんて都心でも数えるほどしかいらっしゃらないからなあ。

もう温泉なんかつかってる暇なんかないぜ!!DASH! 湯田温泉駅の足湯で我慢せいパー



ドアを開けたらもう外観をはるかに超えた純喫茶空間が広がっていたわけですよ(ノ゚ο゚)ノ

ステンドグラスなんてのは序の口でしてね。



まさかの山口の温泉街で2014年宇宙の旅!? ここは月か、火星か?


天井がこれほどまでに全面スペイシーな純喫茶は初めてだなあ。

あの突起部分は照明と思われますが、この時は機能していませんでした。



しかも大ハコだから余計にスペイシーに感じるわけです。

なぜここだけ紐のようなものが垂れ下がっているのだろう、お手洗い付近だからはてなマーク




これはジュークボックス。残念ながら今は使っていないようです。

ジュークボックスの全盛期は1960~70年代辺りなので、

開業当初から置いてあってもおかしくないですね。



テントが間近に見られる窓際席に着席。窓が開けっ放しで大変エコではありますが虫侵入注意。

道路挟んで向かいがホテルなんですが、そのホテルのwifiが掴めるみたいで。



スペイシー純喫茶だけあって純喫茶の常識が通用しないようです(ノ゚ο゚)ノ

純喫茶でホットケーキホットケーキ先生ではなくPC先生というだけでも異例なのにアメリカンPC先生!?

温泉街の純喫茶なんてどう見たって先生の独壇場なのに、アメリカ人の先生の出番なんてあるのか?



いやいや、純喫茶ホットケーキ先生がそう易々とアメリカン先生に屈することなどありませんからパー

この大和魂に満ち溢れた力強い焼き色!アメリカン先生なんぞに真似できるわけがありませんグッド!


それでもアメリカン先生を名乗るのはバターの形が☆だからですかね。

それだけでアメリカン先生ってのも悔しいし、アメリカン先生☆みたいで女子っぽくって嫌だ(つД`)



一般的な純喫茶系ホットケーキ先生よりもやや薄めなところも若干アメリカンなポイントかなひらめき電球

でも直径は堂々の15cmですから、その辺は大きいことは良いことというアメ車哲学を踏襲?



 

玉子の風味をきかせた昔ながらのふんわり生地は完全に純喫茶系ホットケーキ先生ですね(ノ´▽`)ノ

薄めで粉感もそれほど強力ではないけれど、直径15cmが2枚もあれば食べ応えは十分だ。



フルーツヨーグルトは、メロンバナナキウイパイナポー・ピンクグレープフルーツ

ブルーベリーソースをかけたもの。

ホットケーキ先生の口直しにちょうどいいのは言うまでもありません。



玉子風味と香ばしさが備わったホットケーキ先生なので、チョコバナナでさらにアメリカンにする必要なし!ドンッ

即ご帰国いただいて、我がニッポンが誇るホットケーキ先生に改名していただきたいぐらいですよ。


ニッポンの至宝たる純喫茶手焼きホットケーキ先生がアメリカに流出してしまうなんて悔しいのう(つД`)

まあ外国人観光客はだいたい温泉好きだし、これも外国人観光客への先生なりのおもてなしなのかな。


純喫茶なのにアメリカンホットケーキ先生ってどうしても違和感あるかもしれないけれど
純喫茶好き&シンプルな先生好きなら超おすすめ。わざわざ山陽線からそれた甲斐があったなあチョキアップ



☆★☆純喫茶ぼなーる☆★☆

住所 山口市湯田温泉-1-11-35

営業時間 10:00~20:00(水曜は15時まで)

メニュー  全体的に純喫茶らしからぬゆるさがある気がします。

 

 



純喫茶ぼなーるのマッチ

AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:

さすが当遠征大本命の純喫茶だけあるなあアップ

この水流のような丸みのある壁とその模様、そしてそれに映える純喫茶の文字が素晴らしいですグッド!


創業昭和26年!建て替えはしてるでしょうけど店舗も当時のままというからすごい。

さらに23時まで営業とあまりに元気すぎる純喫茶「エトワル」です。



1階は常連客がご主人と語る席のようなので真っ先に2階席へ。

結構混雑する純喫茶とは聞いていましたが、13時すぎでなんと貸切状態!(ノ´▽`)ノ





 

特筆すべきはこの卵のように丸みのある白いイスでしょうな。

これが整然と並ぶ昭和モダンな光景もまたパーラー的純喫茶アートと言えます。

このイスがどこの喫茶にでもあるソファではまた全然違うイメージになっちゃうんじゃないかと。


 

階段にぶら下がっているシャンデリア付近。

2階だとシャンデリアがちょうど目の高さにくるので、間近でシャンデリアが見られる絶好の機会だグッド!



