ライブペインティングの気分をあなたも

テーマ:

art


Jackson Pollock


先日のDOPPELのライブペインティング を見ていて


かっこいいなー

と思っていたけど


そんな気分を味わえるこんなサイトはどうだろう



以前紹介したこのサイト

ちょっと近いかも

AD

ぐるぐるまわる

テーマ:

Weave


Weave Toshi Collection -DAY DREAM


これはやられた!


LondonにもSHOPのある

人気の帽子メーカーWeave Toshiのブランディングサイト


ぐるぐるまわせます


「時計まわり」と「反時計まわり」


直感的に伝わるインターフェースが秀逸



通販サイト

ブログと一体化されていたりと

なかなかうまい展開



ちなみにブランドネームの

CA4LA


カシラ

と読むらしい


うまい!?

AD

オンラインカラオケ

テーマ:

SingShot


SingShot Beta


オンラインでカラオケができるサービス


なんですが


面白いのは

それが録音できて


しかもオンラインで公開され

人の歌が聞けちゃう


というところが2.0


こんなサービスあったのか

AD

呪怨の裏側

テーマ:

juon


JASON C on the set of THE GRUDGE 2


ハリウッドでリメイクされ

ヒットとなった呪怨の続編がまもなく公開


それにあわせて

ブログを使った面白い


というより、ちょっと恐い

プロモーションが行われています



この映画のメイキングを学生が取材する

という設定でBLOGがスタート


最初は普通に撮影が進んでいくんですが

途中から、どうも雰囲気がおかしくなってくる


最後のほうでは動画に

ありえない映像が映っていたり


と、恐い展開


もう、いいです・・・

僕、恐い映画見れないんですガーン


ちょっとブレア・ウィッチ・プロジェクト っぽい仕掛けですね



映画はこちら、THE GRUDGE 2

動画おのぼりさん

テーマ:

実は最近、自分で動画をアップしてみて

気がついたことがある


動画をアップするって、楽しい!


ということ


なんなんでしょうか、この感覚って?

とにかく快感なのです


いや、やってみないと分からないものですね


どうしてYou Tubeが流行るか

その一端をかいまみたような気がします



今まで、動画といえば

ストリーミングやダウンロードなど

いわゆる「下り」回線を使ったサービスには慣れていたんですが


自分でアップロードするという「上り」回線を使うということは

これ、全く異なった体験なんですね


この興奮を「動画おのぼりさん」

と称してみましたがいかがでしょうか?


やっぱり、人間の根源にある快楽欲求に

あったサービスだけが生き残る


そんなイメージを持ちました



そんな楽しさを活かしたプロモーションも流行ってますね


例えば、最近のスマッシュヒットシングル


chiken


DJ Webstar and Young B - Chicken Noodle Soup


この曲の振りをまねたり

オリジナルの振りをつけているビデオが

You Tubeに大量にあがって 話題になってたりします


うーん、楽しそう!



via.Google Current

via.Yahoo! Buzz

lonelygirl15

テーマ:

lonelygirl15


lonelygirl15


You TubeでBuzzの広がったこの少女

知ってます?


自分の部屋でビデオを撮影し

公開していて


かわいらしいルックスにもかかわらず

その名のとおり寂しい日常!?


Daniel という彼がいて

ケンカをしたりと微妙な関係



・・・という設定のfakeビデオ


実際は19歳のタレントの女性で

これ自体が新しい映像表現とのこと


ネタバレした後

いくつかのニュースなどでも取り上げられて ます



日本語による解説 もあったりするので

ご参考まで

全編ケータイで撮影した映画

テーマ:

sms


sms sugar man


南アフリカの映画監督Aryan Kaganofが

映画全編をケータイで撮影するという

チャレンジングな試みにトライ


Aryan

すご!


