「とげまるな日々」

とあるスピッツファンの独り言☆


テーマ:
先月のブログにも書かせてもらってますが、
滋賀県の多賀大社参拝に行ったとき購入した
多賀名物の『糸切餅』
この『糸切餅』はですね3店舗で販売されているのですが
その時は1店舗のみで購入したんですね、
ウチは家族揃って甘い物好きなのもあって、
家に帰ってから買わなかった2つのお店が
ず~~~~っと気になってたんですよね。


そんなこんなで一度でイイから
「糸切餅の食べ比べをしてみたい」と思い立ちまして
先日、またまた多賀まで行って、しっかり3店舗で購入して来ました音譜
好きな事には相変わらず行動力があるのだw


今回はお店の外観、包装紙など省略させていただきます。

パッと見ると三軒とも似ているように思いますが、
一軒ずつ、よ~く見比べていただけるとわかるかなはてなマークはてなマーク
ちなみにそれぞれ、総本家、元祖、本家とありますが
『糸切餅』と言う名称は同じであります。

一軒目は前回と同じお店、多賀大社近くにある
「糸切餅総本家 多賀や」さん
3店の中で色合いが一番薄めですなぁ。
お味の方もあっさり甘めでした。
10個入り@550円

$「とげまるな日々」-多賀や②


二軒目は「多賀や」さんとほぼ同じ並びにある
「糸切餅元祖 莚寿堂(えんじゅどう)本舗」さん
3店のなかで一番丸みがありますなぁ。
ただ、こちらはやや塩味が効いてる感じ。
10個入り@550円

$「とげまるな日々」-元祖②



三軒目は多賀大社、二軒のお店からもちょっと離れた所にある
「糸切餅本家 菱屋(ひしや)」さん
15個入り@945円

こちらは、なんと唯一"手作りの糸切餅屋さん"でした。
なので色合いも一番濃く、形も並びもビミョーにまばらです。
お店を訪れた時、空箱しかなかったので時間的に売り切れたのかな?
と思っていると、奥からおじさんが出て来られて
「2~3分お待ちください、すぐできますので。」と言って下さったので待つことに。
するとそのおじさんではなく、女性の方が奥でお餅をこね始めまして、
ある程度こねた所で、そのお餅をかたまりのままお店の方まで持ってこられて、
何をされるのかな?と思っていると、私が見ている目の前で、
お餅を伸ばしながらで切り始められたんですよ~。
素早く的確な手(糸)さばきに、
思わずおおおおおーーー目アップアップアップ
正真正銘の『糸切餅』に感動しまくり音譜

$「とげまるな日々」-菱屋①


3軒の『糸切餅』をいただきまして、
各店それぞれ美味しかったのですが、
餡は3軒ともこしあんで同じような感じかな?

と言うことで、
ポイントはやっぱりお餅になりまして~
モチモチした食感で私が一番美味しいと思ったのが
やっぱり手作り販売されている 「菱屋(ひしや)」 さん
http://shomon.jp/members/hishiya/
お餅独自の粘りがあって、箱からうまく取れなかったり(笑)
あ!だから「ヘラ」が入ってたんや~と今頃気付いたりして。
箱詰めも手作業でされているので素朴な味わいもあります。
一番遠かったけど、足を延ばして大正解っ星
めっちゃ美味しかったのだドキドキドキドキドキドキ
(※あくまで私個人の好みでつ)

ごちそうさまでした!



追記:
翌年、「菱屋(ひしや)」さんを再訪問させてもらった時
『糸切り』の様子を撮らせて頂いたので合わせてUPさせていただきます。
    ↓
http://ameblo.jp/honoho-1221/entry-11847585793.html

AD

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。