フープドリームズ【子どもの心技体を育てる地域コミュニティを民の力で運営しています】

理念
1.未来を築く子どもたちの心技体の成長をサポートする
2.家族や地域社会の和を大切にし、永く楽しめる地域コミュニティを育成する

~2016年1月発表フードリDVD&ブルーレイ~(amazon)
小さくても世界で活躍するバスケットボール選手が身に付けている基本スキル&練習法(小学生中学生向け)-Blu-ray&DVD-
バスケブルーレイフードリ バスケDVDフードリ
2014年のドバイU-17世界選手権、現地に足を運んだ北口コーチが、トステンロイブル氏らコーチと観戦しわかった「世界で戦えているチームと日本の違い」から生まれたものです。日本同様サイズのないカナダやプエルトリコの選手が、大きなチームと対等以上に戦えた理由、それを小学生、中学生の育成年代に落とし込んで基本となることを集約しました。102分の大作です。

~北口総監督からのメッセージ~(ブログ記事はこの下です)

こんにちは。

コーチの山田です。

フードリ山田
最近マウスピースを作ってもらったので睡眠のコラムではなくマウスピースのことを書きますね。

 


バスケットボールのプロ選手じゃあるまいしマウスピースなんて必要ないって思う方が多いですよね。私も同じように思ってました。ですが、私の先輩が試合中に相手選手の肘がアゴに当たってヒビがはいる怪我をしたんです。残念なことに相手選手は謝罪もなく先輩いわく故意的なファールだったそうです。そんな危険なプレーをする選手がいるのは非常に残念です。

 


先輩が怪我の予防も兼ねてマウスピースをしながらプレーすると今までの半分ぐらいの力でプレーができるようなったって言うんですよ。私も半信半疑でした。ただ私も現役時代に相手選手のラフプレーで口の近くを深く切るケガをした事があり、自分でケガの予防ができるならと思ってマウスピースを作りました。

 


歯科医院で型をとってもらって1週間ぐらいで完成するそうです。私がマウスピース作成にあたってリクエストしたのはアメフト選手やボクシングの選手みたいな分厚いマウスピースではなく装着していてもわからないような薄いマウスピースをリクエストしました。完成して装着してみたんですが、心配していた違和感やえずきもなく、今のゴリラ顔がもっとゴリラに似てしまう心配もなく私の歯にフィットしました。笑

 


歯医者さんに言われたマウスピースのメリットですが、歯の破折・磨耗と口腔内の裂傷防止や顎や顎関節の保護や衝撃の緩和、脳震盪・脳神経系および頸部損傷の予防効果と筋力アップの効果を言われました。またデメリットは息がしにくいや話にくいといったことを言われました。

 


メリットやデメリットを聞いても実際にプレーしてみないと分からないので(試したがりなんですけどね!笑)、早速HOOPの練習で装着しました。

 

 

私個人の感想ですが、ジノビリやギャロップステップの切り返しの際の踏ん張りがブレなかったり、コンタクトプレーの際に力が出やすくジャンプ力が上がったりと歯の噛み合わせでこんなに違うのかとビックリしました‼️それに最近の試合で2m級の黒人選手とマッチアップしたのですが、マウスピースを装着していても衝撃が強く、マウスピースをしてなかったらと思うとちょっと怖かったです。

 


どういった環境でみなさんがプレーされるかわかりませんが、ケガを防止するためにもマウスピースはオススメです。

 


もしマウスピースを作るなら、私個人の意見ですが市販のお湯でふやかして型取りするのはオススメしません。試したんですが、外れやすく、えずいてしまって装着できませんでした。

 

 

歯科医院で作ってもらうのをオススメします。値段は歯科医院によって違うみたいなので電話で確認してみてください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。フープドリームズのたかじさんです。

今日は北口コーチに寄せられた質問に、回答された内容をお届けします。

 

そして、このコラムの回答の中には、

【北口流】サルでもわかる、チームオフェンスの説明

が入っています。それを覚えて子どもたちに説明すれば、チームオフェンスのことを選手たちに簡単に短く伝えることができますよ!!

