2011-03-25

100を切る練習法(37)最短練習法(アプローチ)続続編

テーマ:├100切りアプローチ


★100を切る練習法(37)最短練習法(アプローチ)続続編

こんにちは。大崎です。



アサヤンエースさん

練習マット(ラフ付き)の購入を、検討中です。
それともお勧めは、ゴムマットですか?



この練習において最も大切なことは、出来るだけ続けることです。

よって、ゴムマットは確かに技術的には、上がると思いますが、順を追っていかないと、自分の技術と難易度のバランスが悪いと、続けることが困難になります。

比較的簡単な物を選び、時間的にも効率よく終わらせた方が、良いと思います。

ラフ付きなどは、さほど必要ではないかもしれません。ご自身の感覚で購入されればよろしいかと。

道具屋さん

10→7になりました。今はあまりしないので、進歩が止まってますが、これがやり続ければ片手になれるでしょうね。



と、コメントされています、90切りで回れるようになればハンデ3上げることがどれだけ大変なのか解ってくるでしょう。

100を切る練習法(37)最短練習法(アプローチ)

同時に

100を切る練習方法(5)パター練習(1)パターマット練習法 (2)

を実行すれば、HCはすぐに上昇すると言うことです。

しげちゃんさん

『本球以外では、効率はダウンします』と書かれています。

効果は期待できないのでしょうか?

それと なぜ効率はダウンするのでしょうか?



今回の本題はこれです。

アプローチショットに限らず、ゴルフでは、いろいろなイメージが必要になってきます。

しかしながら、スポンジボールやプラスチックのボールでは、インパクトの感触や、ボールの弾道、距離感など全てにおいて、本球とは違いすぎます。

ということで、やらないよりは良いのかとは思います。

ただし、アプローチショットに関しては、微妙な距離感や、弾道イメージが、必要になります。

又インパクトの感じを、体で感じることによって、ジュニアゴルファーさんが、体得している、球扱いにも通じる物を多少なりとも、吸収しそれが実践に大いに役立ちます。

よって、本球との差がどこまで違うのかという想像すら出来ないほどです。

ご家庭によりいろいろな状況があると思いますので、なんともいえませんが、スポンジボールやプラスチックのボールで時間をかけるより、ボールの代わりにペットボトルの蓋を打つ、練習をして、残りの時間をパットに当てた方が良いと私は考えます。

技術的に簡単すぎるという方は、1円玉を打つ練習も良いかもしれません。

ただし、1円玉のクリーンヒット練習は、かなり根気がいる練習です。

スコアーアップ
あなたなら絶対出来ます
家庭での練習時間がものをいいます

お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ



100切りゴルフ予備校リアルレッスン

壁を乗り越えるためのお悩み、まずはご相談ください。

110切り100切り90切り80切りシングル到達まで、全ての壁を乗り越えましょう

スクールレッスンには現在、千葉県、東京都、八王子市、多摩市、静岡県沼津市、横浜市、等の遠方からもお越し頂いております。

海老名市、大和市、綾瀬市、厚木市、相模原市、藤沢市北部、横浜市西部、町田市南部
出張レッスン承ります


いいね!した人  |  リブログ(0)

ゴルフレッスン講師:大崎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります