これはフィクションです。

某楽器店の部長さん。

新年度を控えて講師面談。

部長「どうですか?
           何か困っていることは?」
講師A「実は、生徒さんとのコミュニケーションで
             悩んでいて。誰に聞いたらいいかわからず。」
部長「‼️」

※これはフィクションです。

部長、心の声……コミュニケーションで悩んでいる講師が多いのか。
どうしたら?………

家に帰ってみると、妻が熱心に本を読んでいるのが目に入った。

本のタイトル『ピアノの先生の伝え方トレーニング』


ガバッと本をとる。

こ、これは?

著者、保科陽子?

サイトで確認。

保科陽子公式サイト
http://coachinglesson.com/


ふうむ。
セミナーをされているのか?
銀座ヤマハや
千葉伊藤楽器。

うちの講師に聞かせるのもありか?

思わず、メールしていた。

※ここまではフィクションです。

----------------------

ある日の陽子
メールを見ると、

『先生の著書また他の楽器店でのセミナーなどの
内容を拝見しまして
当社でも店所属の講師向けまた地域の指導者向けに
開催してみたいと思いメールをさせていただきました。
…………』


陽子「うぉぉぉ。セミナーオファー直接きたぁぁ。。」

普通は、出版社営業さんを通じて。
ビックリしました。
こういうこともあるんですね。

とにかく、
講師思いの
ええ~部長さんやぁぁ。。
講師は幸せ!!

ということで、フィクションとノンフィクションが混じっておりますが、
ありがたいオファーを頂き、行ってまいりました。
宇都宮、上野楽器

{94C7E314-90F1-4384-A828-D61EC4AF7F29:01}

途中ちょっと迷い

{DFDDBC81-65B0-4140-AEA6-741B035F064B:01}

新しく開通した高速に乗って。

{0743F16F-41BE-4B8B-896C-BC98CCA46535:01}



久しぶりの総勢70名のセミナーで
盛り上がりました。

{CF9D19A9-DEC7-46D3-9F53-610224D7A1BC:01}

{7845D712-B98E-44E8-8BE1-C66AAD46592F:01}

{7B2CA46A-9F59-4CF7-A472-AF52550D9D6B:01}


テーマは、
タイプ分け。

自分のコミュニケーションのタイプが
わかると癖が見つかります。

人は自分がやってほしいコミュニケーションを
人にしてしまいがち。

相手にとってそれが好ましいものではないことがある。

相手のコミュニケーションのタイプを見る。

相手との関係向上のために。

このスキルは、ぜひお母様にも伝えてほしい。

そして、本人にも。

コミュニケーションの成功が、社会に出ての成功につながるから。

{E9E6313D-AD5E-4EF8-BCC7-19A8DB15C46B:01}

アンケートもたくさん頂きました。
AD