2007-05-15 11:56:57

960人殺すには でも私だけは生き残る

テーマ:人喰いコラム

腹から人を喰う話について
このブログでも遅々と追ってきておりますが
先日久しぶりにこれに関する記事を発見した


2007/5/13 産経新聞 14面


日本人比で人造移植か?


と書かれ、昭和61年から平成15年ほどの間に
十人の日本人がフィリピンで臓器移植を受けたと書かれていた

ちなみにフィリピン政府は今年の二月に
「一定のルールを満たした場合に腎臓売買を公認」する姿勢を示している
謝礼は20万円から57万円。
臓器提供の理由は大半が「貧困」であり、72人のドナーの内56人が
「臓器提供を後悔している」という。


まあ自分の意志で臓器を提供し、金銭を受け取っているので
この件に関しては「そうですか。個人の自由ですね」

「フィリピンでも合法化されたのですか」といった所であろうか。


しかし、尊敬するノンフィンクション作家
曽野 綾子氏の「沈船検死」ではこの件に関してこのような記述を掲載している


曽野 綾子
沈船検死

新聞はいつも本当のことを書くとは限らない、といったらほとんどデタラメでしょう。
とまでいった外国通がいた。
その許容範囲で読んだ記事だが、昨年末までにマレーシアでは数百人の
透析の治療を受けている患者が中国に行き
生きている人から取った腎臓の移植手術を受けた。
腎臓の提供者は処刑者であった。


中略


腎臓の値段は約百四十万円であった。

フィリピンよりも中国の方が高いようであります。
興味のある方は書籍の方開いてみると宜しいかと思います
現在中国でもフィリピン同様、合法化されていますので
値段的にはもう少し落ち着いて? 来ているのではと勝手に思っています


さて、今回の題でありますが

これまた曽野 綾子氏の「沖縄戦・渡嘉敷島 集団自決の真実」に


曽野 綾子
沖縄戦・渡嘉敷島「集団自決」の真実―日本軍の住民自決命令はなかった!


書かれていた内容で気になったものがあったので
ご紹介します。


これは原文ではなく
原文はY ヤディンの「マサダ」よりの引用なのでありますが

奴隷になる前に死のうと思った960人がどうやって死んだかということを紹介している


彼らはまず籤で十人の男たちを選び出した。
この十人が、夫と妻が悲しみのうちに子供を擁して抱き合うあらゆる家族全員の
命を絶っていった。
そのごこの十人が再び籤を引き
当たった一人が残りの九人を殺害し
その後で自らの剣で自決した。

こうしたことが全て明るみに出たのは
二人の婦人たちと五人の子供たちだけが
地下の洞窟に隠れてこの悲劇を生き延びたからであった


うーむ壮絶な話である。

他人の臓器を自分の物にしてでも生き残ろうとする人
死を選ぶ人。

結局選ぶのは自分自身だけれど
申し訳ない。多分私は前者になってしまうと思う。


「とにかく生き残らなければならない、ということだけでした。
 子供たちのうち一番小さい子はまだやっと満一歳になったところです。
 私は子供たちのことだけを考えていました。
 私には倫理的な面まで考える心の余裕がなかったのです」


激しく同感。その時は多分私もそうすると思う。

ではまた


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-05-15 11:56:57

960人殺すには でも私だけは生き残る

テーマ:人喰いコラム

腹から人を喰う話について
このブログでも遅々と追ってきておりますが
先日久しぶりにこれに関する記事を発見した


2007/5/13 産経新聞 14面


日本人比で人造移植か?


と書かれ、昭和61年から平成15年ほどの間に
十人の日本人がフィリピンで臓器移植を受けたと書かれていた

ちなみにフィリピン政府は今年の二月に
「一定のルールを満たした場合に腎臓売買を公認」する姿勢を示している
謝礼は20万円から57万円。
臓器提供の理由は大半が「貧困」であり、72人のドナーの内56人が
「臓器提供を後悔している」という。


