ほたる石(フローライト)には落ち着きを取り戻させ、

正しい判断に導く力があるとされている他、

ストレスを取り除いて心身の調和を保つ力があるとされています。


モラハラ被害者の方は心に限界以上の負荷がかかっています。

こちらのブログでは、モラハラについて多くの方に知って頂き、

諸々の活動を通して被害者の方のお手伝いができる会を目指しています。 


花ほたる石モラハラ被害支援の会では

被害者さんの応援をして下さる方を募っています→ベル会についての詳細


手紙メッセージはhotaruisi03@gmail.com にお願い致します。 

右矢印会のHPです(リニューアル予定です。)http://hotaruisi.sakura.ne.jp/

ほたる石のストラップです↓
$ほたる石モラハラ被害支援の会

*ヘッダー素材はミントBLUE 様からお借りしました。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-01-16 13:34:29

【新】ぐるっぽ!のお知らせ

テーマ:お知らせ
皆さま、こんにちは!



 



 



 



今回はぐるっぽに参加している方々もそうでない方々にも大事なお知らせです。



 



 



 



以前より運営しているぐるっぽを、リニューアルして新しいぐるっぽを作りました。



 



 



 



新しいぐるっぽはこちらです。



 



 



新★・・・というフレーズが頭についているのを、チェックしてください。



 



(リンクが上手く飛ばない場合には、ほたる石ブログより加入ぐるっぽを追っていただけますか)



 



 



新★ほたる石~モラハラ被害者支援団体



 






 



 



 



こちらは入試問題のハードルを低くしています。



 



 



基本的に、できるだけ広く、いろんな方とほたる石ブログ読者を対象として、



色々と雑談ができる場所にしたいと思います。



 



 



 



過去からのぐるっぽもありますが、こちらの新★ぐるっぽは、さらに気軽なよもやま話を含めた雑談や



井戸端会議ができる気軽なスペースにしたいと思っています。



 



 



 



それぞれの発言については個人の自由裁量としますが、ネチケットを順守いただくようにお願いしたいと思います。



 



 



それぞれにスレッドを作成しましたので、まずは自己紹介スレッドよりご活用いただければ嬉しいです♪



 



 



 



宜しくお願いします。



 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-01-16 13:33:33

人生相談

テーマ:ブログ
《人生相談》


皆様 お久しぶりです。


年末年始 バタバタと過ごしているうちに


新しい年も すでに半月が過ぎ


記事の更新もすっかり遅くなってしまいました。



私は 日頃 新聞の

《人生相談》

を良く読むのですが



年明けから家庭欄のページに


過去から現在までの 相談内容の変遷 が特集されていました。


特に女性からの相談で


仕事を持ちたい女性や


浮気の多い夫


嫁姑問題



などの 相談内容の変化と


回答の変化が 興味深く



また、その回答によって


背中を押された方のその後も書かれてあり



紙面の中の 小さなコーナーとはいえ



ある人の 人生を変える

こともあるのだと


改めて感心してしまいました。



日々 色々な事で 悩んだり

迷ったりすることもあるでしょうが



振り返った時に


何故か いつも同じようなことで〈悩む〉、〈苦しむ〉を


繰り返していることも少なくないと思います。



〈同じような繰り返し〉


に気づいた時


それは 自分にとって

《一番大事にしたい事》

《これだけは譲れない事》

に関わっているのではないでしょうか?



一番大事にしたいことを



大切に出来る生き方を




2014年、年頭に考えている私です。


ゆっくりの更新になりますが


本年も宜しくお願い申し上げます。


三木弥生
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-11-25 00:00:00

自分の人生

テーマ:ブログ
子離れ についての 記事で


《過干渉》が モラルハラスメント そのものである

そう思ったのは 私だけではないと思います。



子供に対して 過干渉で関わるように


大人に対しても、


自分自身の価値観や思考を


相手に押し付け


その相手を抑圧し


自分自身の考えで行動する力を持たせなくしてしまう

恐ろしい関わりです。



そして過干渉する側は


子供に対してなら


『躾』であるとか

子供を心配する親として当然の行いであるとか


いかにも正当であるような理由をつけ


大人に対してなら


『愛情』という名の下



妻、夫なら 当然の行い


という やはり それが正当であるような理由をつけます。



しかし その内側には


本人が抱える様々な問題の捌け口として


相手を支配しているに過ぎないのです。



対象者は


過度の 抑圧や干渉による精神的ストレスで


体調を崩し


回復に長い期間が必要となることも 稀ではありません。



『自分の人生は自分自身のもの』


親のものでも


パートナーのものでもありません。



あなたの人生は あなた自身のものです。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2013-11-22 19:14:27

子離れって……④

テーマ:ブログ
更新が遅くなり、大変失礼しました。


過干渉についての続きになります。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

親(又は極身近な大人)からの過度な干渉を受け続けることにより

コミュニケーション能力、同世代との対等な友人関係、自主性といったものが


育まれることなく 成長せざるを得ず


思春期に差し掛かるあたりから 何らかの問題が起きてくる事が多い と考えられている。


日本においては 『母原病』(1979年)などの言葉も出ているが


少子化の陰で 子供一人当たりが 親に影響される時間の延長から


より生活の細々したことに対する注文がでやすくもなり


当人の自主性よりも 親の意向が優先される傾向も見られる。

その根の部分には

保護者側が被保護者の存在に依存している部分があり


いわゆる

子離れの出来ない保護者像も 絡んで指摘される。

過干渉による問題では



(子供自身)干渉による支配には

内心で疑問を持ちながらも

これに従わざるを得ない
(『従う事』 以外の選択肢は与えられていない)子の葛藤や


親に「欲望を持つ事は悪い事である。生意気である」
と 幼児期から マインドコントロールされてきたために


親に伺いを立てないと自身の行動計画が立てられなくなっている場合などがある。


Wikipediaより抜粋



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞



過干渉は虐待の一種であるとの意見もあります。


常に干渉され続けた結果

自分自身の考えを持つ事に

罪悪感を抱くようになってしまい


いつまでたっても 親元から離れられないか


例え離れても


生活の様々な場面で


親の意見を聞き


それを受け入れてしまう


ことも多いようです。




大切な子供の為に


親はどのように関わるのが良いのか


とても難しいとは思います。


子離れ とは


子供の事を 全く考えない(心配しない、無関心でいる)


ではなく


子供のことで


ハラハラ、ドキドキする自分と向き合い


自分の心を受けとめること

かもしれませんね!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-11-02 06:09:43

記事についてのお知らせ

テーマ:ブログ
こんにちは 三木弥生です。

ほたる石ブログを読んで頂きありがとうございます。


現在 《子離れって…》の記事を何回かに分け書いています。

大変申し訳ありませんが


手持ちの機器に不具合があり


復旧させるまで 少しお時間をいただく旨


皆様にお知らせいたします。


復旧次第、新しい記事を更新する予定ですので


よろしくお願いします。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。