たのしいホルン

楽器のおたく話(Kruspe)や日常のことを綴っているブログです。
もっと楽しくホルンが吹きたい!プロオケってどんな世界なのだろう?
初心者だけどホルンが吹いてみたい!・・・このブログを通してそういったこともお伝え出来ればと思っています。


テーマ:

先日、大変興味深い You Tube の動画を教えていただきました。

これは1942年、戦時中のアメリカ海軍バンドの演奏です。


フィラデルフィア管弦楽団の首席ホルン奏者だった、

メイソン・ジョーンズ氏は、入団したのち、

戦時中には、アメリカ海軍のバンドに配属になっていました。


私がいつも大変お世話になっている、

ホルン再生工房主様からお話を伺ったところ、


(この工房主様は、メイソン・ジョーンズ氏の弟子でもあり、

 氏に何度もお会いし、いろいろなお話をご本人から

 直接お聞きになっているので、間違いはありません(^◇^;)


ジョーンズ氏曰く


「海軍バンド時代は、海軍が持っていた黄色のクルスペを

 使っていて、ここでも自分は首席だった。」


とのこと。


おそらくホーナーモデルで、どうやらプレホーナーの黄色

だったらしい・・・と・・・・


ところが、この動画に、まさに若き日のジョーンズ氏が

写っているではないですか!!!


そして、楽器は確かにクルスペのプレホーナー!

氏の記憶と、工房主様がお聞きになった話は

間違いなかったのです!


そしてもっと興味深いのは、

2番や3番を吹く奏者たちも・・・

おそらくクルスペです!


たのしいホルン

↑ 若き日のメイソン・ジョーンズ氏

1942年の動画ということは、23歳ですね!

白黒の動画なので色は分かりませんが、

ご本人が「黄色」と言ってらしたので、

黄色でしょう。そして間違いなく

プレホーナーです。



たのしいホルン



↑2番吹きの方

これは、Bの調整管が付いていますので、

ヴェンドラーが改良したホーナーモデル

でしょう。


たのしいホルン

↑3番吹きの方

こ・・・これはおそらくワルターモデルです!


勝手な憶測ですが、アメリカ海軍は

戦争前に、ドイツで優秀な楽器メーカーの

クルスペの楽器を、

タイプ別に1本づつ購入したのでは

ないでしょうか?

使う、使わないは別にしても、

当時のクルスペはダブルホルンだけでも

かなりいろいろな種類があったので、

とりあえず1本づつ、買っておくか・・・とか

思ったかどうか不明ですが(^◇^;


それが戦争になったもので、

ある楽器は全部使ってしまえ!

てな感じで・・・・・・(xx)☆\(ーー;


ただ、日本人的に考えると・・・

戦時中は、敵国にあたる訳でして・・・

日本では、英語の使用さえ

禁止されてましたよね。

野球でさえ、アウト、セーフも

ダメだったそうです。


それを考えると、戦時中に

まさに敵国になるドイツ製品を

使うかなぁ~?(^◇^;;;;;;;;;;;;;

このあたり、おおらかというか

こだわらないというか・・・


ま、それはどうでもいいことで、

このアメリカ海軍バンドの

持ち物であった

クルスペ達!(^◇^;

現在、この楽器は

どうなっているのでしょうね!!!

そちらに大変興味あります(^◇^;。

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

ともひろさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。