2006-01-31 12:03:39

フィリピンでも腹から喰えます

テーマ:人喰いコラム

産経新聞 2006/01/31 14版

整形と同時に観光プラン「フィリピン」
フィリピン政府はこのほど、腎臓などの移植
美容整形手術を受けながら
観光を楽しんでもらう
日米や韓国など外国人向けの医療観光プログラムをまとめた。


来年一月から本格的に患者らを受け付け
2010年には 年間十億ドルの外貨収入を見込む

プログラムの対象となるのは
腎臓、骨髄の移植や心臓の冠動脈バイパス手術のほか
フィリピン式マッサージ
豊胸手術
脂肪吸引手術まで幅広い


さらっと小さい記事であるけれど
凄いことがぽっと書いてある
フィリピンで移植が行われているという問題については
ヤンソギルの「闇の子供たち」に詳細書かれている
彼の作品は在日というカテゴリから離れると
ものすごく面白いものになる


梁 石日
闇の子供たち

中国移植の元材料は
死刑囚であるけれど
フィリピン移植の元材料は


誘拐された子供や売られた子供である


とこの本は語っている。
衝撃的な内容で、発売された当時はかなり話題になった。
が、半分以上「嘘でしょ」と思っていたけれど
こうした記事を読むと「あの本は本当だったのかもしれない……」と思わざるを得ない。


実施までには一年あるというけれど
中国と違いフィリピンネタはどうしても華やかでない? せいか
扱いが小さい。
今後もこの記事は追い、実際三月にフィリピンに行こうと思っている


http://www.jotnw.or.jp/community/d-transplant/vol16/16_09.html
*実施は69年から。提供は死亡者からとのこと
 やっぱり腎臓移植が多いようです

http://aijinkyo.ld.infoseek.co.jp/news106.htm
*フィリピン国内の「FCB」という団体に登録すれば、
 今でもドナーを紹介してもらえ、腎移植できる

http://www.medi-net.or.jp/tcnet/tc_5/5_4.html
*フィリピン移植関連法律一覧
 
http://www.ph.emb-japan.go.jp/index_J.html
*フィリピン大使館。今回の記事に対する紹介はなし

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-01-17 13:42:37

宮崎勤裁判ついに結審。

テーマ:ブログ

発生から十七年の年月を経て

宮崎勤被告の刑がついに確定した


死刑。


四人の幼女を殺害し、

それを喰らった犯人は現在四十三歳になった。


宮崎 勤

夢のなか―連続幼女殺害事件被告の告白
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。