 

 

読み込む時間がなくて、それだけ知りたい方は

この色の文章

だけ丸暗記してください。

中学生が覚える日本国憲法前文より大分簡単ですね♪

3回復唱すれば大丈夫でしょう♪

 

 

 

では↓質問↓から

 

Q:理念と実践に大変感動しております。DVDも購入し、勉強させていただきました。一つ質問があるのですが、中学校の部活を担当している関係で、しかも畑違いの競技なので、チームオフェンスの作り方がわかりません。セットプレーをたくさん習得させる方針で行くべきなのか、一対一を鍛え上げるべきなのか、中学校段階では、どのような方針でトレーニングをすべきでしょうか。教えていただけると幸いです。

 

~ここから北口氏の回答~
 

 

ご質問ありがとうございます。
また、DVDをご購入いただきありがとうございます。
私も若い頃、畑違いの器械体操部の顧問をしていたことがあります。
 

 

新入部員と一緒に、やったことのない「あん馬」の練習をして筋肉痛になっていたことを思い出しました。(笑) 大会での器械体操の点数のつけ方がわからないで悩んでいると、「審判資格を取りますか?」といわれて、消極的に断っていた当時の後ろ向きな私が恥ずかしい限りです。
 

その点、ご質問いただいている先生は、畑違いの競技でも、生徒たちのために前向きに取り組んでおられること、素晴らしいと思います。頭が下がる思いです。

 


さて、ご質問の内容は、

「中学校の部活を担当している関係で、しかも畑違いの競技なので、チームオフェンスの作り方がわかりません。セットプレーをたくさん習得させる方針で行くべきなのか、一対一を鍛え上げるべきなのか、中学校段階では、どのような方針でトレーニングをすべきでしょうか。」

ですね。


私が小学生、中学生、高校生、大学生からトップ選手まで指導している中で、中学生にわかりやすく教えるチームオフェンスの説明の仕方は、以下のような感じです。



○チームオフェンスの説明の仕方
 

 

まずは、

「一対一を鍛え上げる」理由を説明します。
言い換えれば、

一人一人がうまくなることでチームが強くなること」

の理屈づけです。

 

 

1「バスケットの試合を、シンプルにわかりやすく理解させる」

こう話すとわかりやすいと思います。

 

「バスケの試合は、5人と5人で戦って、

シュートを入れたほうが勝ちですね」

 


「そして、誰がシュートを入れても良いですね」

 


「シュートを入れようと思ったら、最後は、

誰か一人がノーマークになっていれば入れやすいよね」

 


「でも、ノーマークになっても、

シュートが入らなければ試合に負けてしまうね」

 


「なら、チームメートの誰もが、ノーマークシュートを入れる確率が上がればいいね」


そうです。
部員みんなが、ノーマークで、シュートを入れる確率をあげることが大切だということを理解させることですね。


つまり、5対5の試合だが、分解していけば、最後は、「1対0」 ノーマークのシュートを入れるようになることですね。
そこで、ノーマークのシュートの練習の大切さを話します。


 

2.「1対0」つまり、一人一人が、ノーマークのシュート練習やドリブルシュート練習をして、シュートの確率を上げられるように練習すること

 

例えば、ノーマークのシュートには、

ゴール下シュート、

レイアップシュート、

ミドルシュート(+3Pシュート)、

フリースローなどがあるね。
そのシュートを確率良く入れようとしたら、たくさん、シュート練習をすることだね。
そして、正しいかっこいいフォームでできたら、もっと良いね。


そこから、具体的な練習方法を伝えていく。

 

