1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-11-14 09:10:09

まなべる 反省会

テーマ:ブログ

 

昨晩商工会議所にて、

9月に開催された、第11回田辺のまちゼミ「まなべる」の反省会。

今回は、27店舗参加の34講座、講座数は56回を数え、参加人数は215名。

 

2月に比べ少々少ない数字ではあるものの、

お客様の評判も良く、反省会に並んだお店の方のやる気も満々で、

来年の2月が楽しみです。

 

「反省会」といっていたら、事務局の方より、

反省ばかりしていてもなんだから、「結果検証会」、「次回に向けての、、、」

ということでのお話をいただいて。

 

当店も、内容及びPRの仕方を少し工夫して、2月に備えます。

お楽しみに。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-11-09 09:48:50

「ブラック オア ホワイト」

テーマ:

「ブラック オア ホワイト」   浅田次郎   新潮文庫   ☆☆」

 

黒い枕と白い枕、その枕で見る夢。

夢を見た場所は、スイス、パラオ、インドのジャイプール、北京、京都。

主人公は、バブル期の商社マン。

商社マン三代、その祖父の話も関連して、、、

 

『祖父は思慮深いうえに勘のいい人だった。世の中に偶然の幸運などそうはないと思うのだが、少なくとも浅慮で勘の悪い人間に、偶然が味方しないのはたしかだね。』

 

それぞれの夢は歴史も相まって興味深く、その白と黒にひきつけられ、

しかしながら、いささか全体としてごちゃごちゃとしていて、、、

 

『たいがいにしなさい、か。なかなか含蓄のある叱言だね。僕らの親や、その同世代の教師にいわば定めぜりふだった。いったい何を「たいがい」にするのか、子供自身に考えさせる。自制心を促す。』

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-03 14:43:37

4日、100円商店街

テーマ:ブログ

11月4日(土)、田辺市の商店街で100円商店街が開催されます。

10時開店、各店売り切れ次第終了。

 

当店は商店街圏ではないのでですが、

100円商店街にあやかって、店頭・店内に特価品・お買い得品を並べてます。

ガラスのフタもの、茶碗、皿、小鉢、コーヒーカップ、お箸、、、

 

また、2階ギャラリーでは、「戌歳展」を開催中です。

来年平成30年の干支は戌で、かわいいイヌの置物がたくさん揃っています。

 

この機会にあわせてご覧になってください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-02 09:33:45

戌歳展

テーマ:ブログ

11月3日から11月30日まで

ほしかや陶器2階ギャラリーにて

 

来年平成30年は戌歳です。

かわいいイヌの置物をたくさん並べています。

 

お正月のお飾りに、

また、

年末年始の贈り物にいかがですか。

 

 

 

・陶器 : 京焼・清水焼、九谷焼、有田焼、信楽焼、薬師窯、村田肇一、ノリタケ、、、

・硝子 : 粋工房

・木製 : 葵工芸

・張子

・縮緬

 

置物のほかに、

箸置、小皿、酒器

タペストリー

ストラップ

 

 

 

干支の置物のほかにも、

お正月飾りや、クリスマスグッズも取り揃えています。

 

是非一度ご覧になってください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-10-24 10:43:04

「ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女」

テーマ:ブログ

「ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女」(上下)   ダヴィド・ラーゲルクランツ   ハヤカワ文庫   ☆☆☆

 

満を持しての登場。

「ミレニアム1、2、3」がべらぼうに面白かったので、

作者のスティーグ・ラーソンが亡くなったと聞いた時には、非常に残念に思いましたが、

続編の構想があったと聞いていて、ひそかに期待していました。

 

作者が、スティーグ・ラーソンからダヴィド・ラーゲルクランツに変わったものの、

たいへん面白く読ませてもらいました。

 

『女を憎む男を・・・・・・憎む女』

ドラゴン・タトゥーの女、リスベット・サランデルの秘密も少しづつ解き明かされ、

彼女のコードネームの「ワスプ」の意味も、、、

 

たしか「ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女」の原題は、「女を憎む男達」

 

『悪や強欲だけでなく、他人に気に入られたいという思いもまた、人が罪を犯したりモラルを逸脱したりする大きな原因のひとつかもしれない』

 

リスベットの双子の妹が登場、新たなシリーズの始まりです。

 

リスベットの隠れ家に用意されるリストの中に、ジャンクフードに混じってタラモア・デューがひと瓶。

そういえば「ミレニアム3」で好んで飲んでいました。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-10-17 10:15:03

「旅だから出逢えた言葉」

テーマ:

「旅だから出逢えた言葉」   伊集院静   小学館文庫   ☆☆ 

 

紀行文、

国内国外を問はず、そこで印象に残った言葉。

 

『すぐに役に立つものはすぐに役に立たなくなる』 (小泉信三著「読書論」)

 

週刊文春で伊集院静の「悩むが花」という読者の悩み相談を長く連載中ですが、

馬鹿話なのか、まじめな指針なのか、訳の分からないところがたいへん面白く、

毎週楽しみにしています。

 

