2005-01-14 16:07:42

マリリンモンロー N - NUDITY ヌード(1)

テーマ:マリリン
「ボッティチェルリのビーナスに異議を唱える人はいないでしょ。それなら、私のヌードにどうして文句を言うのかしら」
                        マリリン・モンロー

「注目を浴びたいという願望には意味があったのだと思うの、教会でのミサのときのことよ。オルガンに合わせてみんなが讃美歌を歌っていた。私は礼拝堂のイスにすわったとたん、服をすっかり脱いじゃいたいという衝動にかられてしまったの。イスから立ち上がって、裸の私を神さまとみんなにどうしても見てもらいたくなった。私は歯をくいしばって、この手が服を脱ごうとするのを必死でこらえなくてはならなかった・・・そんな夢を見たこともあった。夢の中で、フープスカート(昔の張り骨入りスカート)の下に何もつけていない私が教会の中に入っていく。みんな、通路に仰向けになって横たわっている。その上を歩いていくと、みんな私を見上げたの」
                      MM、ノーマ・ジーンについて

「ヌードっていうと、人々は妙な感じを抱くのね、セックスに対する感じのように。ヌードとセックスは世間ではあたりまえのことなのに、火星にだけしか存在しないかのような態度をとるのよ」
                        マリリン・モンロー

「生まれたときの姿で誕生日を祝っているみたい」
                MM、裸で泳いでいることについて、 1962

「マリリンのような完璧な肢体のヌードは綺麗だ、美とは低俗なものではない」
                        アグネス・フラナガン

「裸になりたいとか、そういう夢を見ることとか、恥ずかしいとも、罪深いとも思ってなかった。みんなが私を見てくれると思うと、淋しくなくなってくる。
裸の私を見てほしかったのは着ている服にひけ目を感じていたから・・・いつも同じ、色褪せた粗末なブルーのドレス。裸だったら、孤児院の制服を着た娘でなく、他の女の子たちと同じになれるのだもの」
                        マリリン・モンロー

「マリリンは若い女の子の体の輪郭を失っていたが、自分では成熟したことを受け入れようとはしなかった。『プレイボーイ』などの雑誌でも通用するようなヌード、セミヌードなんだって言い張っていた。自分の肉体の変化をまったく認めることができないなんて、悲劇的なことだ」
            カメラマンのイヴ・アーノルド、MMについて、1961

「マリリンはバスタオルに体を包み、くつろいでいることが多かった。タオルが落ちてもかまわない。下に何かを着ていようがいまいがマリリンは気にならなかった。それはまだヌードになる以前のこと。マリリンは自分の時代を先取りしていたのだ」
                        ジョージ・マスターズ

「『女房は生きていた』で泳ぐシーンのマリリンはとても可愛かった。ジョージ・キューカー監督は『ヌードにならないか?』と訊いた。夫役のディーン・マーチンがそっとのぞいているのに気づきながら真夜中のプールで楽しそうに泳ぐシーンを撮ることになっていた。マリリンは恥ずかしがるようすもなく、『いいわ』と答えた。撮影のあと、ラッシュを見たマリリンは大笑いでこう言った。『まるですごい水泳選手みたい。犬かきしかできないなんて誰も思わないでしょ?』」
                     マージョリー・プレッチャー

井上篤夫の眼 http://www.ainoue.com

AD

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

[PR]気になるキーワード