2006-05-12 10:53:30

北朝鮮人喰い収容所

テーマ:人喰い書評

北朝鮮人喰い収容所
黄万有

中々刺激的な題である
発行は2003年。北朝鮮が拉致を認める前の作品である。

この本は北朝鮮の残虐性に付いて訴える事により
北朝鮮の政治素性を明らかにするという
意図から書かれたものであるらしい。
であるからして題は興味をそそるよう刺激的な物になっているが
前半は牢で見聞きした話
後半は脱北してからの話となっている

内容的には興味本位の冷やかし本では無い。
真面目な文体からは作者の真摯な意図が見えたような気がした

以下はこの本の人喰いネタの列記である。
傾向としてはフランスのセレスタの人喰い女と似ているが

「痩せていて肉が殆ど無かった」

という証言はとても生々しい
余談として私は前作にて「北朝鮮で人喰い事件がある」
と書いたばっかりに

「あなたみたいな人と仕事はできない」

と首を切られてしまったことがありました
こうして本を読んでみるとやっぱり本当に
こうした事件が起こっているような気がする
のですが 皆さんはどう思われるでしょうか?
この本は喰い方自体を挿絵で紹介していて
何気に親切な一面もあります

○食人の罪人の家
 
○弟たちを殺して食べた

 両親が死に、売るものが泣くなり飢えが進み
 十日間何も食べていなかった兄は
 妹と弟の頭に斧を打ち下ろした 
 二人はそのまま死亡し、兄は身体を牛や豚の仔
 のように切り裂いて、ぺっこりとへっこんだ
 腹の皮まで肉だと思い込んで鍋で煮込んで煮て食べた

○通りすがりの娘を殺して食べた李南青

 遠い所からやってきたと思われるみすぼらしい身なりの
 娘がリュックからトウモロコシを出して水洗いをして
 釜の中に入れようとしたとき、斧で頭をうちわり殺した。
 何も考えず斧で豚を裂くように刻んだ

「人間の肉というのはとんでもなくうまいという話だが……」

 一晩中かけてたゆみなく火をくべ、
 切り分けた肉塊を大鍋ですっかり茹で上げた 
 そして一部づつ、煮物向きの中鍋に移して味付けをし
 まず片方の足を食べ、次いで一方の足を食べ
 最後は乳房にもかぶりついた

○娘を殺して食べた母親

○子供たちまでが食人鬼に

○恨みで殺した相手を食べる

○殺した女性の肉で饗応

○平壌市内で発見された食べられた死体

○人喰い犯たちが行く地獄

○弄ばれながら殺された人喰い犯


黄 万有, 李 秀哲
北朝鮮人喰い収容所―飢餓と絶望の国


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。