本を読む時間なんていくらでもあるもんだ

テーマ:

前回のブログで購入したことを書きましたが、予想通りというか、もうそれ以上に夢中です。

 

 

 

 

これからお読みになる方もいると思うので内容は書きませんが、ハマっています。今で45%くらい読みました。

 

 

これだけ夢中になれるフィクションに出会えたこと自体がうれしいです。ここ数年、フィクションを読みたくても最後まで読めなかったり、会話部分しか読めなかったりすることが多かったのです。なぜかのめり込めなくて。。。

 

 

でも、子どもの頃はよく読んでいたし、例えばオバマ前大統領の読書リストが話題になったりもしましたが、仕事をバリバリがんばっている方でもフィクションを読む時間があるんだと知ると、私もまた読みたくなったのです。フィクションを仕事に向かう糧にしていらっしゃる方も大勢いますよね。

 

 

 

こうやってのめり込んでみると、改めて時間は作るものだと実感しますね。「忙しくて本を読む時間がない」とか、「仕事があって勉強する時間がない」とか、よく言われますが(私もよく思いますが)、全部言い訳!読みたい気持ちがあれば、隙間時間に少しでも読み進められるのです。勉強したい時間があれば、細切れ時間を活用して勉強できるのです!

 

 

いかに普段、時間を無駄に使っているかも実感させられつつ、読み進めています。もちろん仕事もしてますよー。最近は和訳がとてもおもしろいです♪

 

 

 

 

AD

今月のお習字と「蜜蜂と遠雷」

テーマ:

趣味のお習字。今月の草書課題は「筆硯錬磨の心」。

筆硯(ひっけん)はふでと、すずり。文字や文章を書くこと。

錬磨(れんま)は肉体・精神・技芸などを鍛えみがくこと。

(明鏡国語辞典より)

 

 

 

教室に通っていたころは、最低でも月2回、合計3時間は最低でも筆を持っていたのですが、自宅学習に切り替えたところ、課題提出締め切り前に月1回、1~2時間の練習に減ってしまいました。これでは上達しないだろうなと思うのですが、これ以上時間を作るのは難しい。でもやめるのはもったいないな。。。

 

 

直木賞に恩田陸さんが決定しましたね。最近、何かフィクションを読みたいなと思っていたところだったので、Kindleで早速購入して読み始めています!恩田陸さんは以前に「夜のピクニック」などを読んだことがあって好きだったのです。まだ全体の7%しか読めていませんが、すでに引き込まれています!子どもの頃に習っていたピアノがテーマなこともあって、とてもわくわくします。

 

 

紙の本

 

 

Kindle

 

 

「筆硯錬磨の心」を持ち続けていたいけど、仕事もあるし、読みたい本もいっぱい。今週末は「蜜蜂と遠雷」の魅力に負けないよう仕事を進めつつ、でもやっぱり読み進めてしまうでしょう(*^-^)

 

 

 

こちらは朝から雪が降りました。

 

 

昨日の様子。まだかなり雪が残っています。

 

 

もっと降るのかな。。。皆さま怪我&インフルエンザなくよい週末を!

AD

スマホと上手につきあう方法

テーマ:

帯には

>時間とお金を節約できる「スマホ活用術」

>あらゆるムダがなくなる「超スマホ整理術」を初公開

と書かれています。気になりません?

 

 

 

 

「歩きスマホは脳がバカになる!?」という挑発的な言葉も帯に書かれています。

 

 

スマホに使われるのは嫌。スマホのせいで時間などを無駄にしたくない。でも使っちゃう。そんなときはありませんか?

 

 

この本では、まず、どうしてスマホから離れられないのか、その仕組みが脳科学を元に解説されています。

 

 

そして、その脳科学から得られた知見を元に、どのようにしたらスマホを使いこなせるようになるのかが書かれています。

 

 

スマホの力を借りれば、人生の目的を達成したり、健康を維持したり、時間管理がうまくなったりするかもしれません。単なる時間つぶしに使うのはもったいない。

 

 

厳選されたおすすめアプリのリストも載っていて、いくつか入れてみました。気になるものは取りあえず入れてみること。そして合わなければすぐに削除するのが基本だそうです。

 

 

私のスマホのページは2ページ。あまり使わないけど、残したいものはフォルダにまとめています。

 

 

昨日、紹介したNHKラジオNEJMのアプリはずっと愛用しています。一番愛用しているのはPodcast、次はSafari(PCにくるメールをWebメールでチェックしています)、仕事に関係ないけどtenki.jpNHKニュース・防災も毎日チェックしています。

 

 

この本で紹介されていて、すでに入れていたものはKindleToggl Timerでした。

 

 

スマホのアプリのことだけではなく、旅行のススメや外食のススメなど直接、人と会って体験することの重要性も語られていて、その点もよかったです。

 

 

スマホの依存性を理解したい人、スマホを上手に使いこなしたい人にお勧めです。

 

 

 

 

 

AD