星の宮整骨院のブログ

星の宮整骨院の今日や新情報をお伝えします!

NEW !
テーマ:

朝起きて立ち上がる時に一歩目が痛い、長時間歩いていると踵が痛くなる、ランニング中足裏が痛くなる…
このような症状に心当たりのある方は、足底腱膜炎(足底筋膜炎)かもしれません。
足底腱膜炎とは、足の裏にある筋肉の膜と踵の骨の付着部に炎症が起こることを言います。

足の裏には、踵から足の指の骨に向かってついている筋肉の膜があり、この筋膜のことを足底腱膜、と呼びます。
本来なら足の裏にある土踏まずを形成し、アーチをつくることで歩く・走る・ジャンプするなどの動作で地面に足が接地した時に、 衝撃やねじれを吸収するはたらきがあります。
ですが、何らかの原因によってその柔軟性が失われることで腱が硬くなり、腱と踵の骨の部分に炎症が起こってしまうのです。
症状が悪化すると、腱が踵の骨を引っ張り過ぎて、踵の骨に骨棘ができてしまいます。
考えられる原因としては
数字日常生活での疲労の蓄積
数字足裏に強い衝撃を与え続けるスポーツをやっている(剣道、卓球、陸上など)
数字体重増加
などが考えられます。

治療法
足だけでなく、上半身の歪みや癖を治して身体のバランスを整える。これが一番重要です。
どれだけ足底腱膜炎になっている所を治療をしても大元の部分を治療をしていないと再発します。
例えば歩き方、立ち方、座り方、上半身の使い方、
ストレッチ等は自分で行う事が出来ますが、治療だけは自分で行う事ができません。

足の痛みにお困りでしたら、星の宮整骨院へお気軽にご相談くださいニコニコ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)