まあ自分の意志で臓器を提供し、金銭を受け取っているので
この件に関しては「そうですか。個人の自由ですね」

「フィリピンでも合法化されたのですか」といった所であろうか。


しかし、尊敬するノンフィンクション作家
曽野 綾子氏の「沈船検死」ではこの件に関してこのような記述を掲載している


曽野 綾子
沈船検死

新聞はいつも本当のことを書くとは限らない、といったらほとんどデタラメでしょう。
とまでいった外国通がいた。
その許容範囲で読んだ記事だが、昨年末までにマレーシアでは数百人の
透析の治療を受けている患者が中国に行き
生きている人から取った腎臓の移植手術を受けた。
腎臓の提供者は処刑者であった。


中略


腎臓の値段は約百四十万円であった。

フィリピンよりも中国の方が高いようであります。
興味のある方は書籍の方開いてみると宜しいかと思います
現在中国でもフィリピン同様、合法化されていますので
値段的にはもう少し落ち着いて? 来ているのではと勝手に思っています


さて、今回の題でありますが

これまた曽野 綾子氏の「沖縄戦・渡嘉敷島 集団自決の真実」に


曽野 綾子
沖縄戦・渡嘉敷島「集団自決」の真実―日本軍の住民自決命令はなかった!


書かれていた内容で気になったものがあったので
ご紹介します。


これは原文ではなく
原文はY ヤディンの「マサダ」よりの引用なのでありますが

奴隷になる前に死のうと思った960人がどうやって死んだかということを紹介している


彼らはまず籤で十人の男たちを選び出した。
この十人が、夫と妻が悲しみのうちに子供を擁して抱き合うあらゆる家族全員の
命を絶っていった。
そのごこの十人が再び籤を引き
当たった一人が残りの九人を殺害し
その後で自らの剣で自決した。

こうしたことが全て明るみに出たのは
二人の婦人たちと五人の子供たちだけが
地下の洞窟に隠れてこの悲劇を生き延びたからであった


うーむ壮絶な話である。

他人の臓器を自分の物にしてでも生き残ろうとする人
死を選ぶ人。

結局選ぶのは自分自身だけれど
申し訳ない。多分私は前者になってしまうと思う。


「とにかく生き残らなければならない、ということだけでした。
 子供たちのうち一番小さい子はまだやっと満一歳になったところです。
 私は子供たちのことだけを考えていました。
 私には倫理的な面まで考える心の余裕がなかったのです」


激しく同感。その時は多分私もそうすると思う。

ではまた


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-04-24 22:23:04

鳥葬について、あなたはどこまで知っていますか?

テーマ:人喰い書評

このブログでも何度か触れたけれど
「鳥葬」に関しては遭えて、先だっての人喰い本では触れなかった。


テレビで一度だけ「鳥葬」シーンを見たことがあるが
あれは「外国人には見せてはいけないもの」ということで
そう情報が日本に入ってくることは無いのだ


今まで取り上げたのは


「ハゲワシは人の尻から人肉を食う。簡単につっつくだけで腸が露出し
 食べやすいからだ」
「化学調味料の影響か最近の人肉はまずくて、ハゲワシの喰いが悪い」


であろうか。他にもあったかもしれない。


今回は旅関連の書籍を探していて
たまたまたこの「鳥葬」に立ち会ったという日本人の本を発見した。
非常に興味深い内容なので今回はご紹介したい。

*文章はあちこち中略。詳細は書籍を読むことをお勧めする


アジアン包 作者 遠藤ケイ


遠藤 ケイ
アジア包〈上巻〉
遠藤 ケイ
アジア包〈下巻〉

*男性である。現在千葉在住。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

地上に夥しい数の死者の衣服が散乱している。
男物、女物、子供の服もある。
長い黒髪が岩に張り付いている。死体は鳥葬師の手で切り刻まれ、肉や内臓はあらかた
ハゲワシに食い尽くされて跡形もないが、よく見ると石塊に混じって骨のカケラや爪が残っている


死臭と血の匂い、鳥葬師が振り下ろす刃物が肉を切り、骨を断つ音、匂いを嗅ぎつけて
何百羽と群がっているハゲワシの殺気立ったうめき声。
恐れに震えながら地面にふれ付して祈る縁者たちの低くくぐもった読経の声。
そうした幻影がホロスコープのように現出して動き始める。