3.「1対1」を、「1対0」にする方法を練習して、マスターすること。


例えば、ボールをもらう時に、相手ディフェンスを振り切ってノーマークでボールをもらったら、シュートできるね。でも、もし、ボールをもらえても、ディフェンスがついていたらどうしよう。
その時は、ピボットを使ったり、シュートやパスのフェイントやドリブルを使って、相手ディフェンスを抜き去る知恵やコツを練習して、相手を抜き去ってノーマークになる練習をしよう。
ディフェンスをつけて、1対1から、相手を抜き去る練習をして、試合で使えるようにしたいね。

 

4.「2対1」も、「1対1」と「1対0」を足したものだということを理解させること。


自分が「1対1」でボールを持っているなら、自分の前のディフェンスを抜き去るか、ノーマークの味方に、パスをすれば良いとわかります。


ちなみに、「2対2」は、「1対1」と「1対1」が二つあるだけ。
ならば、一つの「1対1」を「1対0」にできたら、「2対1」だね。
ということは、「2対1」になったら、「1対1」と「1対0」になるから、
ノーマークの人にパスをするか、自分についてきたディフェンスを抜き去ってノーマークシュートするかだね。

 

5.「5対5」も分解すれば、「1対1」が5つあるだけということを知ること。

 

5対5は1対1が5つあるだけだね。ならば、一つの1対1を1対0にできたら5対4だね。そうすれば必ずどこかが1対0になるから、あとは一緒だね。

 

そこまで、説明すれば、「1対0」のノーマークシュートやドリブルシュートを決められるように上手くなって、次に「1対1」の状況をノーマークにする努力や工夫をすることの大切さは、子どもたちも理解できると思います。
 

 

 

 

 

 

 

○セットプレイを沢山習得させる方針はどうか?

 

次に、「セットプレーをたくさん習得させる方針で行くべきか?」ですね。
「セットプレーをたくさん習得させる」のは、中学生では難しいと思います。


子どもたちの中には、理解力の高い子もいるでしょうし、そうでない子もいますね。

 


ましてや、中学生でバスケット部に入部してくる子は、ミニバスを経験している子もいるでしょうし、ほとんど球技をしたことがない子もいるでしょう。


そこで、私の回答としては

、「5人が動きながら、ノーマークや2対1を作ることができる、

簡単な規則性のセットプレーをひとつ

教えることから始めます」です。


5人が簡単な規則性で動いて、ノーマーク=「1対0」や「2対1」を作る方法を、上記の、一人一人の技術を高めることと並行して、教えてしまうことをお勧めします。


もちろん、その方法だけで、試合を戦えるわけではないですが、
初心者が、5人のフロアバランスを理解するには近道です。

 


「2対2」や「3対3」や「4対4」などの練習をしても、試合の成功イメージは、つかみにくいものです。

イメージをつかむまでに、時間がかかります

 


なぜなら、実際の試合は、「5対5」だからです。
先に、実際の試合の「5対5」の成功イメージの一例をつかませておいた方が良いという考え方です。


もちろん、「2対2」や「3対3」や「4対4」の部分練習も大切ですが、
実際の試合の「5対5」のどの場面で使うのかがわからないとイメージが湧きにくいですね。

 


子どもたちの脳内で、「3対3」から、「5対5」を想像しないといけないからです。「5対5」のイメージができている経験者や、NBA好きな子なら、イメージ記憶から引き出しやすいと思いますが、「5対5」の成功イメージを持っていない初心者には、至難の業です。ラグビーをしたこともない子に、スクラムの練習だけしているようなものです。


であれば、いきなり、「5対5」の簡単な動きと規則性を教えて、その動きの中で、

「1対1」になったらどこを攻めたらいいか?

