[人財育成により赤字企業を黒字化させ、黒字企業をさらに利益体質にする]企業ドクター・ホリコンの経営改善クリニック

年商5~20億円規模のオーナー経営者の皆様!

営業利益で赤字でもそれが年商の10%以内であれば黒字化は十分可能です!

そして適正な経常利益率は、無借金でも3%以上、それ以外では6%以上だと思われます。高収益体質になりましょう!

NEW !
テーマ:

【解答例】

さて、どんな規模・業種・業態でも比較可能な唯一の財務指標は「限界利益(付加価値)」です。


この問題では限界利益額が与えられています。

売上や経常利益では他社との比較はできません。これらは規模・業種・業態によって大きく異なるからです。

 

すなわち、給与の元になる原資は「限界利益」なのです。

ここでは、平均給与が400万円と与えられています。給与と人件費の換算比率を仮に1.25としましょう。


平均人件費=平均給与×1.25=400万円×1.25=500万円


ここで固定費を推定します。


管理会計では、「売上高-変動費=限界利益」、「限界利益-固定費=営業利益」

限界利益(6億円)-固定費=営業利益(1億円)

∴固定費=6-1=5億円です。



さらに、固定費=人件費+物件費なのですが、この会社の人件費:物件費=1:1と仮定すると、固定費=5億円=1:1=2.5:2.5(人件費:物件費)


∴人件費=2.5億円

固定費=5億円=人件費2.5億円+物件費2.5億円

平均人件費が、500万円となるので、

適正人員=総人件費÷平均人件費=2.5億円÷500万円=50名となります。


ここでのポイントは、人件費と同額の物件費があると仮定していることです。

これは設備投資を前提としているのでサービス業などではこの比率は変わってきます。


別の見方をすると、平均給与400万円(平均人件費500万円)を維持するには、この会社を50名以下で回す必要があります

 

また、銀行対策など無用で、利益を出すことがさほど重要でなければ、決算賞与を払って営業利益を減らし、納税額を減らし、決算賞与を増やして年収をアップするという方法もあります。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 ビジネス作家?の端くれとしては、普段はこういうノウハウ本を読まないのですが、例の芥川賞受賞作品を一日で読んでブックオフで売り、ついでに買いました。

(古本を買っても著者に印税が入らないから本当は申し訳ないのですが(・Θ・;)

 

教育者であり実業家のロン・クラークさんの著書で、まだ60ページくらいしか読んでいないのですが、企業やチームを黄色いバス(但し、メンバーの足で動くバス)に喩えていてそのメンバーの種別が面白いです。

 

ドライバー(経営者、管理者、チームリーダー)

ランナー(ランニングする人財)

ジョガー(ジョギングする人材)

ウォーカー(歩いてバスの進行には貢献しない人在)

ライダー(座っているだけのお荷物人罪)

 

あと組織には心の病で組織を破壊するテロリストも居ますが(笑)。

 

私は、2:6:2の原則で、人材2割、人在6割、人罪2割と表現していますが、この先が楽しみです。また報告します。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ちなみに、手取り額は以下のようです。


「手取額」=「支給額(基本給+各種手当)」-「控除額(源泉所得税+雇用保険・健康保険・厚生年金の従業員負担分+住民税特別徴収)」です。


給与所得者本人からみたら、このように総支給額と手取額に差額がある上に、経営者サイドではさらに追加負担として「総支給額×1.2~1.5」と大きなギャップがあるのが現実です。


「給与所得者=より少なくもらっている。経営者=より多く負担している。」


 この(1.2~1.5)の割増係数がある理由は、法定福利費(労災保険+雇用保険・健康保険・厚生年金の事業主負担分)+(就業規則や賃金規定による賞与月次負担分+退職金負担分)さらに福利厚生費(食事補助や制服支給分など)など企業によってその内容や金額が異なるので、割増係数の0.2~0.5の負担率が変動するのです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。