鳥葬はチベットに仏教が入り込む前から行われていた。
古くは犬葬もあった。
かつての鳥葬は死体を鳥葬場に杭で組んで立ち去り
それを空の王者たる猛禽類のハゲワシが食う。

犬葬は死体をただ山に置き去りにし
野犬が食って処理をする。

全ては人為的というより、
自然界で日常的に行われていることを儀式として取り入れたものだ。


鳥葬は専門の鳥葬師によって行われる。
死体は屈んだ姿勢で頭陀袋に入れられて運ばれてくる。
巨大な岩盤にたった鳥葬師が刃渡り七十センチの鉈と三十センチの包丁を手にする。
既に死臭と気配を嗅ぎ取った夥しいハゲワシが遠巻きに囲んで鳴き騒ぐ。


死者の解体が始まる。
硬直している死体をうつぶし、背骨に沿って縦に包丁が入れられる。
尻と腿の後、ふくらはぎを切る。
皮膚の下に白井脂肪の層がぱっくり口をあける。
強い脂肪の匂いと死臭がたちこめる。


死体を仰向けに戻し、肋骨の下から腹を切り裂く。
血に染まった内臓を切り分けて出す。
頭と両手両足を切断する。
肋骨を包丁で叩き割る。
食べにくい足の裏の肉は薄く削ぎ切る。


ハゲワシが一斉に群がってくる。
鋭い嘴と爪で肉が食いちぎられ、長い腸や内臓が引きずられる。

切断された頭が転げまわされ
眼球が抉られる。
凄惨な争奪戦が繰り広げられる。


人肉があらかた食い尽くされると、鳥葬師がハゲワシを追い払う。
残った骨などの処理が始まる。
肋骨を削り、硬い腰骨や大たい骨を杵で砕く。
頭は食べられない髪の毛を問う日ごと削り落とし
頭蓋骨を杵で砕く


脳みそが飛び散らぬように取り出し
ツアンパをまぶして放り投げる。

死体の痕跡は殆ど残らない。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

非常に詳細な的確な文章。
「鳥葬」について今後もこれほど詳細な文章を残す人は
現れないかもしれない。


犬葬というのはこの本で初めて知った。
これについても時間があれば調べてみたい


この他この本には
血を一滴もこぼす事無くやぎを解体する方法など
非常に詳細な筆致で書かれている。
おもしろい。良書、是非読んでいただきたい一冊である。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-01-16 21:29:50

日本残酷物語

テーマ:人喰い書評

先だっての沖縄の情報を元に

過去のアイヌ民族の風習を調べていたら
古い面白そうな復刻本を発見しました。


日本残酷物語
 貧しき人々の群
 ISBN4-582-76095-3

日本残酷物語〈1〉貧しき人々のむれ

かつて残酷と名づけられてしまった現実
という 大月隆寛さんのあとがきも読む価値のある。納得できる内容であった


人喰いが関わってくるのはやはり突如として襲ってくる
「飢饉」の恐怖部分である。
むかしの飢饉というものは、今日では想像がつかぬほどの、激しい破壊力を持った力を振るった。
生産力が低く、飢えと粗食が日常であった時代には凶作はただちに生死の問題に直結したのだ


道端に倒れる人は数限りなく
はじめの内にこそ死体を埋めていたがまもなく誰一人と
省みる人は居なくなった
至る所に犬やカラスが群がって死体を食い散らかす光景が眺められ
人肉の味を覚えた犬はやがて生きている人間さえも襲うようになる。


人が死んだという話を聞けば


「このたさまではお祖父さまがおなくなりになった由聞いてまいりました。
 近頃御無心ながら、片身なりとも片ももなりともどうぞおわけくだされまいか、
 わたしのところの祖父さまも、二三日の内には片がつくだろうと存じます
 その際はすぐにお返しに上がります」


