映画「本能寺ホテル」を題材に、女性にとってのやりたいことを見つけ、自己実現する事や、恋愛感、結婚感について書いています。


ここからが今回一番お伝えしたい本題になるのですが、


婚活をしていても、どうも誰にもピンと来ない。


デートまではするんだけど、お互いそれ以上先に進まなくて関係が深まらない。

 

なんとなくLINEのやり取りも盛り上がらずやり取りも自然消滅。

 

と言うお悩みも良く相談されます。

自分の中で恋愛の幕が上がらないから、何も始まらないのですね。

 

 


そもそも相手の事が好きかどうかもわからなくて、どんな話をすれば良いのかもわからないと言う人が多いのです。

お話しを伺うと、その方の気持ちの中心にあるのは
●相手が素敵な人かどうか?(前に書いた世間的に見栄えが良いかどうかの条件に合っているかどうか)
●相手が自分に好意があるかどうか?

であることが多いようです。



そこでこう訊ねてみます。
「あなたは、そのお相手の方に興味がありますか?
どんな事でも良いんですが、例えばこの人は何が好物なのだろうか?とか。」

すると
「もちろんです。デートでどこで何を食べるかとか重要ですから、興味があります」
とお答えになったりします。

もちろんデート中に食事をどこでするかは重要なことだと思います。

しかし、それは心理を細かく言うと
「嫌われないように、好かれるように相手に合わせて、相手を良い気分にさせるために、相手の好物を知りたい」

「デート中に会話に困らないように」

と言うような興味であって、
純粋な意味での「相手への興味」とは違う様に感じられるのです。

相手の年収がいくらあるのか?

それが一番興味がある。
なんて人もおられるでしょう。


結婚を考えたら重要な事ですよね。
ただ、それはやはり、自分が幸せになれるかどうか?と言う自分への興味であって、相手への興味とは別のものです。

人に合わせようと思ったり、楽しませてあげようと思う事は本来思いやりでもあるのですが、
それが
自分が嫌われないようにするにはどうするか?
好かれる為にはどうするか?
この人と付き合ったら、自分が幸せになれるのかどうか?

と言う、自分への興味の方が強くて、
相手の方への興味を覚える余裕がない人もおられるのですね。

あるいは、相手には何の興味も感じていないような相手なのだけれど、自分に好意を持ってくれるかどうかだけは興味がある、と言う場合もあるかも知れません。

別に付き合いたくは無いけど、かと言ってフラれるのは嫌なんです。

「好かれたい!」と言うのも、重要な欲求だと思いますが、
やはり相手に興味が持てて、「この人の事をもっと知りたい!」と欲求が持てなければ、関係性は深まらないものではないでしょうか?
自分の心配の事ばかりになってしまいます。

相手の人も、「なんか自分の事だけで、僕には(私には)興味ないんじゃないか?」と思われたら、ちょっと白けるものでしょう。

男性だと、自分に興味がある事ばかり一方的に話してしまって、

相手の女性が付いていけないと言うパターンも良く耳にします。



相手の事を好きかどうかわからないと悩まれる様な人にとって
「この人の事をもっと知りたい!」と興味を感じる欲求が湧くかどうかは、恋愛感情を相手に感じているかどうかの重要な指標になるものの様に思います。

相手の事をまだ良く知らないのですから、
自分が相手の事を好きかどうか?
相手が自分の事を好きかどうか?

なんて誰にもわからなくて当然なのだと思います。


でも「この人の事をもっと知りたい!」と思えれば、それはほとんど無意識的に相手にすでに好意を感じていると言って良いでしょう。
そんな興味を持てる相手だった場合、その人の事を知るに従って、将来的に好きだと感じる可能性は高いのではないかと思われます。

婚活していて出会った人に、「この人の事をもっと知りたい!」

と言う欲求を感じているかどうか、

ご自分に問いかけてみて下さい。

 

 

そして自分が相手から好意を持たれているかどうか?
相手が自分の条件に合っているのかどうか?
ばかりに気が行ってしまう人は、どこか焦って相手を探そうとしてしまっているかも知れません。
もっと相手の方に興味が持てるように、心の余裕を育てる必要があるかも知れません。

 

人への好奇心が持てにくい人は、なかなか恋愛感情も持てにくいと言えるかも知れません。

興味がない事(人)を好きになりようが無いとも言えますね。

 

「一目惚れ」と言う現象も、相手を一目見て惚れてしまうと言うことなのですが、

素敵な人だと最初からすごく印象が強くて、どんな人なのか興味を持ち、

それを知るためにまた会って見たい!

と思えるかどうかなのではないでしょうか?

 

その感情は、理屈では説明できないものでしょう。

この文章だけで上手くニュアンスが伝わるかどうか自信がありませんが。

 



にほんブログ村


心理カウンセラー ブログランキングへ

AD