お金を借りるのは家を買うときだけ

テーマ:

お金って借りますか?

先日、知り合いが借りているということを知ってびっくりしました。3~4万とか、返済は数ヵ月後とかなので、特別なことがあったわけじゃなく、生活資金なのだと思います。

 

 

私は何かの本に「お金を借りるのは家を買うときだけ」と書いてあったのを守っています。車のローンも、教育ローンも利用するつもりはありません。大学時代に日本育英会の奨学金は利用しましたが、既に返済済み。それ以外で借りたことはありません。

 

 

私はどちらかといえば、あったら使っちゃうタイプ。逆に夫は貯金命w うまく歯止めをかけてくれています。

 

 

子どもが小さいうちは貯め時だといいますよね。高校は何とかなったとしても、大学の授業料は最低用意しておきたいし、家から通えないところに行きたいと言えばかなえてやりたいし、留学したいといえばそれもかなえてやりたい。

 

 

 

そのお金を借りている知り合いにも小さな子どもがいるので、今から借りていて、高校や大学のときはどうするのだろうと思います。

 

 

あこがれの生活スタイル、生活レベルはあるし、夢は大きく持ちたいけれど、目の前の魅力に心奪われ、10年、20年後に後悔することのないようにしたいです。

 

 

色々理由をつけて散財したくなるので自戒を込めて(^^) 

 

 

 

 

月の変わり目は家計簿に書くことが増えます。仕事の帳面つけもがんばります!

 

 

 

 

 

 

AD

読了しました。

 

 

 

 

娘の個人懇談に行ってきたのですが、そこで指摘されたのが共感力の不足。相手の気持ちを感じたり、考慮したり、想像したりするのが苦手。国語の文章題でも登場人物の気持ちを説明する問題が苦手です。

 

 

相手の気持ちを考える。大人でも難しいことだけど、大事なことですよね。

 

 

どうすればいいやら・・・と思っていたのですが、ちょうど図書館から借りていたこの本にヒントがありました。

 

 

この本によると、色んな体験をさせること、お手伝いをさせること、異年齢とのふれあいを増やすことなどが「思い浮かべる力」を育むそうです。

 

その他にも夜空いっぱいに輝く星をゆっくり見る経験が、なんでも最後までやり遂げたいという気持ちにつながることを示した調査データが参考になりました。

 

 

できるだけほめて育てたいと思っているけれど、社会人になったときにちょっとしたこんなんでくじける子にならないように、ダメなときはダメとピシャリと言うことの重要性もこれから実践していきたいと思いました。

 

 

子育て下手だな~と思う毎日。でもやれることを精一杯やるしかありません!

 

 

裏表紙より。

 

 

 

 

 

関係ないけど今日の収穫。お気に入りのシャンプーなどをまとめ買い(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

定例トライアル提出

テーマ:

アメリアの定例トライアルを提出しました。

 

 

 

 

最近、メディカルの月は毎回出しています。

採点者が変わっていくとはいえ、同じ団体が出している課題なので、実力の定点観測だと思って受けています。

 

 

今回は和訳。

昨日、仕事を1件納品し、それから今日までの2日間で仕上げました。

 

時間をかけられなくても、とにかく出すこと。

そうすると評価はともかく結果発表を読む視点も変わってきます。

何回か出せないときがあったので、余計にそう思うようになりました。

 

 

 

今日は娘の終業式。

明日から長い夏休みの始まりです(^^)

AD