この場面では、「ノーマークができそうだからシュートを打とう」

と考えさせて、成功イメージを作っていく方が速いと思います。もちろん、どこで、どんなプレイがしやすいかという成功イメージをアドバイスしたり、成功する見本(動画を見せたり、ゆっくり動きながらコマ送り)を説明する必要がありますね。


この指導方法は、2014年、2016年のU17世界選手権のアメリカ代表ヘッドコーチを務めた、ドン・ショー・ウォルター監督も、選抜チーム(普段から練習をする機会の少ないメンバー)を担当した時に、教える方法だそうです。

↑ドンショーウォルター

 

 

私は、それを、2016年に、直接スペインで指導していただいて、私なりに日本の中学生の初心者でも、できるように説明します。


先月は、大阪で中学校の指導者を対象にして、この5人の動き方の講習会も行っています。

↑その時の様子

その時のレジメの一部がこちらです。↓

 

 

☆U17世界選手権 優勝チーム アメリカのヘッドコーチが教える マンツーマンオフェンス

(ポイント) 

・初心者でも、5人の動きだけをマスターできる

 

(フロアバランス)

・プレーの幅が広くなるのに合わせて、

選手がプレーを増やせて行ける

・1on1を楽しめるシーンとコンビプレーを楽しめる場面がある

(教え方 1) 

5人の動きを先に教える
 ○ガード

   ①パスかドライブか→(カッティング )から始める
 ○センター

   ①面取り ②リターンパス ③ピック&ロール

   →逆サイドへ展開

(教え方 2)

どこでどんなプレーができるか、一つずつ増やしていく
○ピック&ロール 
○ハイポストバックドア+ハイピック 
○2ガード ドリブルクロス 
○リアスクリーンから
○中抜けから

 


~北口氏の回答ここまで~

 

いかがでしたでしょうか。

かなりわかりやすく、細かく書いていただけました。

是非子どもたちの指導に役立てて、子どもたちをグングン伸ばせる指導者になりましょう。

 

 

こういった素晴らしいご質問は北口コーチの脳をグングン回して、(大学の仕事をそっちのけで笑)素晴らしい回答を引き出してくれます。

 

 

全てに北口氏が回答されるかはわかりませんが、

これからも、どしどしお待ちしております!

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

HOOP DREAMSのたかじさんです。

 

今日は、先日までお届けしてきた、

北口コーチの特別コラム

 

「ふつうの公立高校の快進撃

~外部コーチとして取り組んだ2年間~」

 

のまとめ版をお送りしたいと思います。

 

 

 

○それぞれのコラムのワンポイントメモまとめ

と、

○それぞれのコラムのリンクまとめ

を作りました。

 

 

 

ワンポイントメモを見て、気になった回を

ご覧になるのが良い活用方法です。

 


 

ワンポイントメモ

 

Vol.1のまとめ
外部コーチを引き受けた想いと、理由
日本のバスケっ子たちは、勉強とバスケ両方を選べない
 
Vol.2のまとめ
外部コーチ就任当時 ばらばらな子供たちのニーズ
リーダー不在 キャプテン退部 試行錯誤の繰り返しと
屈辱の150点ゲームを乗り越えて
 
Vol.3のまとめ

試合に大切なフィニッシュ(タフショットでも)を決めきる練習

⇒ギャロップ、ジノビリ、ステップイン、スピンなどなど

⇒ベビーフック、パワーシュートなど6シュート

リバウンドからプッシュの為の全員ドリブル

⇒狭い1対1練習でのドリブルワーク(ロール、レッグ、ビハインド等)

 

Vol.4のまとめ

全員好きなポジションで誰がミスマッチになるかわからない

⇒全員ポストプレイ

 

相手の想定外のオールコートディフェンスの突破

⇒オールコートオフェンス

⇒3方向

⇒左右不均等 アンバランスを使う

 

Vol.5のまとめ

シュートは脳科学を利用すればもっと入る

⇒視覚・聴覚・体感覚の利用

⇒エアシュート

⇒3人組シュート(距離より確率)

 

Vol.6のまとめ

マンツーマンでやりきる体力がない

⇒進学校だからできる

相手をパニックに陥れる、チェンジングディフェンス

 

Vol.7のまとめ

オフェンスリバウンドは取られるものとして考える

⇒取られた瞬間の寄り、スナップ

 

ビッグマンは一人で抑える方が無理

⇒ボールが入った瞬間に、遠いやつがダブルチーム

 

試合で通用するフィジカルトレーニング

⇒ケガを減らすことが最大目的

古武術に学ぶアジア人の特性や正しいストレッチ知識

 

今後の公立高校のモデルケース

⇒「セクシーバスケット」


 

○リンクまとめ

■ふつうの公立高校の快進撃 北口コラムまとめ■

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

こんにちは。栄養士のマホです。
今年もゴールデンウィークの時期がやってきました。
楽しんでいますか?


