個人的な見解なんですけど爆死って一回くらい経験しといた方が後々のためになるんじゃないですかね?

 

どうも、kemusiです。武道館初日はこの失敗を胸に臨むとします。

今回アーケードの記事ではなくミリオンライブで、LIVE THE@TER FORWARDについて書いちゃいます!

武道館ライブ前に今一度ゆっくりと歩いて振り返って・・・・・・いや、ランニング・ハイッで振り返っていくぞ!

 

LTF01

 

ランニング・ハイッ

 

疾走感がある曲調に競争意識が強い歌詞ですね。最高の景色が見たいっていう目的があって、そのためにWINNERになるっていう歌の中で手段と目的が存在しててすっごいの。

チアっぽいなって思ったんで、これはポンポン持って応援したくなっちゃいます。

 

 

ゲキテキ!ムテキ!恋したい!

 

作詞作曲みたらアフロダケのお二方。ドラマでもあったように恋愛観がまちまちな3人が歌うこの曲、サビの韻の踏み方がイカしてます。歌詞が一回フラれてるっぽいんですが、そこから逆転劇今すぐ始めよう、と変わっていくのがこの3人一筋縄でいかないんだろうなって思わせます。

 

 

Bonnes! Bonnes!! Vacances!!!

 

ヴァカンスの一部始終って感じですね。初めのV・A・C・A・T・I・O・N→JUMP!の後の溜めるような曲調がたまりません。高揚感を煽ってきて凄い。たぶんハワイかグアムかな?って予想ですけど、案外沖縄とかだったら面白い。まぁ国内ではないでしょう。

 

NO CURRY NO LIFE

 

最初のピッピッピーーーーーーーーー!!!ってなんなんだよ!!!!!!!!!って初めて聞いてから今までずっと思ってます。なんか笑っちゃう歌詞なんですけども・・・・・・あれ・・・あれ、聴けば聴くほどヤミツキだ……

恋する乙女は見た目は女、中身は子供なんですね・・・

 

サンリズム・オーケストラ♪

 

(なんとなくハイファイ・デイズっぽさを感じた)

〆って感じの曲ですね。間奏部分のギターがイカしてます!願わくばこの曲で1日目の楽しいを刻んで終わりたい。アンコール前はコレだったら良いなぁ・・・

 

LTF02

 

Raise the FLAG

 

反抗期の歌かと思えば反抗どころか革命ですよコレ!!

でもグレた訳じゃなくて自我を持って自己主張してますね。動かなきゃ何一つ変えられない、それもそうだ。曲と歌に殴られてるような印象も受けました。もしかしてオラオラですか────ッ!?

 

 

 

 

 

P.S I Love You

 

 

すごく死を匂わせる歌だ・・・一見失恋ソング?のようなものなのかと思っていたんですけどね。恐らく戦争下でしょうか。死んで帰らぬ人となるよりは道に迷うくらいは容易いということでしょうか。ジャズのような曲調が悲壮感を醸し出しています。個人的に2日目の演出が一番気になる曲です。

 

 

プリムラ

 

これ絶対KOHさんでしょ!これ絶対KOHさんでしょ!って思ってみたらKOHさんだったよ。儚げな曲調に合った歌詞と歌声がたまりません。また、水を思わせる歌詞と曲調ですね。昴が消えてしまいそうな儚さを持ってて凄く魅力的です。

 

 

待ちぼうけのLacrima

 

このまた死を連想させる前奏。嘘だったの、という歌詞を引きずるように溜めるサビ前が儚いです。サビを感情的に歌う3人の歌声を聴いた時、壮大な場所の心象風景が浮かぶほどでした。この感情的な歌を武道館に響かせるというのですから、楽しみで仕方ない…

 

 

brave HARMONY

 

臨むは大きく輝く月という訳ですか。HARMONYというだけあって、Like a blue moon…の後のHa…や、ラストのAh…の歌声の響きが儚げで染みる。歌詞が力強いもので、歌声に感情というよりは意志のようなものを強く感じて良かったですね。

 

しまった、LTF02、ボケるスキマがあんまりなかった!?

