1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年04月02日(水) 16時31分09秒

ベビーカーモニター

テーマ:子育て
コンビの新しいベビーカーがモニターを募集しているってことで応募してみるのだ!
メチャカル
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2013年11月07日(木) 12時26分34秒

子育て中。

テーマ:子育て
ご無沙汰です。
1年以上経ってしまいました…。
ネタは色々あるんですが、中々書く暇に恵まれず。
アメブロのパスワードを忘れたりして、中々。www

というわけで、3年経って、子供が出来ました。


ベビーカーほしいなぁ。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2012年10月08日(月) 22時19分08秒

んぎゃ、一年…。

テーマ:住まいについて
ほるん氏が更新飽きてしまったとのことで、
すかいもあいの方でほっそぼそと続けようかと思いまして、
見てみたら、なんともう、1年も経っていたんですね…。

外構も終わり、後は…。

全てが打ち合わせで決定しても、家というのはそれだけでは成り立たない。
現実には様々な問題がやってきます。

他のブログでもよく目についたのは隣人とのトラブル。
結構トラブルってあるんだなぁ…。と傍観していましたが、
実際に自分たちの身にふりかかるとは思いませんでした…。

借地だったため、北側と右側の住人に建築の許可を取る形になったのですが、
本来は許可の必要はない右側の住人がかたくなに応じてくれなかったのです。

どうやら数年前お隣が建て替えをした際に、
義父が境界線にフェンスとブロックで仕切ることをGOしなかったために、
その件があって、建築の許諾をOKしてくれませんでした。

(実際には、そのフェンス境界を作る際にこちら側も負担しないといけないという理由で、
こちらも負担しなければいけないならば、了承できないという話だったらしいです。)

連絡を取って、あちらのお宅に積水の営業君と一緒におじゃまして、
色々お話を伺い、了承を得たのですが、その際、お隣もほぼ同じ条件での宅地だったため、
7坪の家の圧縮感を実感しました…。

図面上、数値上では同じ条件になっている部屋の狭さ、圧迫感に圧倒され、
若干不安になったことをつい昨日の事のように思い出します…。

クーラーが180cm高のところに設置してあり、家の高さを取るために、
1階の壁には基礎コンクリートが60cmのところまで有りました。

人間の視覚ってやつは結構いい加減で、家具の位置一つで圧迫感を感じたりするもんだと。
ならば、うちらはどのように圧迫感を感じないように家の中も色々考えてみよう、
そんな結論に達しました。

ご近所トラブルもとりあえず何とか解消し、部屋の中をどのように広く見えるように、
考えて行こうと云うテーマを考えていくようになりました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年11月26日(土) 10時07分28秒

外構に関して(2)

テーマ:積水ハウス
引き続き、外構に関してです。

前回の打ち合わせからいくつかの宿題が残っていたので、それを決める打ち合わせです。

1. 家の前面に有る庭にどのような木を植えるか?
2. 格子状の柵の形状と色をどうするのか?
3. 郵便受けとドアホンを父と私達を別々にする門柱の提案。
4. 道路から玄関までのタイルをどのような色にするか?

と言う事です。

1. 家の前面に有る庭にどのような木を植えるか?
ですが、小灌木セットと言う物が有り、それを植える事にしました。
セットでもいくつか木を選ぶ事ができ、妻の発想で自分たち家族の誕生日と年間を通して何らかの華や実を付ける物を選分事にしました。
詳細は又後程。

2. 格子状の柵の形状と色をどうするのか?
ですが、少しアンダー気味のステン色で壁の色と丁合の取れた格子状の柵にしました。

3. 郵便受けとドアホンを父と私達を別々にする門柱の提案。
支柱が一本で両サイドに郵便受けとドアホンが付くタイプが提案されたので、それに決める事にしました。
色は、柵の色と同じ様に少しアンダー気味のステン色で統一しました。

4. 道路から玄関までのタイルをどのような色にするか?
父の足も悪いので、あまり引っかからない様に極力大きめのタイルにし、色はモルタル色に近い物を選び境界のブロックと繋がりが感じられる様にしました。

と言う事で、ほぼ外構に関して決定です。

これで、家を建てる事に関してはほぼ全て完了です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年11月22日(火) 18時57分19秒