私は、島根県にいます。人生初、島根です!
大学のサークルで知り合った先輩が、
島根県で就職したので遊びに来ています(o^^o)


サークルは3回生の秋に引退したのですが、
先進国の肥満と途上国の飢餓を同時に解決する仕組み「TABLE FOR TWO」を学内の食堂や、レストランなどに取り入れて、広める活動をしていました。


食堂やレストランでサークルのメンバーが考えたヘルシーメニューを販売し、そのメニューの代金に20円の寄付金をつけます。
寄付金はNPO法人を通して、アフリカやアジアの子どもたちに給食支援をしている団体に届けます。
つまり、日本で対象のメニューを買うたびに、子どもたちに給食が届くという仕組みです。





詳しくは、公式ホームページ(http://jp.tablefor2.org/)
を見てみてください。


○朝ごはんアンケート結果
前回のブログで、
「朝ごはんに何を食べたか」についておたずねしたところ、
11人の方が答えてくれました。
ご協力ありがとうございました(^ν^)



朝ごはんの内容は...
⚫︎パン、卵料理、飲み物
⚫︎ご飯、汁物
⚫︎肉料理
⚫︎ご飯、パン、飲み物 2名
⚫︎飲み物と毎朝果物(今日はグレープフルーツ)
⚫︎パン 2名
⚫︎ごはん
⚫︎卵料理
⚫︎鯖トースト

でした。

今回のアンケートの選択肢には、
野菜料理と魚料理もあったのですが
選択した方はいませんでした。

私は卒業研究で中学生の保護者の食生活について
調べたのですが、朝ごはんはご飯やパンなどの「主食のみ」と答えた人は全体の6割以上でした。

朝ごはんの栄養バランスが気になるところですね。

あと、鯖トーストも気になります。笑

アンケートに答えてくださった方のなかでは
朝ごはんを食べていない人はいませんでした。

しかし、「朝食を欠食する人」の割合は男性では30代が、女性では20代が一番高く、それぞれ25パーセント程度であるということが
わかっています。(H27 国民健康栄養調査より)

 


多くの人は「朝ごはんは食べた方がいいよな〜」
と知識ではわかっているとは思います。


○朝ごはんを食べるように勧める理由

ところで、なぜ朝ごはんを食べるようにすすめるかというと..

5つの効果があるからです^ ^

 

1. 体を動かすエネルギーになる
→ご飯やパンに含まれる炭水化物は消化されてブドウ糖となり、脳や筋肉のエネルギーとなる。
2. 体温の上昇
→エネルギーが体に補給されることで体温が上昇し、活動するための準備が整う。
3. 体調や生活リズムが整う
→同じ時間に食事をすることで、規則的な生活になる。
4. 排便促進
→腸に食物が入ると、排便が促進されるので便秘予防になる。
5. 頭がよくなる!?
→毎日朝食を食べている子の方が成績がよいというデータがあります。


もちろん朝ごはんは毎日食べるけど、全く勉強しなければ成績は良くなりません。

朝ごはんを毎日食べる子は、早く寝て、早く起きて、きちんと学校に行く準備が出来る子だと思います。

だから、勉強も計画立てて出来るという事になるのではないでしょうか?

