2010-12-21

100を切る練習方法(6)自分の技術力を知る

テーマ:├100切りゴルフレッスン

こんにちは、海老名より発信、
効率的な練習方法を
日夜ゴルフスクールで伝授している
 ゴルフいんすとらくた~Hoshiです


今回は、前回お話しした、バンカーに入れない戦略についての、練習方法についてです。

なぜか、逃げてるつもりでも、ガードバンカーに捕まる、そんな方のための、レッスンです。

練習場で30ヤードに目標を定めてください、使用クラブは、ご自身の、使用頻度の高いウェッジで結構です、

一球一球、目標に向かって、本番さながらの、ショットを10球ほど、打ってみてください。

できれば、毎回目標物を変えた方が効果的ではあります。

10球打ち終わった後、一番目標からずれている球、前後左右の確認を行ってください。

どうですか、30ヤードにもかかわらず、前後左右10ヤード以上ずれたりしてませんか?

次にティーアップ(一番長いティーを使いましょう)して同じく30ヤードを10球打ってみてください。

今度は、先ほどよりももっと、誤差が出ていると思います。

ラウンド中は、たとえ30ヤードであろうと、最低でも最大誤差の半径分を、ピンから外さないと、バンカーに捕まるのです、

ティーアップしたアプローチは、ラウンド中では、ほぼ平らではないところ、ベアーグランド、ラフ等 の目安です。

本来は非常に多いはずです。

今のご自身の、正確さを、十分に理解することによって、初めて、ガードバンカー0を達成できるのです。

同様に、

50ヤード
75ヤード
100ヤードも

実施してみてください。

自ずと、今まで、100ヤード以内のアプローチでバンカーや池に入れていた理由がお解りになると思います。

スコアーアップしたい

あなたなら
100を切るコース戦略(1)バンカーに入れない
実現できます。

お読みいただきありがとうございました。



きっと見つかるあなたにあった練習法

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ




100切りゴルフ予備校リアルレッスン

壁を乗り越えるためのお悩み、まずはご相談ください。

110切り100切り90切り80切りシングル到達まで、全ての壁を乗り越えましょう

週1定期レッスン
ワンポイントレッスン

100切りゴルフ予備校リアルスクールQ&A
レッスン感想

携帯090-3105-7246(softbank)
手紙お問い合わせ
海老名スクールには現在、千葉県、東京都、八王子市、多摩市、静岡県沼津市、横浜市、等の遠方からもお越し頂いております

海老名市、大和市、綾瀬市、厚木市、相模原市、藤沢市北部、横浜市西部、町田市南部
出張レッスン承ります



<関連記事>

100切りゴルフ上達スイング練習法
110切りゴルフスイング上達練習法
コース戦略用レッスン目次
お勧めゴルフ用品

スマホ追尾型広告排除
無料アメブロテンプレート



携帯用QRコード
画像をクリックすると、
携帯用URLを、友人や携帯電話などに、送ることが出来ます



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

ゴルフレッスン講師:大崎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

4 ■ありがとうございます

本当にゴルフって優しくはないです
いつも 自分で練習していても
無駄なことをしているのでは???
と思ってしまいます
今後とも参考にさせていただきます(^∇^)

3 ■☆Par7☆です♪

読者登録ありがとうございました♪

これからも時々覗きに来てくださいね♪

2 ■パールさんこんばんは

レッスンでと言うことなので、
どちらかで、プロに教わっているのかと思いますので、ほんの参考程度に聞いてください

私もレッスンではインパクト時に
コックはほどかないような
イメージ、、、、これが大事だと思います


が、実際には多少ほどけるのは
クラブの遠心力が大きいので仕方のないことだと思っています。
多分、教わっているプロも
同じ意見だとは思いますが
普通のスクールでは
時間が短いため、
そこまで掘り起こした解答が選るだけの時間がないのかなと、推測いたします
また、先ほども書きましたが、
イメージをすると言うことだけなので
インパクト後は当然クラブの
遠心力に負けてコックはほどかれるべきだと思います。

いずれ、掲載しようと思っておりますが
手首のコックを保つためには
その前に両手の肘をセットアップから
フィニッシュまで伸ばさないイメージで
振るように指導しています。
実際に伸びるのは全然問題有りませんし
インパクト後は伸びているはずではありますが
伸ばさないイメージです
当然コックの時にお話ししたように
クラブの遠心力で伸びるはずです。

レッスンにおいて私は
手首及び、肘は伸ばしたり
ほどいたりするのではなく

クラブを振った結果伸びてしまう
という、イメージでスウィングして下さいと
指導しております、

この見解は
一般のレッスン書とは
反対の意見が多いとは
思いますが
現実に、私の生徒さん達は
この方法で練習を行っていますし
結果もついてきております。

が、他のプロに習って、いるのでしょうから
、その方の見解に基づいて
練習するべきだと、思います。

以上参考までに、
記載させていただきます

1 ■無題

とても参考になりますヾ(@°▽°@)ノ
質問してもいいでしょうか?レッスンで、インパクトの際、手首をコックしたままで....と習いましたがどうしても伸びきっている感じなのですが
どうしたらテイクバックの時のコックをほどくことなくフィニッシュまでもっていけるのでしょうか?
よろしくお願いしますφ(.. )

コメント投稿