<skymoai> 目からビーム。

テーマ:ねこ・家族について
またまた、お久しぶりでございます。
なかなか更新が進みませんで、申し訳ございません。

ということで、1発ギャグ。

焼き塩鯖-もあちゃです…。

もあちゃです…。
旦那がブログを更新してくれません…。

もあちゃです…。
寒いです。下僕があったかグッズ出すまで動きたくありません…。

もあちゃです…。
下僕が運動音痴ってバカにします…。

もあちゃです…。もあちゃです…。もあちゃです…。

ナンテね☆

寒くなって来ましたが、みなさまも体調の変化には気をつけてくださいね~
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年10月30日(日) 14時00分14秒

外構に関して(1)

テーマ:積水ハウス
今回は外構に関してです。

家のイメージは、建物の外観と外構のそれぞれが相まって決まるとの事ですので、選択肢に寄って大きくイメージが変わって来る部分です。

家本体以外に対して、外構担当お方おりまして、その方との打ち合わせでした。

担当する方は積水グリーンテクノという関連会社の方になります。

内装の時とは違い、2回に分けて決定をして行きました。

1回目の打ち合わせは、どのような事を決めて行くかの説明と、現物サンプルを見ながらイメージを固めて行く作業。
2回目の打ち合わせは、固まったイメージを基に、具体的に決めて行く作業

でした。

では、何を決めて行くのか?と言う所ですが、

1. 建物と道路の境をどのような造りにするのか?
2. 近隣との境をどうするのか?
3. 玄関周りをどうするのか?


所謂、入り口と建物の周りをどのように造り上げるのかを決めるのかって事です。


まずは、

1.の建物と道路の境をどのような造りにするのか?って言う事に関してです。

これを決めるにあたって、私達としての条件として
・将来的に父が玄関を使用せずに自分の部屋から直接外に出られる様にしたいので、塀を作りたく無いと言う事です。
・父はクーラーが好きではなく、夏は窓を開けっ放しにして涼を取りたい。その際に外からのプライバシーを守ることができる方法を提案して欲しい。

そこで、積水ハウスのコンセプトの中で工場見学でも説明してもらいましたが、「5本の樹」計画と言うのが有り、家と街並みが自然環境へとつなげる為に植栽ができる庭造りを積極的に提案しているって事もあり、提案されたのは、木を植える方法でした。

これにより、家全体を優しく見せながら家の中のプライバシーを見にくくすることもできるそうです。

この提案で行くならば、考える必要が有るのが、どのような木を植えるのか?と言う事です。


次に、
2. 近隣との境をどうするのか?
近隣と言っての、向かって右側は既に既存のブロック塀が有り、それは解体時に残して有り、裏側はこれと言って境が無い状態でした。

なので、考える必要は有るのは、左側と裏側の2箇所

これも、私達の条件として、
・玄関までの間が閉塞感が無い様にしたい。
・父が玄関まで行く間の手摺代わりになるようにしたい。
・裏側は、今まで境が無かったので、曖昧になっていた部分を明確化したい。

お隣様との境に関して、塀も家のイメージに大きく関わってくるので、素材や構造どうするのかを決める必要が有ります。

そこで、積水グリーンテクノさんからの提案は、
・お隣様との境に関しては、ブロック3段積みの上に格子状の柵を付ける方法であれば、開放感も有り手摺代わりにもなるなるとの事。
・裏側は、境界に石のブロックを埋める事で、結構嫌みにならず自然な境界になるとの事。

この提案で行くならば、考える必要が有るのが、格子状の柵の形状と色をどうするのか?と言う事です。

そして、
3. 最後に玄関周り

私達の条件として、
道路から玄関までのアプローチは、父の事を考えて階段を作らず、緩いスロープにしたい。
・スロープはあまり段差が無い様にしたい。
門柱は郵便受けとドアホンを父と私達、別々にしたい。

そこでの打ち合わせ時の話題。
同席したのは、勿論積水グリーンテクノさんと、他、設計士さん、営業さんでした。

私達「門柱」って言葉を初めて聞いた状態でした。

そこで、妻は「♫アイ モンチュー、アイ ニージュー」 なんとAKB48の「ヘビーロテーション」を振り付きで歌い出したではないか。

設計士さんの大笑い。拾ってくれてありがとうー。

私の気持ちの中では「門柱」→「♫モォ↑ンチュウ↓おーれが...」が響き渡っていたのだが。世代の違いかもしれない。

設計士さんの大笑い。笑いのツボが低くて、打ち合わせが和む和む。

これから「門柱」という言葉が出る度に全員含み笑い。

この「♫モォ↑ンチュウ↓」では無く「門柱」ですが、私達はこの希望を実現できる製品を見た事が有るのに、積水グリーンテクノさんは分からないとのこと。
次回まで、調べて来てくれるとの事でした。

では、道路から玄関まではどうするか?

