隼斗とママとパパ *臨月での死産*

予定日の2日後に突然「子宮内胎児死亡」と告げられました。
翌日可愛い可愛い男の子
隼斗(はやと)を出産しました。
隼斗とママとパパのことを書いています。

はじめまして。クマと申します。
訪問ありがとうございます。
天使になった隼斗のことを知ってもらいたくブログを始めました。

はじめてこのブログをご覧になる方にぜひ見ていただきたい記事があります。
隼斗(はやと) (←こちらをクリックすると読めます)


また、隼斗が亡くなる前に感じた”異変”を以下の記事に書いてあります。
赤ちゃんからのSOS (←こちらをクリックすると読めます)

このブログは死産関連以外のことは一切記載しておりません。
また、決して”死産に立ち向かう”というような前向きなブログではありません。
ご了承のうえお読みください。


テーマ:

今月末で隼斗が誕生して1年を迎える。そのことで頭がいっぱいです。


沢山の感情が溢れ出て、書きたいことが沢山あります。




隼斗がお腹にいたときの、私の口癖は


「あたしもうすぐお母さんになるの」でした。


間違った発言ですね。今考えると、本当に馬鹿です。


お腹に隼斗が来た時から私は母親であるはずなのに…。


現に、隼斗を初めて見たときは、


自分のお腹にいた子はこんなにも可愛い子だったのかと、涙が溢れ出ました。




隼斗との約束を何一つ守れず、最後の約束も守れなかった。


最後の約束は「あなたに何かがあったら、一緒に天国に行こうね」


大切な約束。それを私は破りました。


私はあのとき、息子の隼斗ではなく、


生きている主人や私の母を選んだのです。


人間は本当に愚かで、見えないものは、自分の見たいように思い、


隼斗は1人でも天国で幸せだと言い聞かせ、


主人や母と生きる道を選んでしまいました。


赤ちゃんが1人で天国に行くなんてどんなに残酷か。


どんなに孤独か。今でも1人で泣いているに違いない。


だれかが面倒見てくれている?誰が?


母親以外に子を心の底から愛してくれる人なんていない。


隼斗は悲しい思いを今もしている。


今すぐにでも会いに行きたい。抱きしめたい。


でも生きなくてはいけない。




私の1番の幸せは隼斗が幸せであること。


隼斗に会えること。


隼斗に会えるのなら何もいらない。


隼斗に会えるのはご褒美。


だったらこの世で沢山頑張る。一生懸命生きる。精一杯生きる。


そして死んだときご褒美に隼斗に会わせてもらいたい。


ママ偉かったね。って隼斗に言ってもらえるような母親になりたい。



まとまらない記事に最後までお付き合いいただきありがとうございます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。