と女が尋ねてくる話は非常にリアリティがある。

他にも人食いをした家族の姉が山に篭り人を喰いつづけ逃げ回る話が掲載されているが

こちらはどうもできすぎていて、嘘っぽいような気がした。


「かまで追っ手を殺し喰い続けるって……やりすぎだろう」


人食いをした人間は首に石を結わえ付けられ川に投げ込まれ

川下の浅瀬で立ち上がったところで石を投げつぶてで打ち付けて殺すだけでなく
親族も復讐に来るやもしれぬと親類縁者も連座して殺されてしまう。

このあたりの感覚は日本人的には過去ありえそうなシチュエーションでは無いだろうか


説明によると、当時餓死した人間の肉を切り刻み
橋の下の川原で草木の葉と混ぜ合わせ「犬の肉だ」といって
売るのだという話は珍しくなく
その当時人間と家畜の距離はかなり近かったようだ


馬を食べた=人肉を食べた

四足の動物を食べたという意味で同意味と取っている節もあると書いている部分もある

かなりページ数多いので完読には時間がかかると思うけれど、
ナチュラルな人喰い話は小説仕立ての現代の犯罪と違い
恐怖度はかなり高い

池田 智子
中国茶トリビアの泉―中国四大美女が飲んだお茶は何?
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-01-10 14:25:37

沖縄 食人の習慣?

テーマ:人喰いコラム

久しぶりの更新です。ご無沙汰しています
実は諸事情ありまして、アメリカの方に行っていまして、簡単に旅行記まとめました

ホラーだけを期待して来られている方にはつまらない内容かと思いますが
一応読みやすいようまとめてみました
興味のある方はどうぞ


パラシュートガールはもう飛ばない 1  
http://book-mobile.net/read.php?code=1&ucode=2&bcode=2
パラシュートガールはもう飛ばない 2  
http://book-mobile.net/read.php?code=1&ucode=3&bcode=2


実際行った都市はロサンゼルスです。

人食い事件のニュースでも無いかなと思いましたが
残留農薬の関係で今はもうアメリカ人食べられないんですよね……

ということは関係なく

初めて行ったアメリカは思ったより安全で、綺麗でありました。


そしてその後こりずに沖縄に行きまして
現在その原稿を書き始めようと資料集めに奔走しておりましたところ
あったんですねえ……何と沖縄に人喰いの習慣が。


与那国の歴史 池間 栄三 より
池間 栄三
与那国の歴史 (1972年)
P38 
与那国の葬儀に獣肉料理を喰べる風習は、上代に死人の肉を食べていた風習の名残だといわれている

南島古代の葬儀(民族第二巻第五号) より
昔は死人があると親類縁者が集まってその肉を食った。
後世になってこの風習を改めて人肉の替わりに
豚肉を食うようになったが、今日でも近い親類のことを
真肉親類(マシシウヤクワ)というのはこの風習から来ている。

何と石垣島では近年まで、親類に死人の出たことを老人に告げると

「アンスカ・ムム・ファリンサカメ」
↑それではまた皆で食べられるね


といわれたのだという。
宮古島には今もなお


「葬儀に行こう」


という代わりに


「骨を齧りに行こう」


という言葉が残っているという。

*1959年の話である。大昔のことではない


沖縄に古く食人の習慣があったことは
原始時代の食人の風習が残っていると思われるが
先住民、アイヌ民族の混合にあるという説も存在する
↑では北海道にもその習慣が残っている? それはまた違うのか???

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現時点での調査はここまでであるが
旅行記書きがてら、調査は進めてみたいと思う
ではまた 今年もどうぞ宜しく


↓こちらもどうぞ宜しく。好評発売中です


池田 智子
中国茶トリビアの泉―中国四大美女が飲んだお茶は何?



いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-11-13 20:44:12

ノンフィンクション新刊 中国茶トリビアの泉

テーマ:ブログ

更新遅くてすいません。

今月中には一本書きます。ホラー関連の書評です


カニバリズムとは関係ありませんが

最新刊出ました。

ノンフィンクションの中国茶本です。興味がある方いらっしゃいましたら

是非手にとって見てください。


池田 智子
中国茶トリビアの泉―中国四大美女が飲んだお茶は何?
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-07-18 11:43:50

来年から中国での臓器移植は制限されるそうな。ただ罰則は無いので……

テーマ:人喰いコラム

今年8月からは、中国に渡って臓器移植の手術を受けることが困難になる見通しだ。
中国政府は、来月1日から人体臓器の売買に関連した商業的な行為を全面的に禁止すると、
中国のマスコミが17日報道した。


