平和なサンタモニカビーチ

2010年春、

あるアメリカ人男性と話す機会があった。

世界は一握りの裕福層が支配し、
われわれは排除されようとしている。

という説を
狂信的に信じている人である。

いわゆる

ロスチャイルドとかロックフェラーとか

フリーメイソンとかイルミナティとか

そういう方面のお話ですね。

本も出していて
かなり有名らしい。

ウェブページもある↓

Battle Hymn

全米に会社を展開して
成功している人でもあるのに

人類を救うという大志を
抱いてしまったため、
家族がみな離れて行き

たった一人で大きな家に
住んでいるらしい。



その人が言うには・・・

この夏、アメリカの主要都市が
同時に攻撃される情報をつかんだ。
LAなんかは特に危ない。

自分はラスベガスの家を売って

アイダホだかアイオワだか
(真剣に聞いてなかったので記憶が曖昧)

そっち方面に家を買って
引っ越す予定だ。

という事だった。

更に

君のお母さんが訪ねてくる?
何でこんな時期に来るんだ。

私がアイダホだかアイオワだかに
家を借りてあげるから
家族全員で引っ越しなさい。

とまで言ってくれたのだ。

銀行家が
世の中を牛耳っているのは
知っていたけど

そこまではちょっと・・・

しかも

親戚でも恋人でもないし、
たぶん今後会う事も
ないでしょうし。

LAが攻撃された場合
いかに逃げ道がないかを
具体的に説明されて

一瞬

母とジャガイモ畑を
歩く自分を想像したけど

いやいやいや

そんな事ありえない。

そして

月日が過ぎて行き

攻撃計画の事は
すっかり忘れてしまった。

行き過ぎた部分も
あるけれど

彼の書いている事は

多くの著名人や
良識ある人たちも
肯定している。

私もどちらかというと
肯定派である。

さすがに

主要都市攻撃計画は

今のところは
ないと思うけどね。

クリックお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村









AD