 

この5つの効果を、お子さんやミニバスチームの子どもたちに

伝えてほしいと思います。

 

でも、朝起きれない、食欲がないなどの理由で
「まあ、食べなくてもいいか〜朝はゆっくり寝たいし」となって、
朝ごはんを食べないことが習慣化していきます。
習慣化してしまったものを変えるのはすごく難しいです。

お父さんたちが、アルコールを毎日飲んで休肝日を作らなかったり、
お母さんたちが食後のお菓子をやめれなかったりするのと同じです。
(わが家の実話です。このブログを見てお酒もお菓子も控えてくれるといいなぁ。笑)

○子どもが成長期のうちに良い習慣を
でも、お子さんやミニバスキッズたちのように
成長期の子どもたちの習慣は、今から良くできます。

例えば、
ミニバスチームの子どもたちに
「朝ごはん食べた方が、体も動くし、毎日食べてくるんやで〜!」
声をかけたり、

お子さんに、
「明日は早起きして一緒に朝ごはん食べよう」
言ってみたり、

それを言うためには、
大人の皆さんの食事もちゃんとしないとな!と思うでしょう。思ってください!笑

そして、
朝食を欠食していたミニバスチームのコーチが毎日朝ごはんを食べるようになったり、
お母さんが作る朝食の内容が良くなったり、
そんなことが繋がっていって、
みんなの食生活が良くなっていけばいいと私は思っています!

朝ごはんを食べないことが習慣化している人に、
明日からは白ご飯と、お味噌汁、焼き魚、煮物の朝ごはんを食べなさい!なんてことは言いません。

まずは、おにぎり一つからでいいです。

毎日食べているけど、パンだけの人は
食物繊維を摂取できるように、サラダを付け加えるといいでしょう。

なにか、一つできることから始めてみるのはどうですか?

食生活を一日変えたところで、劇的な変化はないと思います。

でも、続けていくと、午前中から元気いっぱいになったり、
便秘がなくなったり、そんな変化がみられるかもしれません。

このブログが、毎日の食生活を見直すきっかけになれば良いなと思っています^ ^
ブログへの意見や感想等はこちら
https://jp.surveymonkey.com/r/WCPMTS6

 

 

○アンケートコーナー

では、毎度おなじみのアンケートコーナーです!

「よく食べるおやつ」を教えてください!

https://jp.surveymonkey.com/r/HQKJ8ZH

 

 

次回、結果発表をするとともに

「賢いおやつの食べ方...?」についてお伝えします!


5月30日更新予定です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

HOOP DREAMSのたかじさんです。

 

北口コーチに、公立高校の外部コーチを引き受けてから

2年間のことを振り返っていただき、コラムにしていただいた、

このシリーズ、今回でラストとなります。

 

今回も

「試合に勝つために必要なリアルな話」

です。

 

では先に今までのコラムのおさらいです。

 

 

■ふつうの公立高校の快進撃 北口コラムまとめ■


 

それでは、ラストコラムです。どうぞ!

Vol.7

「ビッグマン対策とフィジカル。公立高校が目指す姿」

 