予告編はこんな感じ




最近、自分でケータイで撮った動画を

アメーバVISIONにあげてみて


その簡単さと

意外に画質がいいことに感動し


これってもうドラマとか撮れるレベルだよなー

と考えていたら


もう、すでにこんなことが始まってたんですね


これってなかなかすごいコト

The plot of the film is entirely driven around the potential that cell phones have to enable us explore new forms of communication and new ways of representing ourselves. The consequences of these innovations are hardly studied as yet, and SMS SUGAR MAN makes a contribution to our understanding of how significant cell phone technology has been on our evolutionary social development.


ストーリーの中では、携帯電話がわれわれの生活にもたらす新たなコミュニケーションのスタイルや、自分自身の存在というものを表す可能性が語られている。ケータイによる革命がもたらす結果についてはまだまだ研究の余地あがるが、この映画はケータイがもたらす社会環境の変化について大きな理解をもたらすのに役立つと考えられている。


というコメントが


「ケータイ動画撮影×動画シェアリング」


という今後の大きなムーブメントに

重要な示唆を与えてくれてると思います


情報元はmediologicタカヒロさん

(日本語訳含む)


しかもこれ、3月のエントリー なんですよね

さすがアルファブロガー、早い!

You Yubeでバンド天国

テーマ:

youtube-band


You Tube UNDERGROUND CONTEST


You Tubeで

cingularのプロモーションがスタートしてます


こんな風に

ナショナルクライアントと本格的に組んで

タイアップページを作ってのプロモーションって

恐らく初めて!?



その内容は


まだ売れていないインディーズバンドの

プロモーションビデオやライブパフォーマンスを

You Tubeにアップ


それをみんなでVOTEして

人気のバンドは全国に放送してもらえる仕組み


メジャーデビューなどは

SUB POP RECORDS というレーベルがサポート



と、割とシンプルな構造ですが


全体としてHIPな印象を受けるのは

やはりYou Tubeのブランドのおかげ


思わず自分でもビデオをアップ

してしまいたくなる気がします

テレビCM崩壊

テーマ:


Joseph Jaffe, 織田 浩一

テレビCM崩壊 マス広告の終焉と動き始めたマーケティング2.0


おそらく、このブログを読んでいただいている方は


一度は手に取ったと思われるこの本




あえて、このタイミングで


コメント書かせていただきます






新鮮で美味しいネタの宝庫なのです




「TVCM崩壊」、そのあまりにも刺激的なタイトルに、思わず目を覆ってしまう広告関係者も多い。また、その反応も、ああ、時代はここまで来たのか。変化のスピードについていけない・・・。いやいや、TVCMは崩壊なんてしていないよ。などと物憂げで力がない。まあ、食わず嫌いはよくないよな、と読み始めるも、第一章のあたりでますます気が滅入るばかり。もういいや、こんな本は本棚に置いておいて、昔の楽しかった日々を思い出してお酒で飲もう。そう感じるのも無理はない。しかし、案ずるなかれ。そこをぐっとこらえて読み進んで欲しい。そこに広がっているのは、苦い現状分析ではなく、きらきら光る楽しいソリューションの宝庫。そう、この本は美味しいネタが満載の使える実用本なのです。企画に煮詰まったときこの本を開くと、ヒントになるあんなコトこんなコトがちりばめられていることに気がつくハズ。困ったときのこの一冊、ぜひお手元に!





まずは第一章DL
で心の準備から!?





実は昨日、会社で織田さんのセミナーに出席した際に


ご本人からコメントをいただきました


(音声が聞き取りづらくてすみません)







今週Blog TVに出演されるようですが




それに先がけての「動画・織田さん」


恐らく世界初!?




織田さん、お忙しい中


無理なお願いを快諾いただき


ありがとうございました!


クリスピンの職人芸

テーマ:

JETTA


VW Features


そういえば、これ

まだ紹介してませんでしたね


VW JETTAの

ちょっと前のプロモーション


安全をテーマに

クリスピンがどう料理するか・・・


グレードや装備を選ぶと

「意外なもの」にぶつかって

その安全性を実感できるつくり


その発想・作りこみなど


やっぱり想像以上の

面白さ


さすがです