あべこべ体操

「あべこべ体操」とは、身体の一部分をあべこべに
動かすと言うフェルデンクライス・メソッド(※)
の特徴的な動きに、その他の体操や健康法を加えて
アレンジした体操です。
気軽に楽しみながら身体の歪みを取り、柔軟性を増
し、肩コリや腰痛を緩和します。

「あべこべ体操」が生まれるきっかけとなった元祖ニューストレッチプログラム#6です!


テーマ:
足裏ほぐし〜足をほぐすと脚が長くなり正座が楽になる
 
丸める」〜へそ後ろ・猫背・頭下
 
猫のように背中を丸めるんだよ🐈
 
反らせる」〜へそ前・ハト胸・頭上
 
背中の接触面のチェック〜これだけでも身体は緩む
 
頭・肘・膝の三箇所を意識して、「ゴロゴロ三つ巴体操
 
ペアで「脚転がし
 
気持ち良くてウツラウツラzzz
 
幼稚園の先生講座:ゴロゴロやきいも転がり
 
「くっつきやきいも」照れないで子ども心になってね〜!
笑いが止まらないニヤニヤ
 
変化技:逆さくっつきやきいも
 
昨日、ある幼稚園で、午前は母親講座、午後が幼稚園の先生のための講座があった。
皆、身体の気になる症状がいっぱい。首、肩、背中、腰、股関節、足・・・
 
ほとんどが無意識の緊張
 
子どもは大人よりは、緊張は少ないが、子によっては生まれた時から、緊張や歪みがある。治療や整体といったところまではできないが、あべこべに動かして、揺らして、触って緊張をとること、力を抜くことの重要性を体感していただいた。
 
母親講座が終わった後も、連れてきていた1歳児の相談・・・汗
 
子どもと遊びながら、揺らしたり、マッサージしたりすることで、最初緊張していた子どもも気持ち良くて笑っている。
 
緊張を持続することの弊害が目から鱗だったようだ。
 
午後は幼稚園の先生講座。あべこべで身体を緩めて、子ども心になって遊ぶことで、身体がどんどん緩むのを体験して頂いた。
 
さすがは、現役の先生グッド!
学生は照れてやらないが、先生方はお腹とお腹とくっつけて「子ども心」を思い出してやってくれた。笑いが止まらなかった。
 
大人が考えた遊びではなく、子ども自ら発案した子ども目線での遊びが大切!
 
幼稚園ブログ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。