2012-11-04

パッティング練習の効率

テーマ:├100切りパッティング


100切りゴルフ予備校の練習では、いつも、『何のための練習かを、考えて、行ってください。』

と、よくお話ししています。

パッティングの練習もしかりです。

良くお見かけする、効率の悪い練習について、お話ししますね。

ゴルフコースに行った際に、100切りゴルフ予備校をご覧になっている読者さんのほとんどの人が、パッティング練習は、行っていると思います。

その際に、


カップにに入れる練習なのに、全てのボールをスタンスを変えずに、一度取ったスタンス上に、ボールをパターで置き、続けて打つ。

こんなパッティング練習している方はいらっしゃいませんか?

1.本グリーン上で、スタンスを変えずにパッティングすることは100%あり得ませんよね!

2.もしこの練習が毎回同じフォームで打つ練習とするならば、ボールのセットアップ場所は必ず目印が必要ですよね!(パターで寸分狂わず毎回、同じ所にボールを置けませんよね!)

3.同じく、毎回同じフォームで打つ練習とするならば、最初の一球目が外れたなら、2球目以降は、意味が無くなりますよね!?
(1球目が外れているわけですから、2球目以降入ったら同じフォームで打てていない、と言う事になりますよね)

以上のようなことから考えて、素振りもしない、スタンスの位置に、ボールをクラブで置く練習は、効率が悪いと思いませんか?

>>パッティングの練習量を増やす為の方法


>>ゴルフスコアーとパット数の割合


>>パッティング時のグローブははずしますか?

>>体で覚えるパッティング距離

スコアーアップ
貴方なら絶対出来ます
練習は全て、意味を考えて行いましょう。

お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ



100切りゴルフ予備校リアルレッスン

壁を乗り越えるためのお悩み、まずはご相談ください。

110切り100切り90切り80切りシングル到達まで、全ての壁を乗り越えましょう

スクールレッスンには現在、千葉県、東京都、八王子市、多摩市、静岡県沼津市、横浜市、等の遠方からもお越し頂いております。

海老名市、大和市、綾瀬市、厚木市、相模原市、藤沢市北部、横浜市西部、町田市南部
出張レッスン承ります

いいね!した人  |  リブログ(0)

ゴルフレッスン講師:大崎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります