法瀧庵-祟りはないと知ってほしい霊能者のブログ-

霊能者であり、密教の修験者である沖田法瀧(おきたほうりゅう)のブログです。
お墓のお花はどちらに向けて備えますか? すべてが生きてる者の自己満足。それを知ってほしい。
「祟り」という言葉にどれほどの人が騙されてきたのか…そんな涙はもう見たくはないのです。

※アメンバー、ペタ返しは行っておりません。アメンバー限定記事も書きません。読者登録をこちらから行うこともありません。相互登録ご希望の方はご了承ください。


でも、いいね は、嬉しく拝見しております。

いつもありがとうございます。励みになります。


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚**:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


クローバー鑑定についてクローバー


詳細はこちらへ!   http://houryu.o.oo7.jp/ (移転しました!)

●対面鑑定 30分 3千円(回数券システムあります)

 日・月 毎月18日 休み
場所 大阪府茨木市  阪急茨木市駅より徒歩5分


電話鑑定 30分 5千円 19時以降

受付  070-6516-3239

※日曜日は受付はお休みさせていただいております。
※鑑定のご依頼はお電話でお願いします。

※電話に出られない場合には、着信を拝見して、非通知でない方には折り返しております。

  (ワンコールや数秒の着信では折り返しはいたしません)

 また折り返す際には「沖田です」と名乗ります。よろしくお願いいたします。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


●かやの実、お清めの塩、御守など

収益では、みなさまの災厄をはらい、ご多幸をお祈りするよう、法瀧が参加する護摩焚きの際に護摩木を購入することになっております。護摩木を購入することによって、沖田法瀧が霊感を頂いている京都北白川 不動院にお布施をし、去年の台風で起こった不動院の落岩事故の工事費に充当いたします。

北白川不動院 落岩の件についてはこちらで す。

http://ameblo.jp/horyu1215/entry-10980328903.html



法瀧庵-祟りはないと知ってほしい霊能者のブログ--お念珠 ★画像のお念珠は一例です。

各御依頼者さまを鑑定し、法瀧が石をひとつずつ選びますのでデザインなどはお選びいただけません。

また作成後は21日間ご祈祷いたします。

お届けには一カ月ほどかかりますのでご了承ください。




作成には一カ月以上かかることもございます。

そうした事情はこちらの記事をご覧ください。

http://ameblo.jp/horyu1215/entry-11380046188.html

●京都北白川不動院 御守 厄除けセット、電話鑑定など

(クレジット決済をご利用いただけるようになりました)

http://homepage2.nifty.com/horyu/


テーマ:

いつもありがとうございます。

卒業式シーズンでしょうか。

 

この時期になると、ふと思い出す女の子がおります。

 

その子は最初はお電話での鑑定をお申込くださいました。

初めて電話をくれたのが、彼女が15歳のとき。

中学3年生の寒い雪の日でした。

 

彼女の相談は、学校でのお友達との関係でした。

 

大人からすれば、女の子の世界でよくあることなのかもしれませんが、中学生くらいの女の子には大問題です。

そんなしょうもないこと、なんて言える問題ではありません。

 

ただ、わたしは電話を取った瞬間から、何とも言えない寂寥感におそわれておりました。

むなしい、さみしい、抱きしめてほしい。

そんな、まるで親の愛を求める子供のような気持が流れ込んできたのです。

 

そんな気持ちを抱えながら、彼女が一生懸命に話す学校のお友達の話をうかがっておりました。

そして彼女の話がちょっと途切れたときに、つい口をついて出てしまいました。

 

「お友達よりも、お母さんのことがしんどいんとちがうの?」

 

電話の向うでしばらく沈黙が流れて、明らかに泣いているのが分かりました。静かに鼻をすするような泣き声が次第に大きくなり、声を出してわんわんと泣き出したのです。

わたしは黙って泣いているのを聞いておりました。

 

少し落ち着いたときに

「ごめんね、泣かせたいんじゃなかってん。

 鑑定所に来てくれてたら、思いっきり抱きしめてたんやけど、近くにいれなくてごめんね。

 今は本当は、お友達のことよりも、あなたの心を苦しめているのはお母さんやね。

 でもね、大丈夫。

 あなたは18歳で家を出ることになるよ。

 それからは自由に思いっきり羽ばたいて生きていけるからね。

 あなたを大好きって言ってくれるお友達もできるからね」

 

