2005-03-27 13:30:20

腹から喰う。中国にて腎移植が可能に

テーマ:社会背景メモコラム
中国の病院が日本に支部を開設して
日本人の腎臓病患者に情報を提供し
中国で腎臓移植を行なう計画を進めていることが関係者の話で分かった。
腎臓を提供してくれるドナーが見つからなくて
長年人工腎臓(透析装置)で透析治療を続けている患者にとって
選択肢が増える。しかし中国のドナーは死刑囚と言われ
日本臓器移植ネットワークを介した善意の移植とは違うだけに
多いな波紋を呼びそうである

産経新聞1面 2005/03/27
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050327-00000000-san-soci

クリフォード病院

2002/9 新興住宅街の中に広州中医薬大学との医療定型で設立された
総合病院。
中国名は「祈福医院」。
240床。総スタッフは500人
一般病棟は地上二十階建て、地下一階
クリフォード病院は、早ければ今年夏にも、
東京都台東区秋葉原に支部となる事務所を置く計画
中国人だと、二百万円前後だが、
日本人がクリフォード病院で腎移植を受ける費用は、
渡航費や入院費、通訳料などすべて含んで
八百万円から九百万円かかる。



ドナーは30歳から20歳という若い人に限定し、
腎臓は摘出後十二時間以内に移植される。
入院期間は60日。で既に日本人では二例が存在。

----------------------------------

中国では最高人民法院などの規定で、
死刑囚から臓器を取り出して患者に移植する事が認められている
一説では移植される臓器の九割が死刑囚からの摘出とされる

中国では一般人からの臓器提供は殆ど無く
死刑囚ドナーのメリットは

1.多くの死刑囚は若く健康
2.麻薬歴や肝炎、HIVの事前チェックができる
3.予め死亡の日時や場所が分かり 移植を受けるレピシエントの 
 選定や待機が簡単

(岡山大 栗屋 剛教授 談)

という
現在日本の移植数は
移植ネットワークに登録された腎臓移植希望者数の
7パーセントに過ぎない。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-02-17 17:03:32

人間の胎盤で無承認製薬 メルスモン社

テーマ:社会背景メモコラム
製薬会社「メルスモン製薬(東京都豊島区)が人間の胎盤を使った
無承認の医薬品を製造、販売していた問題で、
厚生労働省は十六日、同社の川口工場(埼玉県山口市)を十七日から
九十日の業務停止処分にした。
厚生省によると、同社は人の胎盤を使った医薬品を治療に
使う医師でつくる
「日本胎盤医療研究会」から委託を受け
平成十三年から十六年八月まで胎盤を細かく切って
滅菌処理し、小瓶に詰めた商品を承認や許可無く製造していた
同研究会では会員の意思焼く六十人に
製品を提供
医師はアレルギー性疾患の治療などの為に
製品をすりつぶし、注射で皮膚の下に埋め込む治療法で使っていた

産経新聞 2005/2/17 14面

胎盤医療で業務停止
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050216-00000984-jij-soci
「刻み胎盤」を販売、製薬会社を業務停止処分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050216-00000207-yom-soci
薬事法違反で業務停止 胎盤使った無承認薬製造
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050216-00000134-kyodo-soci
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-01-07 12:03:16

ブラジル性産業についてメモ

テーマ:社会背景メモコラム
以前タレントのマルシアがテレビで

「カーニバルの時は盛り上がって浮気をしても問題が無い」

という発言をしていて
周囲の人間がおののいていたのを数年たった今も覚えている
友人でブラジル人の人も居るけれど
どちらかというとおおらかで
優しい人であるという印象が強い。

ブラジルは1988年までポルノ禁止法があり
非常に厳しい性規制が行なわれていた
昨年までは
結婚した女性が処女で無かった場合離婚しても良い
という法律まで存在した。
とにかく基本的にはカトリックの国なので規制が厳しい事が多い

とはいえ過去の奴隷制の影響があってか
性についてはおおらかである
十歳、つまり小学校四年生にはもう性教育が始まる

失業率が高く貧富の差が大きいので
一般の女性でも気軽に風俗で働く傾向もあるという
最近はこうした女性がヨーロッパに出張し国際問題になっている

ポルノへの検閲は無く
売春は合法ではない
ただ実際は大概の町に「ボアッチ」と呼ばれるナイトクラブがあり
そこで売春が行われている
店は場所を提供するだけで交渉は個人が行なう

レイプ犯は最高十四年の刑となり
ポピュラーな避妊方法はコンドーム
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-01-07 11:56:15

アメリカ性産業についてメモ

テーマ:社会背景メモコラム
似合わないといわれるかもしれないけれど
昨年MTVで放送された
ジェシカシンプソンとニックラシェイの新婚生活をピーピングした
番組は毎週欠かさず見る唯一の番組であった

飾らない彼らの生活の中から
アメリカの一般的な生活習慣が垣間見れ
ふむふむと考えさせられる事もしばしば
新妻ジェシカは結婚まで純潔を守ると宣言しそれを実行した人間で
会話の節々に

「ジェシカは結婚まで我慢したんだ」
「お陰でとても感動したわ」
「あの時あまりにも大きくてビックリした」

等々の話が織り込まれていた
アメリカというと奔放な性が思い浮かぶけれど
最近はこうした有名人の「純潔宣言」は珍しく無い
昨年同じく結婚したブリトニー スピアーズは
途中純潔宣言を撤回したけれど
性産業についてアメリカは「見える所は綺麗に」といった事が多い

ポルノに検閲は無く。日本とちがい丸出し。
売春は大半の州では非合法であるけれど
ラスベガスのあるネバダ州は合法である
ポピュラーな避妊方法はピル。
同性婚に関してはマサチューセッツ州は合法
となっている

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。