緩いスロープに床面を大きめで滑りにくいタイルにすることで、父にも優しいアプローチになるとの事。
この際に、タイルのサンプルが無かったが、似たようなタイルを見ながら説明を受けました。

そこで、次回までに考える必要が有るのが、タイルをどのような色にするか?、と言う事です。

今回は、色々と資料を戴き、一旦宿題として持ち帰って検討という形になりました。

考える時間にあまり余裕は無いのですが、我々もあまり、この点に関しては考えていなかったので、内装に比べてちょっと悩んだ点でした。

家造りに関して始めは、外構をないがしろにしていた所も有りましたが、内装も外構もトータルで考える必要が有るってことを痛感しました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年10月23日(日) 11時02分52秒

内装に関して(3)

テーマ:積水ハウス
久しぶりの更新です。

楽しみにしていただいている方には、本当に申し訳ございません。

では、内装に関しての続きになります。

窓ガラスをどうするか?です。

そもそも、積水ハウスの窓ガラスは遮熱断熱防犯ペアガラスが標準になっており、これが結構優れ物らしく、建替え前の家とは比べのもにならない位に「遮熱」「断熱」効果が有り、冬の暖房使用時の結露を抑えることもできるそうです。また何と言っても防犯性能が高い防犯合わせガラスにもなっているそうです。サッシ自体も2ロック化されており、より防犯対策が施されております。


で、ガラスをクリアにするか?カスミにするか?です。

基本的にプライバシーが必要な所はカスミ。そうで無いところはクリアで設定しました。なので、1階と2階の近隣側はカスミにし、2階の道路側、3階はクリアにしました。
(2階は隣の窓と多少干渉するのですが、なんとお隣さんはクリアガラスなので中が丸見え)

自宅都合だけではなく、相手方都合も考えながら窓ガラスの種類は決めた方が、お互いの為ではないかと思う、今日この頃です。

そして、内装で決めなくてはならない事の一つとして、キッチンのパネルの色です。

キッチンの色も雰囲気に影響する一つらしいです。

キッチンは私が使用するより、妻が使用する頻度は断然多いので、妻の判断でおまかせです。

そこで、妻からの速攻の返答1階の父のキッチンは「ベージュ」2階の自分たちのキッチンは「白」。
おー、判断が早い。
コーディネーターの方も、父の方は柔らかい「ベージュ」で優しい雰囲気になる。2階は壁の「白」なので「パネルも白」で良いと思いますよ。

そして、内装の次なる決定事項は、部屋の防音、遮熱・断熱、それと猫が勝手に2階以外に行かない様にする為の階段と部屋の仕切り

閉塞感や暗くならない様に1階と2階、2階と3階の階段部分の仕切りをどうするか?でした。

アコーディオンカーテンや扉、引き戸と色々検討しましたが、どれもこれもしっくりする物が無い。

ここで、再度ドア等を展示してあるショールームへ、全員で移動。

そこで、見かけたのがスクリーンパーテーションなるもの。

$焼き塩鯖-スクリーンパーテーション

これなら、閉塞感も感じさせず明かりも遮る事も無いのと、現在の構造体等も殆ど変更無く取り付けられるとのことで、これを採用する事にしました。

ラストは、ライトです。

3階、洗面所、トイレ、玄関は壁に埋め込み式の丸い蛍光ランプ。階段は四角い立体の小さい蛍光ランプ。バルコニーはスポットライト型。そして、玄関ポーチには人が近づくと光る人感センサ付きの蛍光ランプ。
1階、2階のメインの照明は、天井が低いと言う事で、我々が格安で薄型の照明機器を探すと言う事で決着。