 

LTF03

 

リフレインキス

 

アフロダケのお二方再び!

温度が高い!この曲凄く温度が高いぞ!!恋の、キスの駆け引きの曲な訳なんですが、段々と枷というか、何かが外れて完全に求めるがままに主導権を握っていく変化が凄いぞ!!

セクシーさを前面に出した曲というよりは、オンナを前面に出した曲って感じです。でもすっごくセクシー。

 

Sweet Sweet Soul

 

しぇけなべいべー☆しぇけなれいでー☆

そういった曲だから、というのもありますが韻の踏み方がすっごい!サタデーナイトからこりゃ正気の沙汰でない、のところの歌詞が聴いてシビれましたね。

また、Free Styleなんか聴いてたまげた・・・

一番の驚きと驚きに対する感動をもらった曲はコレですよこれ。

 

 

メメント?モメント♪ルルルルル☆

 

なんだこのイカれた曲名は!?って思ったら想像以上に良い曲でした。今ではLTF03の中で一番好き。歌っている3人の個性が染みでてる感じが凄くたまりません。随所に散りばめられた単語がイカしてますね。最後に全員の名前を叫んでやりたい曲です。

 

永遠の花

 

ユニット名はジェミニ・・・そういえば昔ロックマン3くらいにジェミニマンっていたなぁ、とか別のこと考えながら聞いてたらなんて大人びた歌い方をするんだこの周防桃子は!?!??!

凄く希望を感じる歌詞ですね。歌い方も丁寧で、曲調と歌の二つから優しさを感じる良い歌でした。うん、良い歌でした……実に。

花言葉は永遠の愛・・・キキョウとかですかね。

 

Starry Melody

 

前奏から左右から分かれて聞こえてきて面白い。なんとなく、OP曲のような感じもするんだけどED曲のような気もする。個人的には〆に、アンコール前にぜひ聞きたいですね。

おわらない夢の中で…、この夢は終わらないってお互いに夢心地で居ることを許される歌詞が素晴らしい。夢じゃないんだ!!

あともう1個!Lalala~のところのギターがイカしてますね!

 

 

駆け足で振り返ってきましたが良い曲引っ提げての武道館だなぁ…としみじみ感じました。

3日3公演出演者も歌う曲も違うと思うと楽しみが3倍あるような!

どんなパフォーマンスを見せてくれるんだ・・・楽しみで仕方ない!このまま武道館に突撃だ!!

 

 

追記:LTF03のドラマパートの亜利沙面白い

AD

振り返りM@S!!!【第二回】Gratitude

テーマ:

 

つい先日、プラチナスターズにおいて全アイドルをSランクにすることができました。

もしかしたら今後そのことについてもブログに書くかもしれませんので、その時はよろしくお願いします。

 

 

 

好きな役満は大七星。

こんにちは、山本です。

 

 

今回の記事は『振り返りM@S!!!』の【第二回】ということなんですが、前回(振り返りM@S!!!【第一回】雪歩特番公開中!!)はご覧になって頂けたでしょうか。

 

もし見てないよ~というのなら、『振り返りM@S!!!』の趣旨等も書いてありますので、是非そちらの方も見てくださると嬉しいです。

 

 

 

では、早速本題の方に移らせていただきます。

 

 

今日、2月25日千早の誕生日ですね。

 

誕生日おめでとう、千早。

 

 

そんな今日に振り返ること、それは・・・

 

 

Gratitude ―グラッティテュード・感謝―

 

 

 

これは千早による「カバー曲CD」です

 

 

もちろん、曲だけではなく、音無小鳥さんも登場するドラマパートも収録されています。

 

 

