梅しごとと6月の終わり。

テーマ:

せっせと梅しごとに明け暮れて、
ほーっとひと息つくと6月が終わります。


{C2AFF873-3DB7-423D-A2C1-E7A5029527EF}



毎年毎年、自然もわたしも、
おなじことをくるくる繰り返す。



来年も再来年も、きっとずっと(笑)



伸び盛りの若い頃には、
いつも違う景色を見たいと願い
季節の行事に退屈さを感じたものですが、



いろいろなことを一巡経験して
ようやくようやく、



自然の循環の中にいることの安らぎや
繰り返し与えられるものの奇跡が
たまらなく愛しく思えるようになりました。



世界遺産も夜の街もexcitingだったけれど
甕の中の梅にも同じくらいワクワクするこの頃。



人生がほんの少し熟し始めてきたのかな、
なんて思ってみたり(笑)

{9E327863-BE3D-4FA4-831E-5F018D4B3D80}



そうそう。



6月上旬には、らっきょうも漬けました。
泥んこで元気いっぱいでした。

{A3CB10DF-D682-463E-9D7F-17AC555AEFAB}



下旬には、山椒も漬けました。
触れているだけで、
お口の中が山椒風味になるくらいの芳香でした。

{3F53D62D-A847-4184-B816-13A2C6A51279}



さぁ7月も、自然の恵みたちと一緒に
季節を巡って生きましょう。



今日は飛行機に乗って宮崎へ。



機内のおともは、辻信一先生のご著書
『しないことリストのすすめ』と
マイ水筒に淹れた穀物コーヒー。



{9FB63ACA-8FBB-4CFF-89D7-F2B90123FF44}



環境活動家の辻先生は、
私が通っていた『slow small school(ゆっくり小学校)』の校長せんせい。



だいすきな辻先生のお話は、
いつも柔らかで穏やかで優しくて。
嬉しくて懐かしくて泣きたくなるようで。



ご著書の帯にあるように
「効率と競争に振り回されてきた」心には



ひと雫ひと雫、ゆっくりと染み渡る
癒しの水のようにも思えるのです。



辻先生の影響で、
私のしないことリスト入りしたひとつは、
『ペットボトル飲料を買わない』こと。



マイ水筒で持ち歩く
お気に入りの飲み物があれば、


いつでもどとこでもリラックスできるし、


『コーヒーショップに入らない』
『地球をなるべく汚さない』


こともできて一石二鳥なのです。



私ひとり、1日1本として、年間365本。


行き場のないペットボトルゴミを
減らせていることにも、
ささやかな喜びを感じながら。

ひよこ豆のお味噌を仕込みました♪
 


お豆の写真を撮り忘れましたが、
ひよこのお顔に似ているから「ひよこ豆」というのですョ✨


なまえも見ためも可愛らしいうえ、
お味噌にすると、大豆よりも甘くて優しくて
スイーツのようなお味になるのです(*^^*)


{591EB1FB-C303-4639-A0FD-174AB4B72556}


有名な「ALISAN」ブランドのお豆に
コンチェントラートデルマーレの天日塩。


{D03ACEF8-BCAC-4957-B046-A337971A06B2}



米麹をほぐしつつ、
麹菌と自分の常在菌を混ぜ合わせていきます^ ^



{8BEA2047-77BD-4B00-B507-1065BBB1A6D3}


茹で上がったひよこ豆。
大豆よりかなり固いので、
がんばってがんばって潰しました(笑)


{967AF94F-E021-4918-8A10-2470AB7064E5}


味噌団子ごろごろ。

{C4BCCE5F-39EC-4FCC-9582-36984E23AD6D}


熟成が楽しみです♪