関連規定によれば、医学研究所と医療機関、医科大学、法医学研究所を除いた
どのような個人や団体も臓器を寄贈してもらえなくなる。
また、臓器を中国に搬入したり、国外に持ち出すためには、税関、検疫など
中国政府当局の事前承認を得なければならない。


中国では毎年少なくとも200万人の患者が臓器移植を待っており、
このうち約2万人が移植手術を受けていると、官営新華社通信は配信した。
これに先立って、中国当局は関連規定をまとめ、


今月から寄贈者の同意なしに臓器を取得できないようにした。

ソース http://japanese.donga.com/srv/service.php3?bicode=060000&biid=2006071890908


中国では8月1日から臓器売買を禁止する法律が改めて施行される。
違反行為には刑事責任を追及する厳しい内容だが、実効性に早くも疑問の声が上がっている。
16日付で英字紙チャイナデイリーなどが伝えた。


「中国で臓器売買が横行している」と外国メディアが指摘したことを受けて、
中国政府は7月1日から「臓器移植技術の臨床応用管理に関する暫定規則」を施行した。
同規則の27条には「人体の器官を売買してはならない」との文言が盛り込まれている。
しかし違反行為に対する罰則などは盛り込まれていない。(以下略)

ソース http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=0717&f=national_0717_003.shtml


いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-05-12 10:53:30

北朝鮮人喰い収容所

テーマ:人喰い書評

北朝鮮人喰い収容所
黄万有

中々刺激的な題である
発行は2003年。北朝鮮が拉致を認める前の作品である。

この本は北朝鮮の残虐性に付いて訴える事により
北朝鮮の政治素性を明らかにするという
意図から書かれたものであるらしい。
であるからして題は興味をそそるよう刺激的な物になっているが
前半は牢で見聞きした話
後半は脱北してからの話となっている

内容的には興味本位の冷やかし本では無い。
真面目な文体からは作者の真摯な意図が見えたような気がした

以下はこの本の人喰いネタの列記である。
傾向としてはフランスのセレスタの人喰い女と似ているが

「痩せていて肉が殆ど無かった」

という証言はとても生々しい
余談として私は前作にて「北朝鮮で人喰い事件がある」
と書いたばっかりに

「あなたみたいな人と仕事はできない」

と首を切られてしまったことがありました
こうして本を読んでみるとやっぱり本当に
こうした事件が起こっているような気がする
のですが 皆さんはどう思われるでしょうか?
この本は喰い方自体を挿絵で紹介していて
何気に親切な一面もあります

○食人の罪人の家
 
○弟たちを殺して食べた

 両親が死に、売るものが泣くなり飢えが進み
 十日間何も食べていなかった兄は
 妹と弟の頭に斧を打ち下ろした 
 二人はそのまま死亡し、兄は身体を牛や豚の仔
 のように切り裂いて、ぺっこりとへっこんだ
 腹の皮まで肉だと思い込んで鍋で煮込んで煮て食べた

○通りすがりの娘を殺して食べた李南青

 遠い所からやってきたと思われるみすぼらしい身なりの
 娘がリュックからトウモロコシを出して水洗いをして
 釜の中に入れようとしたとき、斧で頭をうちわり殺した。
 何も考えず斧で豚を裂くように刻んだ

「人間の肉というのはとんでもなくうまいという話だが……」

 一晩中かけてたゆみなく火をくべ、
 切り分けた肉塊を大鍋ですっかり茹で上げた 
 そして一部づつ、煮物向きの中鍋に移して味付けをし
 まず片方の足を食べ、次いで一方の足を食べ
 最後は乳房にもかぶりついた

○娘を殺して食べた母親

○子供たちまでが食人鬼に

○恨みで殺した相手を食べる

○殺した女性の肉で饗応

○平壌市内で発見された食べられた死体

○人喰い犯たちが行く地獄

○弄ばれながら殺された人喰い犯


黄 万有, 李 秀哲
北朝鮮人喰い収容所―飢餓と絶望の国


いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-04-18 19:00:54

食人鬼:26歳男、遺体を食べようと少女殺害?全米で注目

テーマ:ブログ

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060419k0000m030016000c.html

【ロサンゼルス國枝すみれ】米オクラホマ州パーセルで起きた少女殺害事件が全米の注目を集めている。容疑者が人肉を食べる妄想にとらわれていることをインターネットのブログで明らかにしていたためだ。

