1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-05-27

正確性の高いぎりぎりのラインでの飛距離アップ

テーマ:├100切りドライバー


正確性の高いぎりぎりのラインでの飛距離アップ

こんにちは大崎です

ゴルフにおいてスコアーと飛距離の相関はすごくデリケートな問題です。

単純に100を切るだけなら飛距離はさして必要ありません。

逆にヘッドスピード45M/s以上あるほうが、往々にして時間がかかるものです。


とはいえ、ヘッドスピードはある程度あったほうが良いのは、否定できない事実でもあります。


100切りゴルフ予備校では、全身の筋肉をできるだけ使ってもらい、なるべく曲がらない中での、飛距離アップを考えています。


もちろんみなさんも、同じ考えの方は多いでしょう。


今回は

ヘッドスピードとスイングイメージの相関についてお話しますね。


ヘッドスピードを上げる一番の近道は、テークバックを速度をできるだけ早くするということです。

ゆっくりテークバックは安定しそうに、こそ感じますが、インパクト時の加速には限界があります。


全身の筋力を使用してできるだけ速いスピードでテークバックする。

この際に重要なことは腕でクラブを挙げるのではなく、身体全体の筋肉を使用するということです。

そのためにはクラブヘッドが身体の右からはみ出るのは、肩がすでに回りきった後というイメージになります。

先に肩がスイングトップの位置まで到達し、後からクラブヘッドは身体の右側に動くということになります。




次にヘッドスピードを上げるためにテークバックで頭に入れておきたいのは、クラブを(クラブヘッド)を高くとか腕を高く挙げるイメージは、あまり良いスイングイメージとはいえません。


ヘッドスピードを上げたいと思うとどうしてもクラブを大きく動かしたいと思う方が多いですが、トップ時に身体がのけぞった状態や必要以上の手首の緩みにつながります。


単純に言うならば、クラブを大きく動かすのではなく肩を大きく回すことが必要です。
正確性の高いぎりぎりのラインでの飛距離アップ


左足の筋肉の使用をかなりゆるくすることで、肩を回すことはできます。。。。。

しかし。。。。。

そこにスイングの再現性や正確性をプラスして考えた場合には、下半身をできるだけ固定して上半身のねじれで最大限肩を回す事ができるようになれば、飛距離と正確性のバランスを保つことができるようになります。


そしてこれらのイメージを総合してスイングフィニッシュで3秒ほど(打った球が地面に落ちるまで)静止できることが、ショットの安定性につながります。
正確性の高いぎりぎりのラインでの飛距離アップ


スコアーアップ
あなたなら絶対出来ます
正確性の高いぎりぎりのラインでの飛距離アップが鍵になります

お読みいただきありがとうございました。


100切りゴルフ予備校リアルレッスン
壁を乗り越えるためのお悩み、まずはご相談ください。
110切り100切り90切り80切りシングル到達まで、全ての壁を乗り越えましょう

海老名市、大和市、綾瀬市、厚木市、相模原市、藤沢市北部、横浜市西部、町田市南部、出張レッスン承ります.

いいね!(22)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>


ブ

QLOOK