昨日、ふと、クローゼットを見て、

「シルクウール(シルクとウールの混紡)の服が増えたなぁ」

と思いました。


最初にシルクウールの服を買ったのは、10年近く前。何気なく「ヴェルサーチ」のお店の前を通りかかり、目についたニットに一目惚れしたのでした。
シルクのなめらかさと、ウールの優しさが、袖を通すたびに嬉しくて……。


その後数年、仕事が忙しくなり、シャキシャキと動きたいのでストレッチコットンなどの素材の服を選んでいました。

そして、仕事で若い人たちを優しく見守る場面が徐々に増えてきて、改めてシルクウールを着たくなりました。

今や、合い物(春と秋用)のスーツはいずれも、シルクウール素材のもの。


宝石赤ストレッチコットンはシャキシャキ働くイメージ

宝石赤レザーはクールなイメージ

宝石赤シルクウールはしなやかで優しいイメージ

――というような感じで、自分の好きな服の生地の質感には、「なりたい自分」が投影されているように思います。

 

 
写真は「wb」のニットと、「MATERIA」のスーツ。どちらもシルクウールの質感が気に入っています。

バラ人気ブログランキングへバラ

↓クリックしていただけるとウレシイです↓

よろしければクリックお願いいたします

AD

コメント(2)