 米報道によれば、食料品店の店員、ケビン・アンダーウッド容疑者(26)は17日、近所に住む10歳の少女を自宅に誘い込み、殺害した罪で刑事訴追された。

 12日から行方不明となっていた少女は2日後に、同容疑者の寝室のクロゼットに隠されたゴム製浴槽の中で遺体で発見された。少女の首にはノコギリで切られた傷があった。捜査当局は同容疑者が殺害後、遺体を食べようと計画していたとみている。

 同容疑者はブログの自己紹介ページに「もし人肉主義者なら夕食にどんな服を着るか?」などと書いていたという。

毎日新聞 2006年4月18日 17時21分 (最終更新時間 4月18日 17時52分)

いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-04-14 15:17:15

人肉がまずくなった理由

テーマ:ブログ

パプアニューギニアのクールーが
人喰いにより広がった狂牛病なのは有名な話だけれど
パプアニューギニアではアメリカ人は食うなと指導している
それは残留農薬の濃度が高く、非常に危険であるからだそうだ。

アメリカでは以前、PBB、子供のパジャマに使われる科学物質を
牛の飼料と間違えてラベルを張り
一年間ミシガン州で流通させたことがあった

PBBの悪い点は決して体外に排出されないことだ
それは胃と消化器系にずっと蓄積されつづける
↑胃ガンになる可能性が高くなるということ
水には高濃度の塩素が含まれ、特に肉食を好むアメリカ人の肉は
まずい? いやいや。危険という事であるらしい

最近はチベットで行われている鳥葬も
人気が無い? のだそうだ
行為が残酷で国際社会から非難を受けたからではない。
理由は鳥が人肉を食わなくなってきて
喰い残しが多くなってきたからだそうだ

最近アメリカが強硬姿勢を続けている牛肉輸入問題。
アメリカでも牛肉が危険であるということは大分知られており
1996年にはTVタレントのオプラ・ウインフリーが

「狂牛病のことを知って以来、私は怖くて怖くて、
 ハンバーガーは食べられなくなった」

と発言し訴訟に発展する事件が発生している

狂牛病には治療法は無い。
予防ワクチンもない。
これにかかったものは誰であろうと死ぬ。
例外は無い。そしてその死に様は恐るべき苦痛に満ちている

狂牛病を引き起こす変質したプリオンは脳細胞に居座り
神経組織を引っ掻き回し、スポンジのように脳を穴だらけにしてしまう

プリオンは牛一頭感染させるのにコショウ一粒程度で良いそうだ
この病気はまずイギリスの食物連鎖から牛に入っていった。
宣布期間は最長三十年ともされる。
私個人的に一番嫌なのは自分の意志が無くなり
生きさばらえる事である。

火を通してもプリオンは死なない。
現在の研究ではアルツハイマー病と診断されているアメリカの市民の内
20万人ほどは狂牛病によるものだという

日本人にはどこまで正常な情報が届いているのだろう。
娘の友達は「鳥は病気を持っているから触れない」という
それは本当にそうなのだろうか?

「じゃ、どっちが危険か考えてみよう。
 ○鳥を触らないで手を洗わずにご飯を食べること
 ○鳥を触って手を洗ってご飯を食べること
 どっちが危ないでしょう」

正解は前者。娘は即答してくれた
更に娘は鳥の卵を割った後十五分以上経過したものは
サルモネラ菌が大量発生している可能性があるので
危険ということを熟知している

「外に出たら生の卵は食べないもんねー」

正しい知識をもつ事。
一番日本人に求められているのはそういうことではないかと思う

「ま、和牛は大丈夫だから。
 たまに牛肉食べたくなったらそっちにしましょう」

アホでマヌケなアメリカ白人
マイケル・ムーア

マイケル ムーア, Michael Moore, 松田 和也
アホでマヌケなアメリカ白人
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。