これで、内装に関して打ち合わせは全て終了。

時間は夜の9時。朝10時から、お昼挟んでの11時間に及ぶ打ち合わせ。

後日談ですが、営業の方が自席に「どや顔」で戻られ「1日で内装打ち合わせ終わらせました~」とのこと。

我々は疲労困憊で抜け殻状態で帰宅しましたが、それでもかなりのスピードで内装を決定して行ったのは確からしいです。

みなさん。お疲れさまでした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年10月21日(金) 20時34分27秒

<skymoai> ないようがないような感じに。

テーマ:ねこ・家族について
ごぶさたごぶさたで大変申し訳ございません。
妻のすかいもあいです。

ほるんほるんが仕事でにっちもさっちもいかなくて、
「もーこうしんするひまがないよぅ…。」
なんて泣き言を言っている…。

「ブログとかあんまり書くの得意じゃないんだよぅ…。」
とか言っているので、若干っとしているんですが。

とりあえずまたカンフル剤としてにゃんこネタでもやろうかなと思いましたが、
この家のネタバレになりかねないので、
残念ながらもうちょっとダンナの尻を叩いてみようかと思います…。

はやくこうしんちてよね~ ううくりぼー

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2011年08月21日(日) 14時05分49秒

内装に関して(2)

テーマ:積水ハウス
前回に続き、今回も内装に関してです。

まず、トイレと脱衣所

トイレの中と脱衣所の床は水に強い生地にする必要が有るとの事。

で、サンプルから選ぶ事に。

あ~。またもや、どうすれば良いのか悩む~~。
と思いきや、コーディネーターさんが

これが丁度良いと思いますとのアドバイス。
床の色とほぼ同等の色と雰囲気のご提案

速攻でOK出し。

で、一段落。

次に父の為の手すりを、どこに、どの様に付けるか?

父はかなり足が悪く、自力で歩ける時と、痛みの為に歩けなくなってしまう時がある。
更に悪化すると、更に歩行困難になる可能性を秘めている。そこで、予め玄関、部屋、廊下、トイレ、風呂と考えられる所に付ける事にしました。

どこに、どの様に付けるか?
これも実際に打合せ部屋でみんなで立ちながら、しかも、お年寄りになった気持ちで決めて行きました

ポイントは場所、高さ、向き(縦、横)でした。

先ず始めに、取付け場所に関してですが、どの場面でどの様に行動するか?です。
場面としては、玄関から部屋に向かう時、トイレに行く時、お風呂に入る時、階段を登る時、部屋の中を歩く時。
こんな所でしょう。

その際に、何処を伝わって歩くかを、間取りを参考にしながらシミュレーションして見ます。その際にに当然ながら、往復した場合のシミュレーションが必要でした。

何か、猿が木から木に渡る時の様な感覚で手すりの位置を決めている感じがしました。

打合せ部屋で机を手すりの替りにして、こっちの方向力が入るとか、この距離では手が届かないから、もい少し寄せるとを繰り返しながらの位置決めでした。

そして、向きです。
コーディネーターさんからのアドバイスでは、手すりの向きって上下運動で移動する場合は縦に、平行移動する場合は横の方向が良いみたいですね。

とは言う物の、でも実際は縦にした方が良いのでは無いかと主張して見たりしました。

本当に実践した方が、良いみたいです。

そして高さです。

主に使用する人(今回は父)の腰高ぐらいが、弱い力でも体を支える事が出来る高さらしいです。

これらのアドバイスを参考にしながら手すりのを決めました。

因みに手すりの色は床の色と同じ様な色です。

此処で感じたこと。逆に超狭小で良かった~

何より父の移動も少なく出来た事。そして手すりの数も少なく済ませたので費用を抑える事が出来たです。

そして、カーテン

これに関しては、カーテンレールを取り付けるだけにし、カーテン自体は自分たちが探して取り付ける事にしました。
ただし、カーテンは部屋全体のイメージに大きく影響するので、慎重に選んだ方が良いとコーディネーターさんからのアドバイスが有りましたが、ちなみに、コーディネーターさんからは、今回の壁や床の色からすると、明るい感じにした方が宜しいかとのアドバイスが有りました。

次回も引き続き内装関係に関して、書いて行きたいと思います。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年08月20日(土) 13時45分56秒

内装に関して(1)

