2011-05-24

初心者パッティング練習本芝編

テーマ:├100切りパッティング
練習効率のレッスンで必ず、『何のための練習かを、考えて、行ってください。』

と、お話ししました。

しかし、初心者さんにとっての練習の一つに、ある程度、球数をこなすという練習も、必要なのは事実です。

パット練習でも、日頃なかなか本芝での練習ができない方も多いと思います。
今回はせっかくの本芝練習での際に、球数を多く打つための練習です。

まずは、ターゲットしてティーペグなどを本芝グリーン上に刺します。

そのティペグに向かって2本のクラブを下図のように平行に置きます。

パッティングの練習量を増やす為の方法

このようにしてゴルフクラブを置くことにより、この図では、写真向かって手前のクラブの先端と、奧のクラブのシールを結んだラインという目安にボールを置きやすくなります。

クラブが方向を指しているため、パターマットのような感覚であまり意識せずに、球数を打つことが出来ます。

また、クラブがガイドラインになることにより、ボールとフェースがターゲットに向かって垂直に当たりやすくなります。

ティーペグを使用することにより、ボールを一々ひろう手間も少なくなり、ターゲットに集中しやすくなります。

手前クラブの場所にボールを置けますので、ボールの移動も簡単で一度にたくさんの球を使用しての練習が可能になります。

ボールの多数使用は他の方の迷惑にならない、場所、時間を考えて、行って下さいね

スコアーアップ
貴方なら絶対出来ます
初心者さんは、球数も必要です。

良いこと聞いたかもと、思った方はクリック応援してください

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

<関連記事>

パットに型無し?100を切るスウィングフォーム(4)パット編
危険?100を切るゴルフスイング(6)パッティングイメージ編
届かない?100を切るコース戦略(9)重いグリーン攻略
苦手ライン?ゴルフコース戦略 ( 13)パッティング内緒のtips(1)
ゴルフコース戦略 (14)グリーン戦略

100を切る練習方法(1)ダフリショット撲滅練習
基礎知識 新品クラブのシール
ゴルフスイング一番大切な事
左の壁って?100を切るスウィングフォーム(1)左の壁(1)

★ゴルフレッスン目次★

Lesson Index 練習持ち出し用

Lesson Index コース持ちだし用

おとなのゴルフは、しっかりと頭で覚えてから、体に覚えさせます。
実際のスクールレッスンの大部分が過去に指導したことの繰り返しです。
スコアーアップの近道は、【100切りゴルフ予備校】のレッスンを、
頭に刻み込んで、練習することです。

いいね!した人  |  リブログ(0)

ゴルフレッスン講師:大崎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります



ブ