台風5号の影響で被害に遭われたみなさま、

台風5号の進路の地域にお住いのみなさま、

こころからお見舞い申し上げます。

そして今現在、これから、台風の通過地域にお住いのみなさま、豪雨に見舞われているみなさま、どうぞお気を付けてお過ごしくださいませ。


~~~


今日のブログでは、お客様のセッションを通して頂きました学び・気付きを、言の葉にしてお届けさせて頂きます♡


それは、先日の★カカラ・テラ・パドメでのこと。


改めまして、カカラ・テラ・パドメにお越し頂きましたみなさま、

アイヌのエカシ(長老) 浦川治造さん、治造さんのお嬢様 マキコランドマキコさん

カカラ・テラ・パドメでの、〔カムイと生きる〕上映会にあたって、ご尽力頂きましたユッカさん

いつもお世話になっています、パドメ・ユキさんカッサーラ工房木村さんアングレイスさん化粧品ミニオン高橋さんエナジーバランス復元療法高久保さん

ありがとうございました。



ミニオン 高橋さんのお子様、お二人のセッション(トートタロット)をさせて頂いた時のことです。

〔ミニオン 高橋さんには、掲載の許可を頂いております。〕



8月、夏休みということで、お子様とご一緒にセッションを受けに来て下さる方々も増える季節に、色々と感じる所があったのですが、高橋さんのお子様2人のセッションをさせて頂いた時間は、私にとって、とても深い時間を頂いたと思っています。



自分のテーマ・キーワードの中に、


・夢と希望を語る姿を

・次世代へ、子供達の未来に、大人として何を渡していけるのか


というのがあります。



色々なことがめまぐるしい程に起きている世の中、その世の中で生きるって、大変、という言葉で表現する場面も、多々あるのかも知れない。


その中で、先を見越して、気持ちを塞ぐではなくて、

自分のこころに、何を想い、何を描くいて生きていくか、こころ豊かに生きていくこと

そこに、

夢や希望があることは、とても大切で必要なものだと感じています。



夢を描くのは、大人こそ必要で、希望を持って生きる姿は、周りの人たちにとって、世の中にとっても、元気となり活力であると思っています。



そしてその夢や希望を持つということは、何も大それたこと、大きなこと、凄いこと、という意味ではなくて、自分の生き方や在り方、自分をもって、社会と人と、周りと、どう関わって生活していくか、その生活の中にあるものって。



クール、スマート、格好良い、その言葉からは、ちょっと距離の離れたところにある姿も、

格好悪い、失敗、もがく、葛藤、想い悩む、ですとか、諦めない姿、粘り強い姿、コツコツと積み上げる姿、向き合い・立ち向かう姿も、

泣いたり笑ったり、悔しい!って叫んだり、大声で喜んで、はしゃいだり。


そういういろんな自分の顔を、こころに裸になって生きる姿の中に、夢と、希望をもって生きること。



自分のいろんな顔と、こころの裸を、

大人として見せながら生きている姿が、

後ろ姿で語れる姿が、

次世代の、これからの子供たちへの教育の一つであると思うし、

共に育てる未来・社会に繋がっていく一つでもある。



大人の背中を観るだけでも、

何かを教えよう、伝えようとせずとも、

子供達は、大人の姿から、

自分の学びや気付き、血や肉にしていくものだから。



そして、子供達の姿の中に、大人は発想力や想像力、好奇心や楽しむ心、突拍子も無い閃きや心からの言葉で話す内容、柔軟な心、そういう姿から、学び気付かせて頂けるものがある。



この度のセッションに、今までのこの内容を結んでいきますと…


高橋さんの中学生のご子息さまであるならば、

高校への進学について、お母さんにあたる高橋さんからのアドバイスやお気持ちも、

しっかり汲まれた上で、受け止められた上で、

ご子息さまはご子息さまの中で、

いろんなことを感じて考えて、答えを出そうとされた上で、

ご本人の気持ちの中に、自分にとっての答えをしっかりと出されていましたし、


お嬢さまは、お母さんの、高橋さんの日頃の後ろ姿、お仕事をされている姿から、

お嬢さまの意志で、すでに将来の夢を描いていて、その夢に向かって、

一歩一歩、歩いていこうという気持ちと共に、

進み始めようと、していらっしゃいました。



お二人のこのようなお姿を、観じながら、

トートタロットリーディングで、カードに出た絵柄の意味をもって、お二人それぞれにお伝えさせて頂きました。



この度トートタロットリーディングを通して拝見した、お子様お二人の姿は、ミニオン 高橋さんの日頃のお母様としての姿、人としての後ろ姿が、しっかりと伝わっていたからと感じます。



自分のこころ裸になって



日常を生きていらっしゃる、高橋さんの姿があったから。



親だから、お母さんだから、お父さんだから、大人だから、

という所に重きを置いて、

こうあらねば、あぁならねば、ではなくて、

いろんな顔を、こころの裸をもって、日常を通して生きる姿。



こんな姿も、あんな姿も。



葛藤したり、悩んだりしながらも、

夢や希望を大切に、

笑いと遊び心を持たれながら、

人との関わり、思いやり、

感謝、愛を大切に、日々を過ごされる姿。



その時、その場を、目の前のことを生き切る、その姿が、きっと、周りの人たちへ、子供たちへの夢にも希望にも、生きる力に通じていく。



改めて、大切にしていきたい姿、


自分のこころ裸になって


過ごしていくこと、観せて頂いた時間でした。




ー天から役割なしに降ろされたものは一つもいない



カカラ・テラ・パドメでの上映会、

カムイと生きる

ドキュメンタリー映画に出てきた、言葉の一つです。



天から役割なしに降ろされたものは一つもいない



あなたさまのお姿の中に

あなたさまの中にある、天からのギフト


あなたさまの天からのギフトに、役割に、

触れさせて頂いて、感じさせて頂く場面、

トートタロットリーディングや占星術、セッションの中にも、観じられる場面があると、私は感じます。



言の葉をもって



出逢うことの出来た、有り難いご縁、

そのご縁あるみなさま、お一人お一人と

目で見て観じて頂けるお時間を

これからも

ご一緒出来ますように


高橋さん、ご子息さま、お嬢さま、この度はありがとうございました。

これからも、みなさまの笑顔溢れる毎日を、こころからお祈りしております。


{1B15864E-EB5A-4C03-AC5A-FA52732A9331}

ひまわりみなさまの大切な人たちと、お子様と、ご一緒に…

お一人お一人に託された、“自分から自分への愛のメッセージ”

この夏、観じてみませんか。

夏休み企画〜あなたさまの大切な人たちと感じる愛のメッセージ〜


ひまわり2017.8.7 現在 最新のはてなブログはこちら

何があってもどの道を選んでも、あなたさまの素晴らしさも幸せも揺るがない♡

AD

リブログ(1)

リブログ一覧を見る