2011-07-05

体で覚えるパッティング距離

テーマ:├100切りパッティング
★体で覚えるパッティング距離

こんにちは。大崎です。

ミドルパットの距離感がどうも合わない。
そんな方多いですよね。

パターを持って、目標物を見ずに、10ヤード(10歩)を自信を持って、素振りが出来ますか?
20ヤード(20歩)は?

グリーンによって速さは違います。
しかし、20ヤードが自信を持って打てれば、10ヤードはその1/2の、はずですよね。
自分の体の基準距離さえあれば、グリーンの速さは、調整可能です。
自分の体に基準の距離を持たせるための練習方法です。



10ヤードから20ヤードの距離感が合わない理由の一つに、距離感を体で覚えずに、目で覚えているというのがあります。

グリーン回りの景色には至る所に、仕掛けがあり、実際の距離よりも、長く見えたり短く見えたりします。

しかし、体は、目で感じた距離を優先させて、体を動かしてしまいます。

意識的に体に距離感を覚えさせる練習を取り入れましょう。


グリーン上で5ヤードの所に目印を付けます。

まずは、3球連続でそこを狙って、ご自身の納得が出来る誤差になるまで、ドリルします。

次に、目標物を見ずに(狙わずに)同じ距離を体の感覚だけで、打ちましょう。

先ほど、納得が出来るまで、ドリルをしていますから、たぶん、同じように、打てるでしょう。
3球連続で狙わずに体をかんじながら打ち、納得できたら、10ヤード、に進みます。

同じドリルを、15ヤード20ヤードと体で、打てるように体に覚えせます。

このドリルを取り入れ、

アナログ?100を切る練習方法(21)距離感

を併用させることにより、ミドルパットやロングパットの距離感が、良くなると思います


スコアーアップ
貴方なら絶対出来ます
パッティングは方向よりも距離感が大事です。


貴方も飛距離アップスイングチェックに参加しませんか!

良いこと聞いたかもと、思った方はクリック応援してください
ゴルフ人気ブログランキング
にほんブログ村 ゴルフ上達法
<関連記事>


☆パッティング★★★★★
パットに型無し?100を切るスウィングフォーム(4)パット編
危険?100を切るゴルフスイング(6)パッティングイメージ編
パッティング練習フェースの縦の芯
パッティングスタイル構築練習
練習効率
初心者パッティング練習本芝編

ゴルフスイング一番大切な事
左の壁って?100を切るスウィングフォーム(1)左の壁(1)
肘を使うためのドリル
100を切る練習方法(1)ダフリショット撲滅練習
スロー素振りの危険性

★ゴルフレッスン目次★

Lesson Index 練習持ち出し用

Lesson Index コース持ちだし用


ブログランキング



おとなのゴルフは、しっかりと頭で覚えてから、体に覚えさせます。
実際のスクールレッスンの大部分が過去に指導したことの繰り返しです。
スコアーアップの近道は、【100切りゴルフ予備校】のレッスンを、
頭に刻み込んで、練習することです。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

ゴルフレッスン講師:大崎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

3 ■Re:無題

>クルトンさん

コメントありがとうございます

何か感じ取れたら教えて下さいね

2 ■無題

今朝、練習行って来ました。

最初は爪先でボールを踏みながらの練習


意外と足にきますね(>_<)

なんとなく、良い感じだったので、続けてティーアップで


なかなか難しいです。


ラフから打つイメージで打ったのですが、実際は多少の距離感の差が出ますか?

とても良い練習方だと思います。(^^)v

これからも継続してやっていきます。

1 ■無題

ぜひ試してみます。

コメント投稿