生き方の知能指数を高め、幸せな人生を歩み続けるための人生設計 高野慎吾

行動力・共感力・人生哲学で37年間、クライアントから徹底的に信頼され続け、
部下200人の8割を目標達成に導いた人材育成術!

NEW !
テーマ:

こんにちは、高野慎吾です。

訪問していただき、ありがとうございます。

 

 

▶あなたの生き方の知能指数を高め、幸せな人生を歩み続けるためのメール講座(全11回)のご案内

 

 

 

あなたは

100メートルの優勝と

十種競技で勝利を修めるのでは

どちらに魅力を感じますか?

 

 

えっ!

どちらも魅力的ですって!

 

 

そうですね。

本来なら比較するべきものではないと思います。

 

 

さて、100メートルは

誰でもが中学生の時に走っています。

 

 

その意味では100メートルほど

すそ野の広い協議はないと感じます。

 

 

それゆえに

オリンピックでは常に花形競技で

ウサイン・ボルト、アサファ・パウエル、カール・ルイスなど

いつもスターが勢ぞろいですよね。

 

 

一方で、十種競技は

キング・オブ・アスリートとして

称えられることがしばしばです。

 

なぜなら2日間で

短距離走、中距離走

長距離走、投てき、跳躍といった

 

 

様々な身体能力を

バランスよく必要とされるからです。

 

 

 

 

ところで、今、NHKの大河ドラマで

真田丸を放映していますが

ここにも、織田信長、豊臣秀吉

そして徳川家康が登場します。

 

 

あなたは誰に惹かれますか?

 

 

織田信長は

強力なリーダーシップと

斬新なアイデアで才能を発揮しましたが

 

人に厳しく

敵対勢力への徹底した弾圧などから

最後は明智光秀という

家臣の謀反に倒れました。

 

 

豊臣秀吉は

頭が良く、機転が利き

稀代の人たらしで、天下を手にしましたが

 

晩年の残虐性や判断の衰えが

豊臣家の滅亡を早めましたよね。

 

 

徳川家康はどうでしょう。

 

 

人の使い方、蓄財能力、戦闘能力

そして健康への意識

そして後継者育成など

 

 

260年の安定した徳川政権の礎を

築くにふさわしい行動を最後まで取りました。

 

 

つまり、三人の中で

最もバランスが良いのが徳川家康だと言えます。

 

 

相撲の世界でも心技体

つまり精神力、技術力、そして体力が大事だと言われます。

 

 

人生も同じではないでしょうか。

 

 

 

嫌なことや、ツイてないことが続くと

気持ちが滅入って

全てを悲観的に

考えてしまうことはありませんか?

 

 

仕事にのめり込みすぎて

家族や健康など

心身のバランスを崩すことはありませんか?

 

 

私自身も仕事にのめり込みすぎて

人生に光と影をもたらしたことがあります。

 

 

やはり、心が一方に傾いてしまうと

ヤジロベエが成り立たないように

人生全体のバランスが

崩れてしまうように思います。

 

 

攻めと守り

社交性と自分の時間

ワークライフバランス

 

そして何より

仕事、家庭、健康、友人、趣味、自分の時間などを

常に把握しながら

バランスを意識し

 

人生の時間割をつくることが

心を健全にし

幸せで充実した人生をもたらすと思います。

 

 

そうすれば、何かが崩れても

他で補う力が生まれ

総合力で人生が味わえるはずです。

 

 

そんなあなたを応援します!!

 

この無料メルマガでお伝えすることを、自分に当てはめて、一つずつ実践していくと、あなたのセルフイメージが高まり、あなたの大切な価値観と感情に基づく、バランスの良いサクセスストーリーが見つかります。

↓ ↓ ↓

▶あなたの生き方の知能指数を高め、幸せな人生を歩み続けるためのメール講座(全11回)のご案内

 

【無料メルマガの主な内容】

・今の課題と人生のバランスを考える。

・大切にしている感情と価値観を見つける。

・あなたなりの成功や目標達成のコツを紐解く。

・対人関係のレベルアップや価値観を大切にした新たな人生プランを描く。

・未来と現状のギャップを埋める行動プランを作る。

・幸せな人生を歩むための行動をサポートする。

 

◆メニュー

メニューのご案内はこちらです。>>

 

 

◆お問い合わせ、ご相談は気軽にどうぞ。

お問合せ、ご相談はこちらです>>

 

 

 

 

人生設計コーチ 高野慎吾(たかのしんご) 

銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ ▶GCSコーチ紹介のページ  

銀座コーチングスクール 東神田校講師 ▶東神田校のご案内

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)