なぜ今、学校のお友達とトラブルが増えているのか、どういう時期に彼女が置かれているのかを説明して、いつくらいに落ち着くのか、どう対応していくと良いのかなどを話しました。

 

彼女は「どうしてお母さんのこと言わないのに分かったんですか?」と聞いてくださったのですけれど。

 

なんでわかったのかなんて、私にも分かりません、、、

けれど、これはきっと彼女を守るご先祖様からのメッセージだったのではないかと思っております。

 

その後も何度かご相談をくださいましたが、数年前、彼女は18歳になって高校を卒業いたしました。

大学に進学して、一人暮らしを始め、今はのびのびと将来のために資格をとると頑張っておられます。

 

今しんどくても、ずっと続くわけではありません。

踏ん張りどころなのか、不幸をまとめて終わらせているのかは拝見しないと分かりませんけれど、トンネルには終わりはきますからね。

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

大阪での鑑定の受付はお電話かラインにて承っております。

070-6516-3239

 

ラインによる鑑定のご依頼は
070-6516-3239
こちらをご登録して検索ください。
【沖田法瀧鑑定受付】と出てくるとおもいます。

 

対面鑑定 30分 3000円

お電話鑑定 30分 5000円

 

鑑定所  大阪府茨木市竹橋町6-12

https://goo.gl/maps/7rneTeK64v72

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「人生」 の記事

テーマ:

しばらくるすにさせていただきました。

無事に戻ってまいりました。

いつもワガママをさせてもらって感謝しております。

 

通常の鑑定を再開しております。

またみなさまにお会いできるのを楽しみにしております。

 

今日は、帰ってくるなり飛び込んできたお仕事のことを書きたいと思います。

 

雨、風などといったものに、仏教的、東洋占術的、密教的な解釈をしてコメントがほしい、というものがございました。

 

そこにご依頼くださった方があらかじめサンプルの文章を付けてくださっていました。

こんなふうに書いてね~という、とても親切な形でお渡しくださったのですね。

 

そこで読み進めていく中で、それぞれ長くても30文字程度のものなのに、なんて性格が出ているんだろうと感動したのです。

 

いちばん好感をいだいたのは「風」のサンプル解釈コメントでした。

 

「強風に立ち向かう強い意志」といったことが書かれておりました。

 

この一文を拝見して、まぁなんて頑張り屋さんが、このコメントを書かれたのだろうと感嘆したのです。

 

普通に素直に受け止めると、風には吹き飛ばされると解釈するものです。

強風があるときというのは、飛ばされてしまったり、周囲に流されるといった解釈が自然なのですが、おそらくこれを書かれた方が、いつもとても踏ん張って頑張っておられるのだと思うのです。

 

こんなわずかな文章からも人柄はうかがえるものなのだなと感動したと同時に、これを書いてくださった方が、肩の力を抜いて、少しでも楽に生きてくださると良いなと思いました。

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

大阪での鑑定の受付はお電話かラインにて承っております。

070-6516-3239

 

ラインによる鑑定のご依頼は
070-6516-3239
こちらをご登録して検索ください。
【沖田法瀧鑑定受付】と出てくるとおもいます。

 

対面鑑定 30分 3000円

お電話鑑定 30分 5000円

 

鑑定所  大阪府茨木市竹橋町6-12

https://goo.gl/maps/7rneTeK64v72

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いつもありがとうございます。

管理人のオリエです。

 

先ほど、法瀧から連絡がありました。

無事に帰宅したそうです。

 

多くの方が、法瀧が修行に出かけていくのを「すごい」「えらい」とおほめくださいます。

わたしは昔から、これがとても不思議でたまりません。

 

比較するのもおこがましいのですけれど

プロ野球選手がキャンプに出掛けたり

オリンピックの選手が強化合宿に行かれても

「えらい」「立派!」といったような、こうなんというのでしょうか。

「奇特な方」という扱いは受けておられません。

 

でも、法瀧がうっきうきでお山に行くのは「奇特な方」と言っていただける。

 

