穂崎裕太の『HOSA記』

穂崎裕太のオフィシャルブログ『HOSA記』


テーマ:
遂に発売されたSG+バスロイド
{BB02F9AA-628C-45AC-8D59-55B1A5355EC9:01}
リアルさを追求したフォルムに3Dリアリズム塗装がマッチしたリアルかつ美しい仕上がりです

そんなバスロイドですが、背ビレを搭載するために背中のスリットを廃止した為、サスペンド調整の方法が今までとは異なります!

お腹部分にウェイトを貼ることでの調整となるのですが、スローフローティング設定のバスロイドをシンキングやサスペンドに調整しようとすると、水温によってはオモリをたくさん貼ることになります。

『美しい外見のバスロイドに、たくさんオモリを貼るのはちょっと・・・』

って方の為の調整方法を紹介します^_^


用意するものはこちら
{98A907A7-AD57-4A79-9DA8-A14AADCAEEA0:01}
・SG+バスロイド
・タングステンシート(粘着シート付き)
・プラスドライバー
・ハサミ

今回使うのはZAPPUさんのタングステンウェイト
{F5E4024D-58A6-4017-9EC2-82DA3C659907:01}
これならエコトーナメントでも使用できます

まずは怪我防止の為、前後ともフックを外します。
{E7BE9FA6-4636-49EB-A467-0AD7CEE27B3A:01}
慣れてる方は外さなくてもいけますが、針先には十分お気をつけください。

次に、プラスドライバーを使ってジョイントのネジを緩めていきます!
{B0617670-6FE1-463A-A74E-D27EA61CA7A6:01}
ネジ山をなめやすいので、ドライバーをしっかりと押し付けながらゆっくりと回していきましょう!

この状態まで緩めれたら、引き抜くことができます
{F3F08C9D-4685-47B7-96E2-635DAC9C1011:01}
固い場合にはラジオペンチ等を使って引き抜いてください。

これだけで簡単にジョイントを外すことができます
{C67C8F92-0DC1-4420-A4ED-EA30098CDB85:01}
引き抜く際には写真の弾性体(1cmほどのフロロライン)を無くさないように気をつけてください。

ジョイントが外れたら、フロントボディの内側にある平らな面にウェイトシートを写真のように貼り付けます
{025EC4B1-00C6-484D-BC37-9E4D5DBB71AF:01}
これで1.3gくらいです

組み上げた状態でギリギリのフローティング状態にしておき、オモリを追加してサスペンドに調整します

ガレージプールの場合はこの程度のウェイトでジャストサスペンドに調整できました
{425E5D29-B2A6-40F8-9532-CF77836FE18E:01}
少ないウェイトでリアルな見た目を損ないません

中心部分となるジョイント部分にオモリを配置しているので、追加分は顎下に貼って調整することでウェイトバランスを保てます

さらにコダワリたい場合には、白色のウェイトを貼ってボディと同色にすることもオススメ

釣り場によって水温が違うので、ウェイトの加減で調整してください^_^


ほさきんぐ
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

ほさきんぐさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。