 

~~~本文ここから~~~

 

○オフェンスリバウンドを押さえる


相手のオフェンスリバウンドやポストプレーを押さえたいのですが、一人で守っても、ローテーションしてもやられてしまうんですよね。いかんせん、小さいので。


そこで、


オフェンスリバウンドを取らせないようにしたいが、取られてしまうので、…

 

 

目標を、

オフェンスリバウンドを取られても点数を取らせない

ことに切り替えました。


つまり、オフェンスリバウンドを取られそうになった瞬間に別の選手がスナップ(チップ)しにいくか、着地した瞬間にダブルチームに行くわけです。取られても、飛ばせない取られてもスナップで取り返す。


リバウンドをタップシュートでやられると

防ぎようがないんですがね!!!(笑)



○ビッグマンのセンタープレーを押さえる

ポストアップしてくるビッグマンに対してですが、ポストマンにボールを入れないように、前に守ると、裏パスを通されてしまう。

 

 

また、前に守ってフロンティングしている間に、外からのシュートが起こると、簡単にオフェンスリバウンドを取られてしまう。
パスした選手のマークマンがディグ(ポストマンへのカバー)に寄りすぎるとリターンパスで外から打たれてしまう。


そこで、


ポストマンにボールを入れさせるのは仕方ないが、

その瞬間、つまり、

キャッチして着地した瞬間に、ダブルチームしてプレーさせない

ようにすることにしました。


つまり、ポストマンにパスする選手とポストマンについている選手以外の、3人のだれかが、ダブルチームに行って、プレーさせないという守り方をするわけです。


これは良くインターハイなどでも見かけますよね

ビッグマン対策ですね。



○筋トレなしで、試合で通用する、強くて、しなやかで丈夫なフィジカルを作る
 

指導して1年目より、2年目の方がずいぶんけがが減りました。突き指やねんざと言ったバスケット特有のケガは減らせると思います。


この1年間、膝や腰、肩などの大きなけがは、30数名の選手がいる中で、1件も起きていません



なおかつ、

パワーに勝る相手に、どう立ち向かうか、押し負けないか?
コツがある
んですよね。


1回、35分くらいのトレーニングメニューです。週に2~3回、体育館が使えないときのグラウンドや廊下でできるようにしています。


要は、実際にバスケットの試合で使う動きをしなやかに丈夫にして行けば良いだけです。



古武術は、日本古来の武士の生き残りをかけたトレーニングですが、その身体の使い方やノウハウをマスターしていくことです。


骨ストレッチや、4スタンス理論、自然形体療法を活用しバスケ選手ようにアレンジした、可動域を広げるトレーニングなどもお風呂上りや寝る前にするように指導しています。
(最近は、ヒモトレを研究中です)

詳しくは、今後のフードリ動画やDVDをお楽しみにして下さい。


○今後の方向性
 

そして、この公立高校のコーチを引き受けた2年間で、これから目指す「楽しみながら結果も出すための方向性」が見えてきたので、ここに書いておきます。


私たちの公立高校が、これから目指すのは、

「華麗な忍者たちによる、忍者オフェンス」です。


言い換えて、こう言う言い方をすることもあります。

私たちが目指すべき今後の方向性は「Sexy Basketball」です

と。(=「Sexy SOCCER」のパクリですが!!)
 

 

華麗なパスプレーとドライブからの1on1、そして、巧みなフィニッシュのシュート。


3人が絡み合いながら、ディフェンスをかわす忍者攻撃のようなパスプレー。


日本人の特性を生かした攻撃とディフェンスを公立校から発信していこうと考えています。


言い換えると、パスワーク(9パス)を磨いて、ドライブとランプレーをミックスして、ディフェンスのギャップを作って攻める


イワシの大群が、大きなクジラに立ち向かう戦術と似ているかもしれません。


私が直接指導を受けた恩師の一人、ユニチカの尾崎さんが、日本代表を率いて、世界選手権2位になった忍者ディフェンス。そのオフェンス版、「忍者オフェンス」ができれば面白いなと挑戦中です。


イメージ的に近いのは、スペインサッカーでしょうか?


3人が絡みながら、攻撃が進んでいく。華麗なパス捌きと相手をほんろうするランプレー、そして、ドライブイン。そういったことを組み合わせることで生まれるセクシーバスケットを目指したいと思っています。


これ、選手も楽しいんですよね。

 


何より、味方どうしが協力して、タイミングを合わせないとできないので、コミュニケーションの練習になったり、味方とタイミングを合わせるのにすごい好都合な練習なんです。


ご期待ください。

 

~~~本文ここまで~~~

 

いかがでしたでしょうか。

ここまでお送りしてきた、公立高校の指導にあたった2年間を振り返っていただいたコラム。

理想と現実のギャップを感じながら、それでもなんとか子どもたちがバスケットボールを楽しみ、うまくなり、少しは勝てるようになるために試行錯誤を続けてきた結果、生み出したものたちです。

 

 

皆様のチームにも、状況に合わせてうまくご活用して、コーチも子どもたちも、よりバスケットボールを楽しめるように、うまくなるように願っています!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。