 

半世紀以上続く純喫茶だけあって看板商品はいくつかあるようですが、特に高乳脂アイス推し模様。

でも右写真見る限り自家製じゃないのね。日世から最高級品を仕入れているわけね。


以下はソフォーレの宣伝文(日世HPより)

甘さ・香り・舌ざわり…。全てを極めたソフトクリームの最高峰。

プレミアムと呼ぶにふさわしい、上質な味とまろやかな風味がここにあります。



そのプレミアムアイスをたっぷり使ったパフェにも定評があって、この通り一つ一つ写真つき。

さらに長い歴史があるだけにある団体にとって後世に伝えるべき伝統のパフェとなっているのです。


その団体とはなんと自衛隊!防府に自衛隊の基地がありまして、

新人自衛官が着任すると先輩自衛官がエトワルでパフェをおごるという伝統があるそうです。

そんな自衛隊が誇る屈強の漢たちが受け継いでいるパフェだから〇子力高いし~、とか言わせないぜパンチ!



おっと、これも忘れてはいかんな。こちらも創業以来自慢の逸品らしいブレンドコーヒー。

コーヒーカップのサイズ、いくら純喫茶でもありえないだろこれ汗

それだけコーヒーに自信があるんだということを比喩的に表したものと捉えるかひらめき電球


本当はこのコーヒーにはホットケーキ先生がお似合いで、この美女も先生とセットでコーヒーを飲んでいるのは

間違いないのですが、エトワルでは先生は季節限定なのです…(つД`)

今回は季節外でお会いできなかったので、やむなくオレンジパフェでエトワルの歴史を噛みしめよう。



うむ、これぞ自衛官の漢たちが惚れ込むパフェといえるな。

派手派手なフルーツだか生クリームだかどさどさ盛ってるパフェなど笑止!パンチ!


ほぼ半分は自慢の高乳脂アイス!そこにオレンジソースとみかん、上部に黄桃とパイナポー。

オレンジパフェだけに色合いがオレンジと白のみというシンプルさ。これで十分ではないかね。



食べ盛りの漢たちのお腹を満たすにはボリュームもなくてはならないよな。

まあパフェはまだ2回目だから基準がわからんけど、高さ20cmは十分高く見えましたが。



ではてっぺんに渦巻き状に盛られているアイスから。高乳脂を謳ってるだけあって乳感がすごいビックリマーク

濃厚なアイスだけど、業務用クリームのケミカルな甘さに比べれば全然優しい甘さだね。

一応生クリームも気持ちばかりちょびっと盛られてます。



続いてその周りにあるのは黄桃とパイナポー。

そのすぐ下がまたず~っとアイス層なので、黄桃パイナポーとアイスは並行していただくのが妥当か。



あんまり上の方にとらわれていると終盤が全部オレンジになってしまうので、底からほじくりだしてみた。

オレンジソースに缶詰ミカンを浸していたわけか。



既に山口市でホットケーキ先生を平らげてきた後ではあったんですが、わりと余裕で完食できましたよチョキ

ってことはよそのパフェに比べてもボリューム的には普通レベルなんだろうと。

コーヒーが濃厚でおいしかったのも助けになったかな。


しかしオレンジの出番があまりなかったな…ダウン

底部とてっぺんのアイスに多少オレンジソースがかかってるぐらいで。

他のフルーツパフェも底部のソースが異なるだけで大半はアイスなのかなと。


ちなみに、伝票の裏に書かれていた「山頭火句碑」なんですが、



たぶん入口のこれですねひらめき電球


あさせみ すみ通るコーヒーをひとり


大正時代から昭和初期の頃に活躍した俳人「種田山頭火」 、彼は防府生まれだそうでその縁かと。


☆★☆純喫茶エトワル☆★☆

住所 山口県防府市天神1-3-6

営業時間 9:00~22:30LO第2月曜休

メニュー きなこパフェが女性に大人気!とかどこかに書かれてたな

   

AD
いいね!した人  |  コメント(2)

[PR]気になるキーワード