テーマ:積水ハウス
前回ブログからだいぶ時間が空いてしまいましたが、

沢山の方に見ていただき感謝です。

今回は内装に感してです。

いつもの様にメーカーの打ち合わせルームにて。
今回はいつものメンバーに加えて、女性のインテリアコーディネーターの方もいらっしゃいました。
その方がかなり素晴らしい方らしく、インテリアコーディネートに関してのセミナーの講師も務めていらっしゃるそうで、大変お忙しいと方らしいです。

そんな方と、家の内装に関してを決めて行く事が出来るのは嬉しい限りとの思いを胸に、打ち合わせが始まりました。(これも営業さんのご尽力なのでしょうか。感謝です)

実は、自分達は、色々とモデルハウスを見て回って、有る程度、内装をどの様にしたいか描いており、きっと簡単に、しかも直ぐにでも打ち合わせは終わるのでは無いかと鷹をくくっていたのが現状でした。
しかし、この打ち合わせも、間取り検討時と同じく、とてつも無く長時間に及んだのですが、後に聞くところ、営業さんのドヤ顔がそこには有ったそうです。

先ず始めに、全体をどの様な雰囲気にしたいかをブレスト。

私達の希望は家が超狭小なので、明るく、少しでも広く感じ、しかもナチュラル系に。

1階から3階まで共通で、壁と天井は白く、床、階段、窓枠やドア枠は明るい木目調にしたい。

この事を伝えると「とっても宜しいと思います。」との返答。

何か直ぐに終わりそうな滑り出し。

するとコーディネーターさんは蛍ペンを取り出して壁と天井の所と枠関連、床を色の異なるペンで塗り分けて行く作業。

そうする事によって、全体の統一感やバランス、矛盾等色々判るらしいです。

だから、突然そぐわ無い色が指定されても判るらしい。

さて、次の作業はドア自体の色をどうするか?

部屋をなるべく広く見せたい部分や大きいドアの場合は、壁と同じ白。そうで無い部分は床と同じ色。

全て白にした方が広く感じるから、全て白に!との私達の希望に対して、

コーディネーターさんから全てを壁紙と同じ白にしてしまうと無機質過ぎて、休まらな空間になってしからない。
所々床と同じ自然な木目調が良いとのアドバイス

と言う事で、部分的にドアを木目調に指定

1階は極力和風系にして行きたかったので、入り口、階段下収納とトイレ兼お風呂入り口、2階上り口階段前の収納とトイレの5箇所を床と同じ自然な木目調

それ以外は全て白。もしかして白のドアの方が少ないかも。

次は階段。

これは床の延長なので、床と同じ色

手すり。

壁と同じ白にしてしまうと、認識しづらいので、床と同じ色

と言う事で、基本的に白と明るい木目調の2色でまとまりました

ここまではさほど時間はかかってないのでは?
って感じで、楽観視。

そして、次の決め事。

壁紙の色の選択。

実は壁紙には私達の希望が有りました。
それは、猫を飼っていますが、現在借りて住んで居る所の壁紙が猫の爪に引っ掛かれて所々剥がれてしまっております。場所によっては修復不可能?な位にガリガリされております。(大家さんゴメンなさい)
なので、我が家は猫の爪に強い壁紙に絶対にしたかったのです。

すると、ペット対応壁紙の登場です。何と無くうる覚えで、コマーシャルで見た記憶が。
猫の爪に強く、しかも消臭効果も有るんです。
でも、標準に比べチョットだけど、値段が上がる。

で、実際のサンプルの中から選ぶのですが、困った事にサンプルのサイズが標準タイプに比べ小さい
白と言っても青っぽい白、赤っぽい白、黄色っぽい白と色々。
しかも、柄も微妙に異なる。
なので、選ぶのに一苦労。
更に、小さいサイズのサンプルから部屋全体に貼られた時を想像しなければなら無いから、尚更である。
決定するのにかなりの想像力と決断力が必要となる

それに対して天井、収納スペース、ベースストックいわゆる地下はというと、
同じ物にすれば良い所、コストを安くする為に、猫の爪の影響が無いと言う事で標準タイプの壁紙を採用する事に。

すると、壁と同じ様な壁紙が無~い。
またもや一苦労。一体どれにすれば良いのか?あれかな、それかな、こっちかな?

と言う事で、ポイントを色味の傾向が同じ様な物の中からどんどん絞って行き決定しました。

そのパターンをベースストック、1階から3階、トイレの中に対して採用しました。

大量のサンプルからの宝探し的な作業。

この時点で、チョット疲れが。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。