少しだけ詳細を説明させて頂くと、このCDは2006年3月10日正午から3月13日16時30分まで(76.5時間)の期間に、アイドルマスター・オフィシャルグッズショップのみで予約販売されたものとなっています。

 

 

そして、その約一年後にアニメイトからアニメイト限定販売用として、再企画・製作されてもいます。

 

つまり、この『Gratitude』は二種類あるということですね。

 

 

 

(これは私が個人的に所有しているものですが、左が予約限定版、右がアニメイト限定版となっています。)

 

 

収録トラックも同じなのかというとそうではなく、アニメイト限定版ではトラック数が3つ増えており、「ふたりのもじぴったん」(歌:如月千早)などが新たに収録されています。

 

 

更に、アニメイト限定版のほうには今井麻美さんへのインタビュー記事なども掲載されていたりします。

 

 

(本文にはモザイク処理をしていますので、実際にご自分の目でお確かめください。)

 

 

収録内容に触れた私見を述べさせていただくと、千早と小鳥さんのやり取りが本当に素晴らしいです。

 

小鳥さんが素敵な大人の女性ということがとてもよく分かります。

 

 

あと、個人的にオススメするトラックが、アニメイト限定版にのみ収録されている、

『足』というタイトルのトラックです。

 

 

何故これをすすめるのかは聞いてもらえば絶対に分かると思うので是非とも。

 

 

 

歌に全てをかける少女、如月千早。

 

このCDはそんな気持ちと歌の実力を存分に感じる事の出来るものです。自分のバースデー記念コンサート(架空)で、自らが得意とする他アーティストの楽曲を、愛情込めて歌いきった……その模様がCDにおさめられています。

 


皆さんもぜひこの機会に千早の歌にかける熱い思いに触れてください。

 

 

 

 

 

・・・

 

まぁ、今手に入れようと思うと結構お値段的な意味で大変なんですけどね・・・

 

 

AD

We are 315!!!!!!!!!!!

テーマ:

 

 

初めまして。碧りんごです。

以前sideM座談会(http://ameblo.jp/hoseimaster/entry-12175165205.html)の時に少し登場させてもらったsideMメインのPです。

 

 

さて、私が今回ブログ書くということは内容は「アレ」についてです

 



THE IDOLM@STER SideM 2nd STAGE ~ORIGIN@L STARS~

 



いよいよ明日になりました!!!!!!!

 

 

 

楽しみの反面準備が全く終わってません。先週までテストだったのでこの記事書き終わってから急いで準備します。

 

 

今回は1stから約1年。初めて315プロダクションの全ユニット参加のイベントになりますね。

まさか秋月涼くんの声優さんが三瓶さん続投になるなんて夢にも見ていなかったので正直ドキドキが止まりません。

 


 

そんなsideM2ndライブですが、1stから引き続き今回も当会機関紙『HOUSEI M@STRER』のsideM特別号を2日間2種類制作しました。内容はお手に取ってからのお楽しみですが、表紙はこんな感じになってます。315プロ全アイドル大集合で、表紙制作は当会員の菜羅です。

 

 

実はこちら、1日目表紙の天道輝と2日目裏の天ケ瀬冬馬がつながるようなイラストになっています是非両日ともにお受け取りください!ほんとうに315ですね~

 


 

▲1日目



▲2日目


 

 

配布場所など詳しくは当会のTwitter(@hoseimaster)をご覧ください。

私も時間のある限り配布しに行きます。

 

 


さて、告知もこんな感じにして。準備に戻りますね。

2ndライブ楽しみすぎて寝れなくなりそう。

私はBeit鷹城恭二くんの担当なのですが、彼はすでにソロ曲がCDになって発売されてます。(みんな聞いて・・・)もし、ライブで歌ったら私はどうなるんだろう

恭二くんの曲の話とか彼についてとかを話すと長くなるのでそれはまた別の機会に・・・

 
 
碧りんご
AD