『私がいいプレイヤーになる前に人間を鍛えなさい、とそればかり言うので苦笑される。でもそれは何のスポーツ、仕事をしようが、一番大切なことなのだ。まず男が己を鍛え、その後に家族を、一家をなせば、親が子に痛い思いをさせることなどあるはずがないのだ。』

 

まだ見ぬ場所がたくさんあります。

もう一度行きたい場所もあります。

 

『ドールスは美樹館を巡ること、絵画を鑑賞する時間は三時間が目安だろうと言っています』

 

雑誌「シグネチャー」で連載中にずっと読んでいました。

そこには長友啓典氏のイラストが添えられていたのですが、今回はそれがありません。

それが残念といえば、残念です。

 

フランスのルーアンのエピソードで、若き日の遠藤周作のことが語られています。

遠藤周作はルーアンのことを「留学生」という作品で触れているといいます。

少し興味が出てきました。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-10-15 10:44:41

月見の茶会

テーマ:ブログ

掛物  月に無事

花入  鉈篭

 花   シュウメイギク、ヤハズススキ

 

今年の十五夜、中秋の名月は10月4日でした。

また十三夜は11月1日。

 

おそいのか早いのか昨晩月見の茶会。

生憎お月さんは出てきてはいませんでしたが、掛物の金色の真ん丸を月に見立てて。

 

「無事」、事無し、普段と変わりのないこと、平穏無事、、、

禅語としてはもっと深い意味があるのでしょうが。

 

蓋置  月に兎

 

 

 

涼しくなってきました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-10-09 17:37:28

「フロスト始末」

テーマ:

「フロスト始末」(上下)   R.D.ウィングフィールド   創元推理文庫   ☆☆☆

 

フロスト警部シリーズ最終話。

 

シリーズ全6話の最後を飾るにふさわしい面白さ。

 

『雨が降るときは必ず土砂降り』の言葉通り、

事件が起こるときには続けざまに起こり、しかも捜査の人員は足りず、

少ない人員で寝る間も惜しんで、捜査に明け暮れる。

しかしながら、例によって例のごとく思い付きのカンに頼った捜査は混迷を極め、

悲惨な結果を見ながら、、、

 

さらに今回は、署長の意を酌んだ新任の主任警部がやってきて、

フロスト警部の領収書の偽造が見つかって左遷寸前の事態に。

 

いつものごとくお待ちかねの下品なジョークに笑いを誘われ、

フロスト警部の捜査を心配しながら見守り、

珍しくロマンスなんかもあったりで、

最後は大団円で、拍手喝采。

 

下品なジョークを楽しみに待つというのもなんですが、

そういう部分も含めて、シリーズ物の面白さをきっちりと押さえて楽しませてくれます。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-10-07 17:28:37

まなべる 番外

テーマ:ブログ

お菓子はまるぜんさんで、秋の里

 

昼3名

9月の日程では合わず、本日開催しました。

 

3名以上であれば、まちゼミの期間にかかわらず、

お客様のご都合と、当方の予定を調整して開催いたします。

ご希望に添えない場合もありますが、まずはご連絡ください。

 

掛物  円相に、「清風拂明月」

花入  鉈篭

 花  フジバカマ、ホトトギオス、ミズヒキ

 

次回まちゼミは来年2月の予定です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-10-02 10:03:34

酒の器展

テーマ:せともん屋

10月1日から10月31日まで、ほしかや陶器2Fギャラリーにて開催中。

 

村田幸之介 「六齋窯」 (京都)

各 8,100円

先代が極めた南画技法の精神を受け継いだ柔らかな筆致が特徴で、

指筋が付けられた素地は、厚みを持たせながらも、想像以上に軽やかに仕上げられています。

http://www.hoshikaya.com/guinomi.html

 

匠の蔵シリーズより (有田焼)

・左 ビアグラス  マイルドな泡立ちをつくり、美味しいビールをもっと美味しく。

・右 焼酎グラス  水割り、オンザロック、お湯割り、いろいろな飲み方が出来ます。

・後 日本酒グラス  吟醸、大吟醸など、香り広がる日本酒に。

  ※ 1,080円から10,800円までいろいろとあります。

 

左から

・矢野正三 「碧黄石窯」 明彩 ぐい呑 12,960円  

 http://www.hoshikaya.com/guinomi-20.html

・矢野正三 「碧黄石窯」 海遊文 ぐい呑 12,960円 

 http://www.hoshikaya.com/guinomi-19.html

・炭渓窯 (京都) 金彩赤富士 ぐい呑 8,640円

・炭渓窯 (京都) 金彩青富士 ぐい呑 8,640円

 

他にも、

・江戸切子、津軽びいどろのガラスの酒器

・備前焼、九谷焼、京焼・清水焼、有田焼、、、

・ぐい呑から、ビールカップ、焼酎カップ等、いろいろ取り揃えています。

 

贈り物に、

また、ご自分だけのマイカップにいかがですか?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。