これが不思議でたまらないのです。

 

その昔、もう30年も前のことですが。

母子家庭の我が家では、母が時おり、本当にごくたまにではありますが、私が眠ったあとにこっそり出かけることがありました。

 

わたしは黙って眠っているふりをします。

真っ暗な部屋で目を閉じ、未来への覚悟を固めるひとりの時間が始まります。

 

わたしは小学生だった当時、父が死んだあとだということもあり

母がもうこのまま帰ってこなかったら

自分は天涯孤独になる。

そうなれば施設に引き取られて、そこから高校に通うことになる。

かなり真剣にそう思い込み、けれどさほど悲観的でもなく、淡々とただただ覚悟を固めていました。

 

玄関の鍵がしめられる音が響くと、私は施設に入ったら高校にはいかせてはもらえないかもしれないから、一年働いて学費を作ってから高校を受験したいな、とか。大学には奨学金をもらって行けば何とかなる、頑張って勉強をしようとか。同じ施設にいる子供たちとは仲良くできるかな、とか。

そういったかなり具体的な未来をイメージして、一人になっても何とかやっていけるな、まぁいっかと考えていました。

 

母は3時間ほどで帰ってきて、暗闇の中で寝たふりをしている私の頭をなで、自分も眠ります。わたしは「ああ、今回も帰ってきてくれた。施設に行かなくてすんだ」と思って眠ることができました。

 

法瀧がどこに行っていたかというと、山に行っていました。

動物の排泄物や工場排水などに一切汚れていない、湧いて出てきた瞬間のきれいな水をくむためです。

しかもその水をとる時間も決まっており、深夜に出かけるしかないのです。

 

汲んできたお水は依頼されたお札を作るためのものです。

法瀧はいまでも、お札のご依頼があったら一枚ずつ自分で書いています。

書くためには、お札にもよるのですけれど、月が出ていないとダメだったり、湧水が必要だったりと、用意するために労をいとわずあちこち奔走するのです。

 

そうして用意されたお札は、法瀧はどなたかにお渡しして喜んでもらっていたのかと思いますが、少なくとも30年前には、その裏側で小学生の女の子がひとり小さな小さな孤独に耐えていました。

 

いま考えると、帰るたびに私の頭をひとしきり撫でていたのは、法瀧なりに小さな子供を放って行くことにわずかでも罪悪感があったのだとは思います。

また、当時はまだ占いを仕事にはしていなかったのに、たくさんのご依頼が口コミであったのも確かで。

私たちは生活保護を泣きながら断ったせいもあり、貧しい生活の中、鑑定のお礼にと持ってきていただける品々で生きながらえていたのも間違いありません。

 

あのころの皆さま、ありがとうございました。

おかげで大きくなりました(笑)

 

よく電話の受付をさせていただいていると

自分は家庭があるから、修行をしたいけれどなかなか行けない

先生は素晴らしい

といったお言葉をいただきます。

 

でも、何十年も真剣な修行を積んできた母を持つ娘としては

法瀧が本気で取り組めば取り組むほど、幼いわたしは寂しかったし。

 

それだったら、休日は家族とすごし、お子さんを笑顔にしたり、伴侶を幸せにしたりするほうが、ずっとずっと徳を積んでおられると思うのです。

 

 

そして今回も、法瀧は楽しみでたまらなかった八千枚護摩にいき、満願を終えて帰ってきました。

30年前の暗い部屋にいた自分を思い出し、もう誰も悲しんでない、楽しい修業ができるようになって良かったねと心から思います。

 

法瀧はご機嫌で帰ってきましたので。

火曜日から鑑定を再開いたします。

 

今年もこれで一年が始まったように思います。

今後ともお引き立てのほどよろしくお願いいたします。

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

大阪での鑑定の受付はお電話かラインにて承っております。

070-6516-3239

 

ラインによる鑑定のご依頼は
070-6516-3239
こちらをご登録して検索ください。
【沖田法瀧鑑定受付】と出てくるとおもいます。

 

対面鑑定 30分 3000円

お電話鑑定 30分 5000円

 

鑑定所  大阪府茨木市竹橋町6-12

https://goo.gl/maps/7rneTeK64v72

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)