子どもへ伝える大切なもの

先祖代々伝えられそして培ってきた文化と心 我々の世代で失くしてはならない、大切なモノ


テーマ:

日本はよく「謝る文化」だと言われます。
「ごめんなさい」
「すいません」
「申し訳ありません」


確かに、日常でよく使いますよね。

歳を取れば取るほどほど「ごめんなさい」と言えなくなると言われますが(笑)
日本人ほど「謝る」文化がある国は確かに無いかもしれません。
だから、外国人から見たら、「何でそんなに謝るねん!!」と思われています。
明らかに文化の違いなのですが、海外で「謝る」という事はよっぽどの事なのです。



本日は「すいません」ついてのうんちく(笑)を書いてみます。



「すいません」は色んな意味があります。
謝罪の意味、感謝の意味、依頼の意味があります。
これを僕たちは自然とシチュエーションによって使い分けています。


すいませんは語源由来は
例えば、「仕事が済む」を打ち消すと「仕事が済まぬ
済まぬ」の打ち消しである「」を「ない」に変えると「すまない」です。
「すまない」の丁寧語が「すみません」という事になります。
ですから「済みません」は物事が終わらない意味があります。

また「澄みません」という意味があります。
「澄む」は「混ざりけの無い、濁りが無い」という事です。
「ない」は打ち消しですので「澄んでいない」様を表します。

ですから「すいません」には上記の「澄む」「済む」の打ち消しの意味が含まれています。
「終了していません」「澄んでいません」ということです。

それは「私の気持ちは収まらない」
   「私の気持ちがはれません」
という事です。

相手に悪い事をしてしまい、
「私の心はこのままでは、心が澄みきらない状態です」という謙虚な気持ちが
謝罪の時に使う「すみません」の意味です。




また「すみません」の次の意味である「感謝の意」ですが
これは相手に何かをして頂いた時に
何もお返しできなくて、私の気持ちがおさまらないほど、ありがたい
というすごい感謝を表した言葉です。

特に外国人にとってこの感謝の意の「すいません」が理解できない。
しかも海外でそのまま「sorry]なんて言ってしまったら
何で謝るんだ?」「素直にありがとうと言ってよ」
「日本人は変だ」
という事になります(笑)



最後の「依頼の意」は英語のexcuse meと同じです
すいませんが、写真を取って頂けませんか?」




さて、日本人は何故こんなにも「すいません」というのか?

以前の記事でも書かせて頂きましたが、日本列島は狭い島国です。
その狭い土地のコミュニティで、他人と仲良くしなくてはいけない環境にありました。
争い合っても何処にも行けませんし、農耕民族ですからみんなで協力し合って生活しなくてはいけなかったのです。

ですから、極端に争い事を嫌います。
自分に非があるとなると、素直に認めて謝罪する。
そうしないとコミュニティでは生きていけなかったのです。

お互い信頼関係をしっかり構築して生活していました。

この度は、ご迷惑をおかけしまして、すいません
            ↓
いや~こっちの方こそ言い過ぎましたよ
            ↓
まあ、今回の事はお互い水を流してさ~・・」となる。
揉め事が大きくなる前に収まってきたのです。



もうひとつ日本人は「YES]「NO」をはっきり言わないと海外から言われます。
それも、僕は「揉め事を嫌う」ことから来ているんだと思います。


日本人はお互い信頼関係を築いてきました。
コミュニケーションも相手が理解してくれる事を前提に行われてきました。
日本語にあいまいな表現が多いのは、はっきり言わなくても相手が
「自分の言葉の真意」を汲み取ってくれるであろうという前提があるからです。

例えば「おまえは嫌いだ」とはっきり言わない事から、揉め事を回避してきました。
ですから、日本語には同じ単語でも意味がたくさんあるのです。
日本語は少ない言葉で、多くの心を伝えることが出来るのです。



「潔く謝る」「はっきり言わない事」は日本では美徳とされてきました。
それはどちらも、他人とお互い信頼関係があってこその美徳です。
「お互い未来へ良い関係を築いていこう」という意思があってはじめて
美徳として成り立ちます。





これは、もちろん海外では通用しません。
まして、政府の外交などでは通用しません。


先日、日韓併合から100年の節目に「菅談話」というものが出されました。
ブログ諸兄の皆さまはご存知ですが、日韓併合は国際法上まったくの合法です。
日韓併合自体、朝鮮側からの熱烈な要求があっての話です。
朝鮮半島に日本が残したものを、誇張も無く事実だけ見ても謝る事は
一切何もありません。

当時の国際状況を調べればすぐわかる事です。
史実はどんなに偽っても、変わりません。

「感謝されても」「謝罪する」必要は一切ありません。

ですが、「潔く謝らない」ことは日本の美徳に反する事が邪魔をします。
その美徳が原因で、日本政府の謝罪に反対する日本人は、
日本人から「器の小さい奴だ」と見なされてしまいます。

これってすごくおかしなことです。

謝罪するようなことがあれば素直に謝罪すれば良いと僕は考えます。
しかも、日本政府が百歩譲って「謝罪」という形をとっても
相手は「日本の謝罪の真意」を汲み取ってくれないでは無いか。

それは、相手が日本を信頼しようとする意思が無いからです。

かたや相手の国は歴史を捻じ曲げ、反日教育を国家をあげて子供に教育しています。
そもそも、信頼関係を構築しようとする意思が無いではないか。

その相手に対して、何度も謝罪しても真の意味での信頼関係は築けない。
普通に考えても分かることです。



民主党の政治家は、普段先生と呼ばれれる存在です。
国民の代表である政治家が無知であるとは思いたくないです。

ですから、分かっていて謝罪をしているのです。
ここが一番の問題です。
例え謝罪しても、子ども達の未来に禍根を残し、
国家間の未来にも建設的で無いのです。

それが、国民の代表である民主党の先生方が強行してしまいました。



謝罪が生まれると当然、保障問題という事になります。

まさしく自分たちの利権の為に、子どもたちの未来を外国に売ることです。
国を売る背信行為です。

しかし、日本では菅談話反対や朝鮮学校無料化反対などする人は、
心の狭い人と見なされてしまいます。批判する人に限って、歴史に無知です。



本当に子ども達の未来の為や真の国際協調の為にどうするべきか!?
これが一番大事な問題です。




「潔さ」「はっきり言わない」という日本人同士での美徳が、
国際社会では美徳ではありません。
それを分かった上で、シチュエーションに応じて言葉や態度を
選んでいく必要があります。


まずその事を、僕たち国民が認識しなくてはいけないのでは無いでしょうか?

政治家はあくまで僕たちの国民の代表者ですから。


1日1回、応援クリックお願いします↓

                         人気ブログランキングへ







AD
いいね!(2)  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。