1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-12-02

ベアーグランドからのグリーンエッジアプローチ

テーマ:├めざせ100切りアプローチ



こんにちは大崎です。

芝が枯れ始めたこれからの時期はゴルフ場にもベアーグランドが多発します。

もちろんクリーン回りにもたくさん見られるようになります。

基本的には、やはりパターを使用した戦略が簡単かつミスが少ないのでお勧めですが、あまりにも、ライの状態が悪い時などはパターを持つのが躊躇してしまう時もあります。


そのようなときのアドバイスです。

ベアーグランドやボール付近をほんの少し浮かせてアプローチをしたいときには、おもいっきりクラブを浮かせてフェースのトゥ部分で打つイメージでボールインパクトします。

イメージとしては


ソール部分の角写真の丸印を地面にこすりながら打つ感じです。





またフェース部分も溝のない部分で打つイメージです。


インパクトをフェースの芯から外して打つため、基本的にスピンが少なくなるために転がりが多くなります。

最初からフェースの芯から外してインパクトすることで、芯付近でのインパクトと違い、スピン量が少なく、ヘッドスピードにおけるインパクトミスでの距離の誤差が少なくなります。

ロフトが立っているクラブのほうがセットアップが構えやすく、スイング幅も少なくて済むので、クラブ番手はPや9Iがおすすめですが、アプローチウエッジやサンドウエッジでも可能です。




スコアーアップ
あなたなら絶対出来ます
グリーンエッジからのアプローチは絶対にグリーンに乗っける必要があります。

お読みいただきありがとうございました。


100切りゴルフ予備校リアルレッスン
壁を乗り越えるためのお悩み、まずはご相談ください。
110切り100切り90切り80切りシングル到達まで、全ての壁を乗り越えましょう

海老名市、大和市、綾瀬市、厚木市、相模原市、藤沢市北部、横浜市西部、町田市南部、出張レッスン承ります.

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>


ブ

QLOOK